「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)

April 12 [Mon], 2010, 20:55
 名古屋市の夫婦が次女に「玻南(はな)」と名付けたが、「玻は人名用漢字ではない」と出生届を受理されなかったとして、この不受理処分に不服を申し立てた審判の特別抗告について、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「『玻』の文字は社会通念上、常用平易な文字とはいえないとした高裁の判断は正当」と指摘し、抗告を棄却する決定をした。不受理処分が適法であることが確定した。決定は7日付。

 夫婦は名古屋市の矢藤仁さん(41)と、清恵さん(39)。決定を受けて、清恵さんは「同じようなケースで、裁判所によって対応が分かれている。認められている漢字もあるので、がっかりしています」と話した。次女は無戸籍の状態が続いているというが、清恵さんは「近く、かなで出生届を出しに行き、通名で漢字を使う予定」と話している。

 命名の理由は、仏教の七宝に数えられる「玻璃(はり)」から家族の大切な宝という思いを込めるとともに、旧約聖書に登場する模範的女性「ハンナ」にちなんで決めたという。

 矢藤さん夫婦は平成20年12月、名古屋市東区長に、「玻南」として出生届を提出。しかし、受理されず、名古屋家裁に不服を申し立てたが、却下され、名古屋高裁に即時抗告した。同高裁も「戸籍法には常用平易な文字を用いるとされており、戸籍上使用が認められないことはやむを得ない」として、棄却していた。

【関連記事】
意見公募に272件 改訂常用漢字
人名「玻」認められず無戸籍 父母が最高裁に特別抗告へ
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル
真央が自転車パレード? エキシビション
「みかじめ110番」はヤクザムヨー(893640) 愛知県警
「中国内陸部の資源事情とは…?」

鳩山首相、連合会長に参院選協力を要請 連合とのトップ会談(産経新聞)
<理研>論文不正巡り元研究員と和解 発表をサイトから削除(毎日新聞)
<強制わいせつ>消防士を逮捕 バス車内で女性の足触り(毎日新聞)
自転車2台も?線路に投げ込んだ疑い(読売新聞)
両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/v61u2hvn/archive/44
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。