カードローンと総量規制のお話

June 10 [Mon], 2013, 16:50
期日に遅れることを恐れるばかりに、他のサラ金からまたお金を借りて返済する、というようなことをやっていると多重債務者の候補者になってしまいます。

滞りなく遅れることなく返済を実行していれば、借入先にもよりますがだいたい6ヶ月くらいで限度額アップに応じてくれるようなったりします。

もちろん年収の三分の一以下という総量規制内での話です。

例えば、年収240万円の人が80万円(三分の一)の融資を申し込み、審査の結果30万円の限度額が設定され限度額いっぱいの30万円を借りたとしましょう。

その過程で例えば返済日を勘違いしていて1日遅れてしまったとか、入金予定がずれて遅れそうだという場合は、すぐに借入先の金融機関に連絡をして事情を説明すれば、1日や2日の遅れですぐさま信用度が低下してしまうことにはなりません。

遅れたとしても誠実な顧客であることをアピールしましょう。

なお、どうしても返済ができない場合は、やはり借入先の会社に相談してください。
支払い方法について相談にのってくれるでしょう。

金利分だけでも支払うことができれば延滞扱いにはなりません。
情報元:信用度をアップする方法
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uv49bei5
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uv49bei5/index1_0.rdf