「カニとおせち料理」という幻想について

December 30 [Fri], 2016, 9:28
看護士を募集している求人はいくらでも捜せますが、労働条件などが合う求人があるとは限りません。
看護師の資格を持っている方ならば就職すればそれで良いという人は少ないはずです。

給与条件や職場環境もメリットが高く、夜ではなく日中の勤務をしたいと考えている人の数は多いものです。
自分の望んだ転職に成功するには、多くの情報を入手しなければいけません。


日本全国の看護師の年収は平均437万円くらいです。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収は平均約593万円になります。
公務員看護師は給与がよくなる率も民間病院より上で、福利厚生も整っています。

準看護師だと、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。このまま高齢者の増加が進み、福祉施設における看護師の需要はおおくなってきているのです。
そしてしっかりとした会社になると医務室に看護師がいて、健康面やストレスチェックなどのケアをしています。こんなときには、その企業の一員になることもないとはいえないでしょう。看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。

国の指針では、月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増加しているんです。

勤め先の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になる人が多いのも、長続きしない看護師が多いわけの一部かもしれません。
看護師のはたらく場所といえば、まずは病院が頭に浮かぶのが大概でしょう。



しかし、看護師というおしごとを生かせる職場は、病院以外にも多彩なところにあるのです。


保健所で保健師という職業の方と連携し、地域に住む方々の健康におけるケアをするのも看護師の役目です。また福祉の施設では常に医師が駐在しているところは少なく、医療行為の多くは看護師が行っています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひなた
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる