November 06 [Sun], 2005, 23:26
僕の大好きな物は音楽デーッス
僕は結構冷めたガキなんですけども、音楽には熱いのです

で、
大好き、ィャ・・・愛しているのがピアノであります

でも、ピアニストにはなれないわよ・・・セミプロ(??)ってのもぁるヶど・・・

もっともっと幼い僕は、ピアニストになれるって信じてた。
努力に勝るものは無いって。

でもネ、お金、無いの。僕ね、電子ピアノなの。((●´∀`))ケラケラ

だからね、夢が叶わないって知ったとき、落ち込んだんだァ・・・

だから、もう夢が無いよ。
夢はいくらでも見ていいのに。
もう見ちゃダメって現実が阻止するんだ

僕の前に手を広げてはだかって。

美しく散りたい 

October 31 [Mon], 2005, 17:50
花は美しく咲く。

私はこの世の主役である

と言うように

自信に満ちた姿で

でも

・・・

秋が来て
枯れる運命だと悟った花は

涙も流さず

自分が
主役ではないことを悟った花は

美しく散ってゆくんだ。

僕は美しくも華麗にも散れず

ただ潰れた実の様に

この世を去る。

 

October 07 [Fri], 2005, 15:54
人の輝く力を信じ、
自分にも輝く力が有ることを信じる

努力は才能に勝ると信じ、
ただひたすら必死だった

しかし
非力な自分を悟り
打ちのめされた私は

傷だらけで雨に打たれる

音楽は私の一部だった
今もなお私の中に留まり

悲しげなメロディーを全身に満たし
私を慰めようとする

でも
私がこうなった理由は音楽。

私には音楽を奏でる力は無く、
その現実に絶望を覚えたんだ。

それでも私は音楽を止めない。

私にも音楽を聞く耳はあるから
私にも音楽を聞く心はあるから

なんて素晴らしいものだろうと思った。

見えないもので
形無い物で

こんなにも感動を覚えるなんて

だから
私は音楽のとりこになり

気づいたんだ

音楽は心があれば奏でられると

才能の問題じゃない

誰もが音楽を感じる権利がある


世界の人々が
心で音楽を奏でるなら

そのメロディーは
永遠に世界中にこだまする

海の歌 

September 18 [Sun], 2005, 0:17
私は夢に歌う
あの人に逢いたい

ただひたすら歌う
禁じられた思いへ

それでもかもめは海を渡り
地球を見て行く

私が一目みたいあの人も
何も思わず通り過ぎる

数えては揺れて消える
貴方へ近づける日、への数

誰も助けてはくれない
誰も彼を連れてきてくれたりはしない

もどってこないもの

戻って来てはならないの

それが定めになってしまったのだから。

それでも私は願う
あの人に逢いたい

その思いが
重なる波にのまれても

その思いが
暗い海底に沈んでも

地平線にこだまする



たった一つの海の歌

今日は 

September 15 [Thu], 2005, 23:46
ああ・・・眠い!!!!
けどPCやっちゃうなァ・・・

ダメだ。

ってことでこれからの意気込みを。

11時に寝てみよう。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sahanzi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる