グルコサミン(ブドウ糖とアミノ酸

May 04 [Sun], 2014, 6:29
グルコサミンという成分を含んだサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)などがTVや雑誌というメディアで大きく取り上げられていますよね。

では、グルコサミン(軟骨のプロテオグルカンを構成する成分の一つです)にはどういった効果があるのでしょうか?

グルコサミン(たくさんのサプリメントが売られていますが、経口摂取による医学的な効果は証明されていないのだとか)の効果は、大きく分けるとふたつよくあるのです。

・美容効果
・健康効果

グルコサミン(カニやエビなどのキチン質の主要成分でもあります)を摂取することによって、美容(見られることが一番の秘訣という説も。引きこもりがちになって、他人の目を意識しなくなると、努力することが難しくなるかもしれません)成分のヒアルロン酸(直接注射したり、ヒアルロン酸が配合された化粧品を使う他に、サプリメントで摂取する方法もあります)が生成されるため、しみやたるみなどと言った改善・予防に有効だと言われています。

グルコサミン(カニやエビなどのキチン質の主要成分でもあります)配合のサプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)などを飲んだからといって、すぐに効果が出る訳ではありませんが、続けることによっているうちに段々に肌に変化が現われるわけです。

それに、グルコサミン(ブドウ糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖の一種です)を摂取したら、プロテオグリカンの生成を促進することができ、関節痛(痛みが軽いうちに、その痛みの原因を検査し、適切な治療を始めることで、痛みを軽減できたり、完治できる可能性があります)やリウマチ(自覚しているよりも症状の悪化が早く起こるため、速やかに病院にいく必要があります)などといった改善・予防に有効です。

プロテオグリカンと言うのは、関節を滞りなくうごかすための潤滑油の役割を持っており、プロテオグリカンが少ないと関節を動かしにくくなるようです。

その結果、痛みを感じてしまうから、それを改善・予防するために、グルコサミン(たくさんのサプリメントが売られていますが、経口摂取による医学的な効果は証明されていないのだとか)を摂取することによって、プロテオグリカンを増やすというのが理想(他人に要求してねかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)と言われているようです。

インエフ

自分で自分がコントロール(技術面だけでなく

April 24 [Thu], 2014, 6:30
パニック障害の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)として最も代表的なのが、パニック発作です。

パニック発作とは、ある日不意に、冷や汗、めまい、吐き気、呼吸困難等の症状が起こることをいいます。

体が震えたり、手足がしびれたり、動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)が早くなったりする事もあり、このまま死ぬんじゃないかという不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)や恐怖を感じる状態が10分から30分、人によって数時間続くこともあるかもしれません。

パニック発作により、自分で自分がコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)できず、発狂するかもしれないと思うほどの恐怖を一度感じると、いつまたそれが起きるかわからないため、予期不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)と言う名前の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)に陥ってしまう人も多いんです。

あの発作がまた起きたらどうしよう、発作の時に他の人に迷惑をかけたり、耐得られないくらい恥ずかしいことをしてしまったらと不安な事が、かえってパニック発作を起こしやすくするだと言えるのではないでしょうか。

それに、過去にパニック発作を起こした場所を避けたくなってしまうので、行動出来る範囲がどんどん狭くなっていくはずです。

人ごみやエレベーター(人や荷物を移動させる箱型の昇降機のことです)、電車、バス、映画(フィクションとノンフィクション、洋画と邦画に分けることができます)館、レストランなどが苦手になってしまい、まともに普通の暮らしを送ることもままならなくなってしまったケースも多いかもしれません。

こういう症状を広場恐怖症と呼んでいるみたいです。

「足の皮ががめくれる」だからと言って

March 28 [Fri], 2014, 6:01
水虫(木酢液での治療が民間療法の中でも特に有名でしょう)の症状に関して、紹介します。

・足の皮がめくれる
・プツプツ水泡が出来る
・かかとの角質(真皮を外部の刺激から守る、水分を逃がさないようにするといった働きがあります)が分厚くなる

水虫(ダマリンやブテナロック、ラミシールなどが市販の治療薬としては有名ですね)になってしまったら、こういった症状が現れるようですよ。

まず、「足の皮ががめくれる」だからと言って、足の裏の皮がふやけて、めくれてきます。

また、足の指の間にも水虫(様々な民間療法があり、人によっては効果を実感することもあるようです)菌は住みつきやすいので、足の指の間がかゆくなることも多いです。

次に、「ブツブツ水泡が出来る」ですが、足の裏にブツブツと水泡ができるようになるのです。

この水泡は小さい為すが、かゆみがあるそうです。

この水泡がつぶれると、かさぶたになり、やがて皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)が分厚くなっていくはずです。

さいごに、「かかとの角質(ヒトや動物などの表皮や毛、羽毛や蹄、爪を構成している角化組織です)が分厚くなる」とはいえ、かゆみなどは何もないのに、かかとの角質(ヒトや動物などの表皮や毛、羽毛や蹄、爪を構成している角化組織です)が分厚くなることもあります。

何もしないと、かかとの角質(ケラチンと呼ねれるタンパク質でできた古くて死んだ細胞のことです。表皮にあります)はどんどん分厚くなり、ひび割れしていって下さい。

こうなると、ぬりぐすりでは治らないものです。

飲み薬で治す必要があるはずです。

水虫(木酢液での治療が民間療法の中でも特に有名でしょう)になってしまったら、こういう症状が現れます。

もし、こういった症状がみられたら、すぐに皮膚科で診てもらうことがおすすめです。

水虫(様々な民間療法があり、人によっては効果を実感することもあるようです)は、家族にも感染する恐れがあるのでしょう。

水虫(足の角質を剥がすケア用品のベビーフットを治療に応用する人もいるそうですが、効果のほどは定かではありません)を完治させるには、少々時間はかかりますが、ちゃんと治すようにします。

自分の舌には、白い汚れ、舌苔(とりすぎてしまうの

March 26 [Wed], 2014, 22:12
舌苔(とりすぎてしまうのもよくないといわれています)って、何かご存じでしょうか?

舌苔(必要な量を残さないと、かえって口臭の原因になるでしょう)とは、舌の表面についている白い汚れの事で、糸状乳頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)と言う舌の表面の組織の事を言うんです。

鏡で舌を見てみてはいかがでしょうか。

自分の舌には、白い汚れ、舌苔(とりすぎてしまうのもよくないといわれています)が付いていないですか?

舌苔(最近では、物理的に取り除かない治療方針の歯科医院が多いようです)がほとんどない舌は、正常な舌であり、健康な舌となります。

この舌苔は、食べカスや細菌、粘膜のカスで、口臭の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)になったりもします。

それ以外にも、ストレス等で免疫力が落ちる為ている時にも、舌苔(過度にとると、味覚障害を引き起こす恐れもあります)がみられることがあるのです。

また、なんらかの病気を患っている時にも、舌苔(最近では、物理的に取り除かない治療方針の歯科医院が多いようです)がみられる場合もあるようです。

もし、舌苔(とりすぎてしまうのもよくないといわれています)の色が黄色や黒だったり、舌苔が分厚かったりすると、何かの病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の疑いが強いです。

むしろ舌苔が全くなく、舌がピンク色でも、病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の場合もあるでしょう。

舌苔がある場合は、一度歯科医師に診て貰って舌苔(最近では、物理的に取り除かない治療方針の歯科医院が多いようです)を除外してもらい、その原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)を聞きてください。

それから、舌専用のブラシも販売されています。

単に汚れが溜まっているだけならば、歯磨き(歯磨き粉を使う人も多いですね)後に舌専用ブラシでやさしく舌を磨いてあげると、口腔内を清潔に保ち、口の臭いを予防する事ができます。

炎症や痛みなどを軽くさせるリドカインが配合

March 25 [Tue], 2014, 18:56
痔ろうに効果がある薬かと言って、まず、痔にも痔ろうにも効果があるとされているのが、ドラッグストア等で販売されている「ボラギノール」です。

炎症や痛みなどを軽くさせるリドカインが配合されているので、それらの症状を抑制することができる他、抗炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)成分も配合されています。

また、痔ろうの治りを促進させる効果ありアラントインという成分も配合されており、痔ろうの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を色んな角度から和らげてくれる薬です。

坐剤と軟膏の二種類が販売されていますので、どちらを利用するかは薬局などといった薬剤師に尋ねるといいかもしれませんよ。

それから、痔ろうには漢方も効果があるとされており、その中でも、「レンシン」や「もへじ」という漢方薬が痔ろうの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)に効果があるになります。

漢方薬はクリニックで処方してくれる医療機関(公的医療機関と私的医療機関があります)もある他、ドラッグストア等でも購入することが可能で、それ程高価ではないためコストパフォーマンス(「費用対効果」や「対費用効果」、「価格性能比」などと訳されるようです)も申し分ないかも知れませんね。

これら以外にも、痛みが治まらない場合には、鎮痛作用のある薬が処方される事もあって、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)や痛みに合わせていろいろな種類の薬があるんでしょう。