水の生い立ちを考察する 

August 21 [Thu], 2008, 16:01
地球の誕生は歴史を遡ること46億年前と言われています。
この地球が水の惑星と言われるゆえんは、表面積の三分の二を広大な海がおおっていると言うことは子供でも知っていることです。では何故地球にこんなにも水があるのでしょう?太陽系の惑星の中で唯一水を湛えている地球には、いつ水が生まれたのでしょう?水の誕生は、火の玉のような地球が誕生してから、その後地表温度が徐々に下がり始めたある時点で、その地表を一瞬のうちに覆い尽くしたというのが考古学者、科学者の意見のようです。



地球を構成する物質は、そのほとんどが宇宙を漂っていたちり、ガス、隕石(星の残骸)です。
その中には彗星のように、沢山の水を含んでいるものがありました。火の玉地球では熱く熱せられた水が水蒸気となって周りに雲となって覆い尽くしていたでしょう。この水蒸気が雲が宇宙に逃げてゆくことなく、地表に大量の雨を降らせたと言われています。その訳は絶妙な地球から太陽までの距離のおかげであると言われています。この太陽系で地表にこんなにも水をたたえている惑星は唯一地球以外にはありません。この奇跡とも言える大量の雨で出現した海、これが我々生物を生み出す元となったのです。
パイウォーター(ACMパイウォーター)のお話:水のお話より】
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:paiwater
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1951年12月9日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・ダイエット
    ・ダイエット
読者になる
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる