犯人の生い立ち 

2004年12月15日(水) 21時09分
 大正12年、この年の春から都井睦雄は小学校に上がることになる。
しかしこの際、病弱を理由に小学校の入学編成を1年延期しているのである。
これは都井睦雄本人が学校へ行きたがらないのに加えて、祖母が睦雄可愛さから手元に置いておきたかったからで、役場の学事係が何度か説得に足を運んだが、
その都度祖母いねの『あと一年待ってつかあさい』にあい、根負けして特別に就学延期を認めたという。
 またこの年の9月1日には関東大震災が発生した。
死者9万5千人、行方不明者4万2千人という甚大な被害を受け、当時朝鮮人の暴動に関する流言が広まり、各地で騒動が起こった。

大正13年4月、この年都井は西加茂尋常高等小学校へ入学。
就学前は学校に行きたくないと駄々をこねてはいたが、いざ通い始めると他の児童となんら変わるところなく、通学していた。
役場の学事係も、担任教師もこれを見て胸をなでおろした。
そればかりではなく、都井は極めて優秀な成績を示してクラスではトップクラスの成績だったとある。
10点満点で修身9、国語9、算術10、図画8、唱歌8、操行中というもので、
担任教師によると『従順にして教師の命を良く守り、級中の模範児童たり。故に学業も上位にして申し分なき』と称えている。
ただ、『健康やや悪く、風邪をひき欠席すること多し。努めて出席するよう訓戒す』と
している。

奈良小1女児殺害事件 

2004年12月15日(水) 20時33分
様々な目撃情報

◆楓ちゃんが連れ去られた現場近くで、不審な白い車が事件発生の前週の未明に3回、目撃されていることが20日、毎日車で通っている男性住民の話で分かった。運転席には毛糸の帽子をかぶった25−30歳ぐらいの男が座っていたという
男性の証言によると、白い不審車が目撃されたのは今月9、11、13日の午前1時−1時半ごろ。楓ちゃんが連れ去られた道路の反対車線に止まっていた。男は誰かを待つような様子ではなく、じっとたばこを吸っていた。

◆連れ去り現場を目撃した小学生の1人が楓ちゃんについて、声を掛けられ時間を置かず男の車に乗ったように見えたと話していたことが24日、分かった。男が何らかの甘言でだまし、車内に連れ込んだとみられ、奈良西署捜査本部は計画的な犯行の可能性も高いとみている。  

◆遺体発見の約1時間前、遺棄現場近くで不審な白い車が目撃されていたことが23日、奈良西署捜査本部の調べで分かった。児童による楓ちゃん連れ去りの目撃情報と同様、車は若い男が運転しており、捜査本部は関連を調べている。
 調べなどによると、白い車は17日午後11時すぎ、奈良県平群町菊美台の遺体発見現場近くから数百メートル離れた片側一車線のカーブ付近に止まっていた。タクシーの運転手が目撃した。
 ハザードを付けた状態で、運転席に細身の若い男が1人で乗っていたが、特に何かをしている様子はなかった。
 車は角張ったセダンか軽乗用車とみられ、型式は古かったという。運転手が乗客を降ろし、同じ道を戻ったときも止まっていた。

◆富雄北小に通う二年女児が、犯行当日の十七日午後二時前に、紺色の車に楓ちゃんが乗り込むのを目撃していたことが分かった。自宅から約二百メートルしか離れていない通学路で、連れ去った車はセダンではなく後ろが丸くなったハッチバックだったという
白色セダンの情報も完全には捨てていないが、「日産マーチ」など紺色ハッチバック車に絞り込んで、聞き込みや幹線道路での検問を進めている

奈良小1女児殺害事件 

2004年11月24日(水) 13時04分
手がかりと警察の地道な捜査

◆楓ちゃんが持っていた衛星利用測位システム(GPS)付き携帯電話の通信記録から、誘拐現場の南方で携帯の発信地域を特定。

◆遺体や遺留品から犯人の指紋や掌紋が検出されたという報告は入っていない。また遺棄現場周辺などで、なくなったランドセルや携帯電話を探しているが発見されていない。

◆遺体や衣服に付着していた頭髪や体毛などは成人男性のものと判明。捜査本部は年齢を絞り込むため、電子顕微鏡で調べたうえ、皮膚の表面上に出ている「毛幹」部分で、年齢によって差の出やすい太さや硬さなどを詳細に鑑定した結果、上下10歳程度の誤差の可能性はあるものの、30歳代前後とわかった。

◆解剖の結果、肺から水道水が検出され、死因は水死と判明。さらに、首の骨に確認された損傷は、外部から力が加わったためにできたとみられることも新たに判明した。

◆携帯電話にメールで送り付けられた楓ちゃんの写真の背景には、クッションやマルチカバーが写っていたことが24日、奈良西署捜査本部の調べで分かった。
薄い水色の毛布とともに写っていたクッションは、緑色と象牙(ぞうげ)色のストライプ模様
住宅の一室の可能性が高いと判断

奈良小1女児殺害事件 

2004年11月24日(水) 9時28分
事件発生
平成16年11月17日(水)午後1時〜3時ころ、奈良市学園大和町付近で小学校1年生の有山 楓ちゃん(7歳)が連れ去られ、平群町菊美台地内の側溝内で発見された。
行方不明から約6時間後、母親の携帯電話に一通のメールが届く。
『娘はもらった』
さらにこのメールには、楓ちゃんのものと思われる写真が添付されていた。
それからさらに数時間後、楓ちゃんは自宅から約六キロ離れた新興住宅地の側溝で、遺体となって発見された。
様々な憶測や、目撃情報が飛び交う中、錯綜する情報ではあるが
今まで明らかになったものをまとめておきたいと思う。

塩田検事の報告書 

2004年11月20日(土) 22時08分
 
 事件が起こったあたりは、現在は開発がすすみ道路も舗装され、当時の面影をほとんど失ってしまっている。
昭和13年の事件当時の環境風土を、事件担当であった塩田検事は次のように報告書にまとめている。
                            ・
                            ・
                            ・
                            ・

 この戦慄すべき事件が発生した岡山県西加茂村大字行重字貝尾と、
字坂本の部落は、津山市より北へ約六里、因美国境にほど近く、因美加茂駅より南西へ約一里三十丁余距たった、中国山脈の懐に抱かれたような山峡の小農村部落である。
村の役場から相当急な坂道を一里十丁近く登りつめた所、青葉に埋もれた湿っぽい峡谷の中に眠ったように静かな山村である。
 同村の全戸数は約三百八十戸全人口約二千人であって、貝尾部落は全戸数二十二戸全人口百十一人、坂本部落は全戸数二十戸、人口九十四人であって、そのうち犯人都井睦雄が住んでいたのは貝尾部落で、被害者の大半は同部落におけるものである。
この両部落の住民はその大部分が零細農家であって、山田の耕作と養蚕を主たる産業とし、
雪に閉ざされる冬間は主として炭焼、樵人(そまびと)、藁仕事に従事している。
畜産としては格別のものはない。
貝尾部落には、狩猟に従事するものは皆無だが、坂本部落と同村大字樽井には若干の猟人がいる。
しかしなにぶん山の浅い中国山脈のこととて獲物は鳥と兎の類を出でず、猪その他の猛獣は全く住んでいない。
祖父伝来の限りある土地、それも地味の肥えていない山間の痩地を守って生きていく部落民の生活は、食っていくには困らないまでにも決して豊かなものではない。

犯人の生い立ち4歳〜6歳 

2004年11月16日(火) 19時02分
 大正9年、祖母いねは幼い二人の孫を連れて、加茂町大字小中原塔中に移転する。
おそらく、相次いで息子を夫婦結核で亡くし周囲から『あの家は肺病じゃから』と陰口を叩く者がいたのではないかと思われる。
落ち着き先は一年契約の借家であった。
 一家はここで約三年を過ごす事になる。

 大正11年夏、一家は再び移転する。
祖母の里である同郡西加茂町大字行重貝尾に引っ越したのである。
祖母はこの地に永住するつもりで家を買った。
屋敷、田畑合わせて500円は、倉見の土地山林を処分して作った。
大きくて古い農家である。この家について岡山地方裁判所検事、塩田末平は研究報告書『津山事件の展望』の中に次のように書いている
『その家は構えだけは一段と大きく立派であるが、古色蒼然かつ相当荒廃しているばかりでなく、屋内甚だ暗く文字通り鬼気迫る感ある家である』
しかしこれは事件後の印象であり、16年前に引っ越した当時は、これほどまでのことはなかっただろう。
だが、この家には忌まわしく因縁めいた過去があった

犯人の生い立ち2歳〜3歳 

2004年11月13日(土) 23時08分
 
 大正7年12月1日、父振一郎が肺結核で他界した。39歳の若さだった。
このため長男である睦雄が家督を相続し、母君代が後見人となる。
相続資産は田畑約一町三反と山林約三反だった。
 この年の7月、米価が急騰し全国各地で米騒動が起こり、岡山県にも波及してきた。
岡山県内で最初に起こったとされる騒動は、8月9日の岡山市と津山町(現津山市)であった。
これを皮切りに県内の他市町村に拡大して行ったが、なかでも岡山市で起こった同月13日の夜の騒動は軍隊が出動して鎮圧されるという事態にまで発展した。
 この岡山市で起こった騒動と同じ日の13日に加茂町でも米騒動が起こった。
400人から500人の人々が集まり、町内の米穀店数店へ押し寄せ、
他地域への米の出荷を辞める事と、米の廉売を迫ったという。
だが幸いにも先述した岡山市のような騒動には至らず罰せられた者はいなかった。
 祖母いねは『米が値上がりするんは、わしら百姓にとってはありがたいことじゃが、なんや物騒な世の中になったもんじゃけん。わしら百姓は殺されるんとちがうか。こわいのう』
と怯えた。
 こうした世相の中での一家の主の死は、残された家族達に深刻な不安をもたらしたに違いない。
 悪いことは続くようで父の死後、後を追うように母君代が病に倒れた。
一家は暗い年の瀬を迎えることとなる。

犯人の生い立ち 

2004年11月12日(金) 21時51分

 都井睦雄は大正6年3月5日、岡山県苫田郡加茂村大字倉見に生まれた。
 父振一郎(明治13年2月16日生まれ)は農業を営み、かたわら炭焼を生業としていた。
後備役の陸軍上等兵で、かなりの大酒家だったが、すこぶる柔和で円満な人物であり性格ならびに素行に全く問題はなかった。
 母君代(明治29年8月24日生まれ)は同郡阿波村大字於曾の農業小田宇作の娘で、17歳で都井家に嫁いだ。
短気で怒りっぽくきつい性格だが、まずは平均的な農家の主婦であった。
 都井家は中流の農家で父母の仲は良かった。父母の祖父はすでに62歳で亡くなっていたが、祖母いね(元治元年12月27日生まれ)と姉みな子(大正3年8月14日生まれ)がいた。
 父振一郎は日露戦争に従軍し、帰還後見合いで君代を妻に迎える。
この時代としては遅い結婚と言えるであろう。
みな子と睦雄の一男一女をもうけ、一町三反の田畑と三反の山林を所有し、農作業や炭焼に汗を流しながら当時のこの地方としては中程度の生活を営んでいた。
 中程度の生活、とは言え、当時の食生活の貧しさ・仕事のきつさなどが祟ったのか、
父振一郎は肺結核で寝込んでしまう。
病状は急速に悪化したが、入院もせず自宅療養を続けた。
それまでに自覚症状がありながら、無理を重ねた結果であった。
 

八甲田山雪の行軍 

2004年11月06日(土) 1時23分
 
 明治35年1月、来るべき日露戦争をに備えて、冬の八甲田山雪中行軍を敢行した第八師団の第五連隊と第三一連隊。
しかしその結末は明と暗であった。
第三一連隊は全員が無事生還したのに対し、第五連隊は199名の命を散らす事となってしまったのである。
 青森市の第五連隊と弘前市の第三一連隊が雪中行軍を計画したのは、ロシアとの戦争に備えての事であった。
ロシア艦隊による海上封鎖が予想され、八甲田山(1585m.)を越えて青森平野と、八戸地区を結ぶ連絡路を確保しておく必要があった。
また、主戦場となるであろう満州(中国北東部)やシベリアの冬に慣れておくねらいもあってのことだった。
 神成大尉指揮下の第五連隊は、青森市から田代平(現・青森市)までの約50キロを1泊2日で往復する計画をたてた。
総勢210人の大部隊のため装備は膨れあがり、14台のソリに分載させて1台を4人で引くことにした。
 対して福島泰蔵大尉率いる第三一連隊は、弘前市から十和田湖沿岸を進み、八甲田山を越えて青森市経由で弘前市に戻る全長234キロ。
これを12日間で踏破する長期行軍だが、37人の少数精鋭で、民家に泊まる事で装備を最小限に軽くした点が第五連隊とは対照的であった。
 

牛蒡種(ごんぼたね) 

2004年11月04日(木) 23時23分
 岐阜県の飛騨地方には、『牛蒡種』と呼ばれる家系がある。
普段は周りの村人と溶け込んで生活しており、表面的に何か変わった点がある訳でもない。
ただ、この家筋の人達には一種の超能力が備わっていると考えられている。
それは、他人に悪影響を及ぼす能力で、この家筋の者に恨まれると病気になったり、
精神に異常をきたしたりすると信じられた。
村人の中に重大な病気や、奇病が流行ると『あの牛蒡種の家の仕業であろう』と理解されてしまう。
当然、この家筋の者は村人から恐れられ、結婚や交際などの場から隔絶されてしまう。
『憑物筋』と呼ばれるこの俗信は、多分に新参者の排除というのが絡んでいるのではないかと思われる。
以前より村で秩序を守り暮らしてきた所へ、後から入り込んだ人が巧みに生活し、先住者を凌駕するようになった時、先住者の妬みや猜疑心がもたらした産物と言える。
また、『憑物筋』の家は経済的な成功者が多いという傍証例も多いとされており、
先に書いたものの裏づけの材料となると思う。
 憑物筋の俗信は、広く分布しており『犬神筋』『狐もち』などがある。
Myblog japan
■プロフィール■
名前・・nokoko
昼は保険のセールス・夜はクラブ勤めの本大好き女です
MyblogList
最新コメント
アイコン画像をとこ
» 犯人の生い立ち (2008年10月04日)
アイコン画像汁大臣
» 犯人の生い立ち (2008年09月30日)
アイコン画像kensuke
» 津山30人殺傷事件 (2008年09月27日)
アイコン画像ちちち
» 犯人の生い立ち (2008年09月24日)
アイコン画像隙間男
» 犯人の生い立ち (2008年09月23日)
アイコン画像enkyoです
» 犯人の生い立ち (2006年05月07日)
アイコン画像堀江です
» 犯人の生い立ち (2006年05月05日)
アイコン画像リンリン☆
» 犯人の生い立ち (2006年01月18日)
アイコン画像あみ
» 犯人の生い立ち (2005年11月10日)
アイコン画像hirobumi
» 犯人の生い立ち (2005年04月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nokoko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる