男が最終的に選ぶ女性のタイプ

April 21 [Tue], 2015, 10:18

精神的に自立している女性

GettyImages Photo by AID / amana images

彼氏以外に、自分の好きなことや趣味に時間を使える

自分と会っていなくても、彼女が自分の時間を有意義に使える趣味や友達を持っていると男性は精神的に楽です。仕事が忙しく会えないときも、たまに一人の時間を過ごしたいときも、相手の寂しがっている姿を想像せず安心して距離を置くことができるからです。

なんでも彼氏まかせにしない

デートでどこいくか、今後の将来はどうするか。ある程度は男性がイニシアティブ(主導権)をとっていかなければならないこともありますが、なんでも彼氏まかせにしてしまうことは、実は男性にかなり精神的負担をかけています。男性はどうすれば彼女が喜ぶかを考えて、その都度いつも決断を下しているわけで、彼女がただ従順にそれに従ってこられると、本当は相手がどう考えているかわからず、いつも相手の顔色をみながら判断しなければならなくなるからです。

自然体でいることができる女性

GettyImagesエルメス ベルト Photo by AID / amana images

相手の弱いところも受け入れる

自然体で居られるには、「自分の弱いところを見せても大丈夫なんだ」と男性に、思ってもらえるようにすることです。
男性は、彼女の前で自分をよく見せようと、日頃からいろんな無理をして自分をつくろっています。付き合いはじめならばそれもいいでしょうが、ずっとそんなことをしていれば当然、一緒にいるだけで疲れ果ててしまいます。
そうならないように、なにかの拍子で彼が、自分の弱さや弱点をのぞかせたとき、あえて笑ってそれを指摘したりしてあげて、コンプレックスを解消してあげていくことが、良好な関係を気づくために重要なことです。

相手のことを察することができる女性

GettyImages Photo by AID / amana images

相手が何を感じているか察することができる

もしかしたら、これが一番難しいかもしれません。なぜなら、相手の心を察することができる能力は、一番生まれつきの才能を求められるからです。(にぶい人は残念ながら本当に鈍いです)
ただ男性は女性よりも、なにか意味を含んだ会話をしようとするので、「なぜ相手がその発言をするのか」をいつも考えながら会話すると、相手のことにもっと気づいてあげられるようになるかもしれません。

相手の事情を理解できる

男性は、お金がないのに彼女を喜ばせようと、無理していろんなところへ連れて行ってあげているなんてこともしばしばです。
ですから、もしそういう様子に気づいたら、「家で遊びたいなあ」などと言って、なるべく相手の負担にならないような心遣いをみせると、男性としても気が楽に女性と一緒に時間を過ごすことができるようになるはずです。

ある程エルメス ガーデンパーティ度は経済観念がしっかりしている

GettyImages Photo by Digital Vision. / Digital Vision

いまの時代、女性も社会進出するようになったので、昔に比べて大幅に減ったと思いますが、それでも、ずっと実家暮らしをしている女性などには、経済観念が薄い人が多いです。
親元だと何不自由なく暮らしていけるのでわからずらいですが、一人暮らしや同棲をすると本当にいくらお金があってもたりません。
ましてや、いまの時代、親の世代と比べ、賃金も減少していますし、いつリストラにあってもおかしくありません。
そういうことを、相手の女性が多少なりとも意識してくれていると男性もきっと楽なはずです。

最低限の礼儀をわきまえている

GettyImages Photo by AID / amana images

デートでの礼儀

よく上げられる例が、相手にご飯をごちそうになったりする時ですね。
男性のほとんどは、女性にご飯をおごることは自体は嫌ではありませんし、むしろ当然だと思っています。ただ、さすがにそれも、毎回あたりまえのようにおごらされると、さすがにいい気持ちはしません。
というのも、おごらされることよりも「この子は相手の気持ちや礼儀がわからない常識のない子なんじゃないだろうか?そんな子と一生やっていけるだろうか」という考えがもたげてくるからです。
大事なのは、なにかしてもらったときに、感謝していることを直接言葉でなくとも相手に伝えることが大事です。

大人の女性としての礼儀

ある程度年齢がいくと、どうしてもその場その場で求められる礼儀というものがでてきます。
相手方の親に会いに行ったり、冠婚葬祭に出席したり、仕事の関係や知人に挨拶したり。
10代の時は感じないかもしれませんが、礼儀というのは社会における重要なコミュニケーションの一つで、それができないと、それだけであなたという人間が判断されてしまいます。
そして礼儀を知らないというレッテルを一度貼られると、それだけで相手との家族と不仲になってしまったりhermes ケリー、彼氏にも大きな恥をかかせてしまうことになります。
ですから、そうならないようにも、日頃から最低限の礼節は学べるようにしておきましょう。

1