自己分析で血を流す

December 24 [Thu], 2009, 22:32
『就活で自己分析と企業研究は避けて通れない。』

『そっか。じゃあするか。』

自己分析ツールを用いて過去を洗い出し、再現性のある経験を整理しました。
結構な時間もかけた結果まあそれなりに纏ったのですが(多分)、、、何か違う??

全然ピンときません。纏ったものを見て、『これが私か?』
なんか非常にがっくりきました。

何日もそのことばっかり考え、
ネットサーフィンしたり、就活本あさりまわったり、、、


私ってなんだろう
どこからどこまでがわたし??
強がってる私と甘ったれの私どっち??

本当の自己分析って正に流血ものですね

長年うずもれていたせいで皮膚にこびりついたもの(世間の常識とか他人の評価とか、、、)
を、ナイフで削ぎ落とす感覚に似てる。
裸の自分は直視できないほど醜くてちっぽけで。

就活本によっては、時間を掛けすぎる自己分析は危険
と警告をだしている位ですから、する必要もないのでしょう。

けど、私にとっては非常に意味ある作業だと思われるのです。


なぜなら私が思うに、自分が伝えるべきものは絶対的自分で、相対的自分ではないから。

相対的評価は人事の方に任すべきです。
何人もの学生と出会ってきた人事の方と、自分の住む世界では
比較すべきサンプル数が圧倒的に少ないし、土地柄や大学等で偏っている可能性大だから。


絶対的な自分なんてちょっとやそっとじゃ掴めません。武士の子は武士の時代じゃないんだから。
とゆうことで、やっぱり流血するしかないのです。

あんまり直視したくない醜い人間性なもので、ため息ものですw
(別に人事の人に醜さをさらけ出すつもりはないです。あくまで通過点として)

なんだか就活って不思議ですねww


P R
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maloko
読者になる
いらっしゃいませ。

悩める女、MALOKOのブログへようこそ。

よかったら覗いてみて。
ここには何かあるかな?
なにもないかな?



メールフォーム

TITLE


MESSAGE