『ハロウィンに愛を込めて』〓

December 05 [Wed], 2007, 6:16
ピシっ!!!







手にしていたカップが突然鋭い音を立て小さくヒビが走った。




手にした一枚の写真を凝視する。
その写真に映るのは・・・素晴らしく愛らしい笑みを浮かべた幼児。



「どうだ?義弟。愛らしかろ?」



その写真を見せた男は得意げにメガネのブリッジを指で押し上げる。
その得意げな顔が憎い・・・



できることなら速攻でこの世から抹殺したいほど。




この男は自分がどれほど求めても叶わないものをいとも容易く手に入れているのだ。
その関係性だけを武器にして・・・・。






自分から冷静さが既に蒸発していることすら気づかないほど激昂していた。
辛うじて、今その理性を留まらせているのは、目の前のこの男が自分の最愛のものにとって(一応)大掛け替えのない存在だということ。
ただその一点のみ。





でなければ即効で愛剣の錆にしてる!!
(・・・とはいっても今その愛剣は手元にはないが、代わりの刃物などどうにでも調達できる!!などと危険な思考まで迸ってる)






「いいだろう?このころのゆーちゃんは本当に愛らしくて可愛らしくて・・・・
いつも俺の上着の裾を握って『しょーちゃん♪』っていいながらくっついてきてなぁ・・・
そのかわいらしさと言ったらもぉ〜〜〜〜♪言葉で表せないほどでな?



そうそう・・・このハロウィンのときもなぁ・・・あんまり愛らしいものだから近所の連中がこぞってゆーちゃんにお菓子を持ってきてな?
そのたびに可愛らしく『さんきゅぅ〜』って舌足らずな口調でにっこり微笑むもんだから誰も彼もメロメロになっちまって・・・・
気づいたら家の中が菓子まみれになっていてなぁ」



お前はあの愛らしいゆーちゃんの艶姿を目にしたことないんだもんなぁ〜♪
この写真の数倍は愛らしくて可愛らしかったぞぉ〜
気の毒になぁ〜




ちょっと待て?
普通子供が『Trick or treat(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)』と各家を回るもんじゃないのか?
という突っ込みは無視で・・・・。








手元の写真を蕩けそうな笑みを浮かべながら眺める義兄を憎憎しげに睨み付けるのだった。



「はい?」



最愛の夫の言葉に彼女は自分の耳を疑った。



「ですから・・・・ずるいです。ショーリだけ貴女のあんなに愛らしい小悪魔姿を見てるなんて・・・・・」




いつもは涼やかで爽やかで男前な男の顔が情けないほど歪んでいる。



「ちょっと待て?何の話?その話はいつの話だ?」




にじり寄ってくる男の胸をグイッと押しながら上目遣いで問いかける。



「この前、地球(あちら)へ行ったときに見せてもらったんです。貴女の可愛らしい姿の写真」
俺はあんな愛らしい貴女を目にすることも出来なかったなんて・・・悔しいです




一体何を見せられたのか・・・・どれを見せられたのか・・・
思い当たる節が山ほどあってどれがどれに当たるのやら検討もつかない。
だいたいその『小悪魔姿』って一体何のことなんだ?





ふて腐れ真剣に悔しがる男の頭に手を伸ばしその薄茶色の手触りのいい髪に指を絡めながら手繰り寄せるように胸に抱き寄せ・・・・
あまりのばかばかしさに思わず噴出してしまう。



っとに・・・この国の英雄であるはずのこの男のこんな姿が目にできるのは自分だけなんだ・・・というちょっとした優越感に何故か妙に胸が弾む



「ばぁか・・・・・そんなの・・・どうせお袋に無理やり着せられた子供の頃の写真だろ?今の俺じゃないぞ?」



「それでも・・・貴女のあんなに愛らしい姿・・・俺も目にしたかったです」



「じゃ・・・あんたは今の俺じゃ満足じゃないの?」



少し眉を顰めわざと意地悪く問うと
男は驚いたように身を一瞬引き・・・・そしてこれでもかというほど強く抱きしめてきた。



「そんなわけがありません。俺にとって今の貴女以上に素晴らしい人はいません」



「だろ?過去は過去・・・・今は今。今の俺はあんただけのものだよ?それじゃ満足しないの?」
俺が誰よりも傍にいたいって願ったのはあんただけなんだよ?



「それに・・・・・」



俺の子供の時の姿が見たことがないって悔しがるけど・・・俺だってあんたのちっちゃなとき見たことないんだぞ?
お互い様だろ?



クスッ・・・と笑う姿に男は一瞬目を見開き・・次の瞬間なき笑うような表情を浮かべ愛するものをその胸に抱き込んだ。



自分の手に余るほど大きな背中を、子供を慰めるようにポンポンと叩きながら「俺にはあんただけなんだからな・・・」と囁きかけると
緊張していた男の身体は安心するように脱力していた。







     ★『光の魂』ひとみ様より、フリー配布にて頂きました!



   きょう、10万打!達成です。おめでとうございます!
   ひとみ様の素敵小説は、こちらからどうぞ!



      タイトルから直接、飛べます。
                 『光の魂』
  • URL:http://yaplog.jp/leioos1065/archive/22
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
マジで楽しすぎww
もうスグ休みだし、いっぱい遊んじゃうぞぉ〜!!

December 07 [Fri], 2007, 15:59
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:leioos1065
読者になる
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 十数年ぶりの景色 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 十数年ぶりの景色 (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» 十数年ぶりの景色 (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
» 十数年ぶりの景色 (2008年10月06日)
アイコン画像きりひと
» 十数年ぶりの景色 (2008年10月02日)
アイコン画像ハム太郎
» 十数年ぶりの景色 (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» 十数年ぶりの景色 (2008年09月23日)
アイコン画像MASA
» 十数年ぶりの景色 (2008年09月18日)
アイコン画像えびふりゃー
» 十数年ぶりの景色 (2008年09月15日)
アイコン画像秋吉
» 十数年ぶりの景色 (2008年04月24日)
Yapme!一覧
読者になる