甘えんな 

September 21 [Fri], 2007, 3:09
あんた甘いよ。

オレは6時間寝かせてもらうからって
あんたがそうすることでオレがどうなるか考えなかったのかい。

オレは5時間以上寝ないと次の日支障をきたすって
皆一緒だよ。
皆きついけど起きないといけない時は起きてんだよ。

あんた前にも3泊連続はきついからその日は別の人入れてって言ってたけど
6連泊してる人だっているんだよ。
3泊なんて余裕だろ。


もてないとか
待っても来ないとか
もう人は好きにならないとか

そんなこと考える前に自分の身の振りを考えろよな。
だから彼女出来ないんだよ。

人の迷惑考えろよ。
もっと厳しい現実があるんだよ。

だから待っても誰も来ないんだよ。


そんなあんたに若いねえとか言われるのが一番ムカつくよ。

朝はやっぱこれだね 

September 20 [Thu], 2007, 2:51
最近
ご飯、納豆、味噌汁の組み合わせが気に入っている。

いや、別々でね。


やっぱ日本人は和食ですよねー。

世界の電波望遠鏡 

September 19 [Wed], 2007, 2:13
日本最大の電波望遠鏡は長野県は野辺山にある直径45mのもの。

45m・・・。
怖っ。

45mの巨大な建造物があるとか不気味だ。
夜は絶対見たくない。


しかし世界は広い。

オーストラリアはバークス観測所にある望遠鏡は64m。

でかっ。


イギリスマンチェスター大学には76m。

うわっ。


ドイツはマックスプランク研究所には100m。

怖っ。


そして極めつけにプエルトリコ、アレシボ観測所の望遠鏡は桁外れのの305m。

もう全景を写せてません。


うわっ、怖っ。
絶対近づきたくねえ。

確かなこと 

September 18 [Tue], 2007, 2:53
色々と考えた結果、わかったことがある。


オレは定番や常識から外れて生きることは出来ない。
例えば新卒や学歴の話だ。

院を辞めるか辞めないか。
それを考えた時に、どうしても新卒は譲れない。

飛び出す勇気が無い、というより視野が狭い。
狭い、というよりそこを見る気はない。

ということはオレはオレの理想とするところを実はずっと見ていたのではなかろうか。


そしてオレは臨機応変に生活できない。
今日は朝から頑張って、明日は夜頑張る、という類の話だ。

月曜から金曜は定時で働いて、土日は休みで、それがずっと。

その方が伸びる、というかやりやすい。

今までの経験から、それだとオレは現状を把握し、確実に力をつけることが出来る。
それは確かだ。

不定期不定時だと、オレは怠けられるだけ怠ける。

結果何もしない。


とっておきでなければ派手でもないが、オレにはオレに合う力がある。
それは確実だ。



どうやらオレはかなり前向きなようだ。

それは本当に良かったことだ。


結局そうなるのねって思うかい?

前向きって、一見誤魔化しの類に見えるけれど
前向きによって生まれる結果が確かにそこにある。

オレはそれを知っている。

愚か者 

September 17 [Mon], 2007, 2:26
大学院を卒業して、学歴を上げていいところに就職する。

本当にそれは可能?
ってかほんとの話か?


高卒よりも大卒がエリート。
それはこの世界で確かなこと。

しかし大卒と院卒。
就職出来る幅に簡単な研究職が加わる程度ではなかろうか。

研究職は当然のようにもういいです。


初任給が高い。

たった2万でしょ。
その先の展望は??

会社での業績しだいってか。
どうなんだろう。


オレは院卒の意義を探している。
将来に繋がる院卒の意義を。

それが見つかれば、オレは晴れて自由の身で
一人ぼっちの闇から開放されて、気軽な生活を送ることが出来るんだ。



愚か者。

わかってる。

目的のない生活 

September 16 [Sun], 2007, 1:51
オレが今大学院生であることには何の意味があるのだろうか。

学部生の頃にも同じような疑問はまとわりついていたが
それは楽しい時間を過ごすことにより、見て見ぬふりを出来た。

2年生まではサークルで。
3年生からはバイトで。
そして4年間を通して彼女と楽しい時間を過ごしてきた。

それらで得た考え方や感覚、わずかばかりの知識や技術は確かに尊い。
それ以上に過ごした時間は尊い。


確かに。
それは確かにそうなのだけれども。


今それを見て見ぬふりが出来なくなったのは
本当に楽しいと思える時間が無くなったから。

時間が無くなった、というより人と場所が無くなった。


4年生までは就職するために必要な過程
卒業さえ出来れば、どう過ごしてもいい、超ロングな夏休みのようなもの

今となってはそう解釈出来るし、現実にそう言える部分もある。
だから残りわずかになった大学生活を楽しみなさいよ。

卒業したら40年ずっと働かないといけないわけですから。


しかし目的の無い院生はどうだ。
勉強が嫌いな院生はどうだ。
情熱が無いんだぜ。

これは想像以上に残酷だ。

オレは既に楽しむ人と場所を無くしている。
その上お金も無い。

どう過ごせと。
この2年間をどう過ごせと。


研究しないと卒業できません。
だから嫌いだと言っておろうが。

なら何で院に進んだ??
当然そういうものだと思っていた。

つまりは何も考えてなかったと。
そうですね。


自己責任。

真空引き 4 

September 15 [Sat], 2007, 1:30
常温に戻す作業が終わり、赤外カメラのフィルタドライバの調査の為に
カメラを取り外す。

この紫色の筒、値段が六千万というのだから、もうよくわからん。


大学に運び、研究室のクリーンルームへ。

このクリーンルーム、本当にクリーンか怪しいところだが
周りに何もなくて作業がしやすかったというのだけ確かなようだ。


分解するも、よくわからず。
六千万だってのに、最後らへんかなり扱いやすくなってたなあ。


そして取り付けへ。
ベリーハード。

これからモニタする人はもっとハード。
しかも女性2人と来たもんだ。

交代しなくてごめんなさい。
気の利かない男ですいませんでしたm(_ _)m

真空引き 3 

September 14 [Fri], 2007, 1:22
常温に戻ってる間に、可視観測ですyo

そしてまたトラブル。
今度はゼロサーチが上手くいきませぬ。


色々と面倒臭かったが
何だろうこの何もつかめてない感じ。

数値上のゼロサーチは確かにおかしかったが
星が入らなかったのはマスターで天体に向けてるからじゃなかったのか。

今となってはもうわかりませぬ。


保守って大変ですね。

真空引き 2 

September 13 [Thu], 2007, 0:59
はい、トラブルが出ましたー。
交代したばかりの寝起きの状況で、キタ━(゚∀゚)━ッ


真空度を測る真空計にエラーっぽい表示。
真空度が出ない。

朝日も昇ったばかりだというのに、1人で四苦八苦。

皆さんに連絡、皆さん眠そうでした。
取説見つからず。
メーカーのHPにも載っておらず、まあそりゃ載っとらんわな。

9時丁度にメーカーに問い合わせ。
色々と手ほどきを受ける。

が午前11に完全に壊れてしまったことが発覚。

風呂にも入ってないし、眠いし結構グロッキーです。
ああ腹減った。


2時頃交代でやっと眠れたものの
以後15分おきに現状確認やもろもろの電話がかかってくる。

自分、眠いっす。

真空引き 1 

September 12 [Wed], 2007, 0:41
突然に始まった真空引きをするに当たっての、赤外カメラ内部を常温に戻す作業。

午前0時に始まり、過去の報告書によると常温に戻るまで約30時間。
真空引きに約120時間。
冷却にまた約20時間。

計170時間だってんだからどんだけ長丁場なんだと。

全部順調に行ったらねって、何そのトラブルを予感させる発言。


どんだけー。
P R
月別アーカイブ
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koji0523
読者になる