電子素子の本質的な部分。動作原理電子クロックは"電気生まれる磁気、

August 28 [Wed], 2013, 17:47
スプレッドシート
電子素子の本質的な部分。動作原理電子クロックは"電気生まれる磁気、磁気生のパワー、"設計物理現象をベースにしています。エネルギー、すなわちば、磁気エネルギーがタイミングの目的を達成するために、針操作周りに駆動するために、機械的エネルギーに変換され、磁気エネルギーに変換される。
貸借対照表上のトランジスタ
スイッチとしてのトランジスタと、エネルギー用電池にある、バランススプリングが振動系である。
クォーツ時計
電子モータ運転、従動ポインタを制御するための発振器分周器として "結晶"で、旅行時間の精度は非常に高い。電子四半期ごと。つまり、両方の電子ディスプレイの時計を組み合わせた電子の動きクォーツムーブメントは手歩行指示がある。そのようなT250の動きのための市民(シチズンミヨタ株式会社)などの動き、。
ライトテーブル
監視受信機とアンテナに内蔵無線機を介して光エネルギー波の形、"標準時間"ラジオ塔によって発行された受信機は、時間とカレンダーデータを取得し、自動的に時刻と日付の時計を修正します。標準電波は、高精度セシウム原子時計理論、番目のエラー10万年です。市民ラジオは、駆動エネルギーとして任意の可視光の利用をすべて使用して、光のエネルギー技術を見る。限り、光エネルギーがある限り、限り、それは受信できるように電波がエラーを持っていることは決してありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kasey6
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kasey6/index1_0.rdf