0184 三原則。

July 28 [Thu], 2011, 14:39
ロボット工学三原則というのがありまして第一条ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。第二条ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。第三条ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。年のロボット工学ハンドブック第版われはロボットより。アイザックアシモフというものです。私もロボットの話は何回か書いているのですがどうもこの三原則が苦手です。例えプログラムされていても絶対にロボットが人に危害を加えないかというとそうでもないのではないかと私は思うのです。プログラムはプログラムですから気を付けることはできるでしょうがだからと言って完全に守ることはできないと思うのです。結果私の物語の中ではロボットが人に怪我をさせることもあります。それが自然なんじゃないかと思って。人間だって人を傷付けようと思わなくても事故で人を傷付けることもあるのですからプログラムで動いているロボットが三原則を完全に守れる訳ないというのが私の考えです。という妙なこだわりのため物語の進行がたいへんなことになっています楽しいからいいんですが。読んだ人が納得できる作品になれば嬉しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:j24vp2tm2n
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/j24vp2tm2n/index1_0.rdf