ジムカーナ 必勝

June 05 [Fri], 2009, 15:59

ジムカーナの華麗なテクニック

March 20 [Fri], 2009, 21:54
ジムカーナのドライビングテクニックです。
慣熟歩行と言われるものはジムカーナは、与えられたコースにいかに対応するかにあり、サーキットと違ってパイロンのコースを走る競技でポイントは、コースのブレーキングポイント、立ち上がりのラインなどで、これらはすべて慣熟歩行で身につくことです。
自分のマシンが、コーナリングに突っ込むイメージをすることが重要で、その時にコーナーから立ち上がったときの姿勢をアウトかインか、車の姿勢はどう変化すればいいかなどコーナリングのイメージをつかむことが大切だと思うのです。
スタートは、半クラッチがポイントです。
3000〜4000rpmでつないで、タイヤが回ったら、半クラッチを利用して5000〜6000rpmに回転を上げます。
ホイールスピンさせてスタートです。
上手なスタートをきるには、タイヤがグリップするかしないかの状態のとき、半クラッチだけでエンジン回転を上げて少しづつグリップさせてやると良いスタートができると思います。
ブレーキングはコーナー進入のトップスピードまで落とすのが基本です。
コーナーの最大進入速度でいかに速度を落とすかが、コーナリングのためのブレーキングの目的であります。
ブレーキングのもう一つの目的はコーナーに入るときの車の姿勢づくりでこれも重要になります。
ジムカーナのブレーキングは、制止させるというよりも、コーナリングのためにやっているということです。
ファーストは強めのブレーキングでも、曲がるためには抜いたブレーキングに変わります。
ポイントとなるのは、しっかりと制動させて、ブレーキをゆっくりと抜いていくということです。
こんなときに荷重のかかっていてロックされたタイヤはだめですよ。
荷重移動の一般論は、コーナリングをしやすくするために、ブレーキング時に車にかかる荷重を前にかけてフロントタイヤのグリップを上げることです。
コーナリングでの、荷重移動とは、ブレーキを踏まなくてもできるものであります。
100キロの速度からハンドルをパキ切りすれば、ほとんどの車のリヤは流れるのです。
慣性プラス荷重移動でフロントのアウト側が沈みこんで、リヤが軽くなるからであります。
コーナリングでブレーキングドリフトの練習をするときは、サイドブレーキを使わずに、フットブレーキとステアリング操作だけで行なうと効果的であります。
他にテクニックはライン取り、定常円旋回、低速コーナー、高速コーナーなどジムカーナには多彩なテクニックがあるのです。
男のスポーツと言っていいでしょう。
興味のある方は自前の車でもできるそうですのでチャレンジされてみては如何でしょうか?









初谷優 評判
初谷優 音速パソコン教室

NSRはジムカーナ最強

March 20 [Fri], 2009, 21:53
NSRはジムカーナ最強といわれています。
しかし、簡単に車体作りが出来るものではなく、結構大変な部分があり、それなりのノウハウが必要だと感じています。
NSRは、ベース自体も決して安くはないですし、改造、改良しなければ、CB400SFの方がはるかに、安いくて速いバイクだと思っています。
少し前に作った人なら、その時は、スプロケットがあったと思うのですが、今現在は、スプロケットも無いですので、スーパーローギアードにしないと、本当に走りません。
NSRの部品を作るときは、特注品で作らないと、いけないと思われます。
あとは、この前の大会で、走ったときにわかったのですが、ラジエーターファンを後付けしなければ、
最初から付いていないNSRだと暑い日はいい勝負が出来ないと思いました。
水温は振り切ってるし、走り出せないんじゃないかと思うぐらいの熱ダレで、本当に3速にギアが入っているのかと思いました。
また、エンジン止めてもラジエーターファン付きのバイクみたいに、すぐには冷えません。
言い訳ではありませんが、エンジンが冷えていればもう少し良い結果が出たのではと思いました。
大きな消費電力のラジエーターファンを付けるとかえってパワーダウンするみたいですし、パソコン用のファンを付ける人もいるようです。
セパハンの人もいるようです、しかし、かなり手間がかかりますが、やはりアップハンドルにしなければいけないと思っています。
NSRは、エンジンOH出来るパーツもそろわないらしいですし、壊れたら修理のきかないバイクだと思います。
NSRがジムカーナ最強だとは、バランスの良さを加味した上でも、一発勝負の大会において、本当の意味での優位かというと、疑問が残るところです。









mos 独学
mos 参考書

ジムカーナは動画が凄い

March 20 [Fri], 2009, 21:52
ジムカーナの最高格式である「JAF全日本選手権」の下に地方選手権があり、全日本選手権にステップアップするために、テクニックを地方選手権で磨く選手も多いです。
ジムカーナの地方選手権は、JMRCというJAFの下部組織が管理しています。
ジムカーナは、例えば関東では、JAF全日本選手権、JAF地方選手権、JMRC関東ミドルシリーズ、JMRC各都県シリーズといったように、ジムカーナの全日本選手権を頂点にピラミッド構造で管理されているのです。
ジムカーナをもっと手軽に参加できる練習会や入門者・初心者でも参加できるイベント、シリーズ選になっている大会などさまざまです。
全日本や地方選手権の出場資格はありますが、それぞれのHALなどの主催者が判断しているローカルなジムカーナの大会なども多くあり、競技車両はs2000が人気があります。
ジムカーナの動画をみてみましょう。
エンジンガード、アップハンドルなどでオートバイをチューンナップして100分の1秒をジムカーナで争うために戦闘マシーンとして人気のある二輪バイクのジムカーナが動画で確認できます。
ジムカーナのマシーンに求められることは、200キロオーバーのモトGPでは必要とされない中低速域での安定性や旋回性なのです。
ジムカーナに必要なチューンナップやテクニックは、街中走行での安定感と共通するもので、二輪のジムカーナで必要なテクニックはオートバイで一般公道を安全に走るためにもっとも必要なテクニックと同じです。
ジムカーナは、一般公道を安全に走るテクニックを体で覚えるのにぴったりな競技といえるでしょうし、「バイクを自分の体のように扱いたい!」と思っているライダーならジムカーナに参加することが、手っ取り早いかもしれません。









エクセル 裏ワザ
mcas 独学

全日本ジムカーナ選手権の動画特集

March 20 [Fri], 2009, 21:51
全日本ジムカーナ選手権の動画は、インターネットで見るのが一番豊富にあるようです。
インターネットサイトで ジムカーナ 動画 で検索すると、全日本ジムカーナ選手権や各地の大会の動画、最新のものから過去のものまで見る事が可能なのです。
全日本ジムカーナ選手権の動画はDVDなどでも販売されていますし、色々なところで見る事が出来ます。

全日本ジムカーナ選手権の動画を見てジムカーナの走りに、驚く事でしょう。
そのコーナリングスピード、ステップや足のつま先が接地するくらいのバンク角で全開ターンを立ち上がる姿は凄い迫力です。
全日本ジムカーナ選手権の動画で、オートバイ誌の付録のDVDに収録されていた映像は、スプロケットをショートに変更していて、短い直線でも簡単にフロントアップされていて迫力がありました。
プロが撮影した映像は、さすがです。

ジムカーナライダーの走りは、凄いテクニックで一見派手なように見えますが、やっていることは基本の延長線上にあり、今まで沢山の時間を練習してきた成果で、それをバランスさせる次元が高いか低いかの違いです。
従って、A級になるには、実力や才能も必要でしょうが、練習によっては、ジムカーナライダーに近い走りが出来るようになるかもしれません。
ジムカーナテクニックは、ライン取りやアクセルワーク等ありますが、ニーグリップ、肩・腕の力を抜く、目線、の3つの基本が出来ていてこそです。
ジムカーナライダーの走りを普段のライディングで少し意識するだけでかなり変わります。
ジムカーナテクニックの様に、右左折時に少しニーグリップを強くして、腕の力を抜いて、自分が進む方向へ目線をやるようにする。
ジムカーナライダーの走りをすると、とてもスムーズに曲がることが出来ますし、目線を先におくることによって危険を早く察知できます。









パソコン初心者 上達
エクセル 上達
P R
カテゴリアーカイブ