CBCラジオ電磁マシマシ ブロガーズミーティング「収録編」 

2012年11月09日(金) 20時37分
※今回の記事に使用されている画像に関して、CBCラジオ様より掲載許可を得ています

さて、ここからは収録時のお話を書こうと思うのですが、
収録前にブロガーズミーティング参加者に以下のTシャツが配られました。


番組のためにフェリーチェ山手さんに作成して頂いた、
胸にワンポイントの番組ロゴがあしらわれたオリジナルTシャツです。

佐野さんのトレードカラー『緑』がとても眩しいです!

一応Tシャツの着用は義務ではなかったのですが、
ブロガー7名とスタッフ3名+佐野さんがTシャツ着用していたので
収録スタジオ内は異様な光景になっていました。




Tシャツに着替えたところで予定では佐野さんを交えて簡単な質疑応答を行う予定だったのですが、
まだ佐野さんが到着していなかったので先に収録ブースを見学させてもらいました。

収録ブースに入ってみると電磁マシマシではお馴染みなのですが、
普通のラジオ収録スタジオには絶対にあり得ないと思われる数のシンセサイザーが出迎えてくれました。

このシンセサイザーは、番組が始まってからシンセサイザーにハマってしまったと言う、
矢島ディレクターのコレクションが所狭しと置かれていました!



収録ブースの机の上

ぱっと見ただけでも4種類
・KORG EX-800
・KORG ELECTRIBE MX
・DARKTIME
・DRUMTRAKS


・Matrix-6


・Roland JP-8000


スタジオ見学中にMatrix-6をいじるヨナオケイシさん


これだけあるのに、まだまだコレクションの一部だけです。
スタジオ内はもっと置かれていましたよ!

普段はあまり見かけない物が沢山あったので、この時点でかなりテンション上がってしまいました。


ちなみに、このシンセサイザーがてんこ盛りな収録スタジオは、
某アイドルグループの方々の番組も収録しているらしいのですが、
その方々は週を重ねるたびに増えていくシンセサイザーを見てなんて思っているのだろうか…


で、スタジオや機材を拝見してしばらくしたところで、やっと佐野さん登場!

でも、あまり時間が無くその場で質問とかできなかったので、しばらく待機したあとすぐに収録へ!!


今回は日本シリーズの影響でCBCでの放送時間がズレてUSTREAMだけで放送開始!

しかも、今回は珍しくチョイチョイ映像に不具合が…

普段はそんなに映像トラブルは無かったのに今回に限ってこんなに映像トラブルが多いのは、
多分参加ブロガーの方々が持っている回線端末の影響だったと思うんだ…(決めつけ)

※電磁マシマシは結構無理やり回線(無線)を引っ張って放送しています

だって、私の回線も全然安定しなかったし…

でも、その日はUSTREAM自体が調子が悪かったみたいなので、原因はそれだけではないと思うのですが、
ブロガー7名がそれぞれ『最低でも』1個回線端末を持ってましたから疑いたくもなりますよね〜


んで、そんなこんなしつつも番組はいつもの佐野節全開で進んで行きつつ、
話題は【『Genius Berにマックブックを修理しに行った』⇒『隣のお爺さんが「MP3」を「えむぴーさん」と間違えるのをその都度訂正する店員の話』⇒『Genius Berの雰囲気が朝のドトールor朝の病院の待合室に似ている』】と怒涛の展開をしていきました。

※いつもどおりの進行です

因みに、この番組にも台本は存在しています。

ペラ紙で2〜3枚とかでしたが…
(しかも、殆ど読んでいない)

しかし、番組の初回はかなりキッチリとした台本が用意されたそうなのですよ!

でも、初回の放送で佐野さんが今週のネットニュースで面白いニュースのランキングを行い、
あまりにしゃべりすぎて第6位、第5位で時間が無くなりいきなり第1位の発表と言う事態に…


この時に安藤プロデューサーは、この人は台本がなくても喋れる人だと確信したようで
次の回から徐々に台本のページ数は減っていったとか…


で、電磁ノリノリ状態で話を進めブロガー紹介とブロガーへの質問を行っていたのですが、
あまりにノリノリになりすぎてブロガーとして参加されていたシライミュージックの白井としみつさんとKORG ELECTRIBE MXの話題になった時、
そのタイミングではまだ秘密だったゲストの「ヨナオケイシさん」の名前を出してしまい『あ、やべぇ』的な空気になりましたが、
すぐに『ま、いっか〜 もう呼んじゃえ』と言う電磁マシマシ独自のゆる〜い感じで番組は進行して行きました。
(色々と自由な番組って素敵ですよね)


で、ヨナオケイシさんがブロガーのShunさんと呼び込まれ他のブロガーさんと同じ質問を行っていたのですが、
やはり同じゲームミュージック作曲者のヨナオサンさんに対しては自然とシンセの話に写り、
ヨナオさんの最初に使っていたシンセサイザーが【KAWAI K1】と言う話題になった瞬間すごい勢いで矢島ディレクターが収録スタジオ内に乱入!

何事かと思ったら、スタジオの奥にあったシンセサイザーの山から1つのシンセサイザーを引っ張り出してきました。

そう、KAWAIのK1がコレクションの中にあったらしいのです…


このシンセサイザーの山から
(一番奥の一番でかいのがK1)


このKAWAI K1を発掘

ちょっと矢島ディレクターの突入スピードに驚きましたが、
後々でこのK1が名曲『関東ローム層』を生み出す事に…

一通り参加者の面々を紹介した後にやっとCBC側での放送が開始されたのですが、
なんと通常2時間の放送を今回は圧縮されまくって30分しか尺が無くなり番組始まって以来の超絶圧縮放送に…

しかし、CBCで聞いていた方は超圧縮されすぎて何がなんだか分からなかったんじゃなかろうか…
※自分もあまりの勢いで内容を覚えていませんでした


そして、CBCの放送放送終了後もUSTREAMでは23:00まで放送が続くのですが、
ある意味この時間が電磁マシマシの真骨頂!

CBCでの放送が終わった後は、佐野電磁さんがスタジオ内のシンセサイザーでいじって遊ぶ時間なのですが、
今回使ったシンセサイザーは以下の

・Roland JP-8000
※今回の記事に使用されている画像に関して、CBCラジオ様より掲載許可を得ています

さて、ここからは収録時のお話を書こうと思うのですが、
収録前にブロガーズミーティング参加者に以下のTシャツが配られました。


番組のためにフェリーチェ山手さんに作成して頂いた、
胸にワンポイントの番組ロゴがあしらわれたオリジナルTシャツです。

佐野さんのトレードカラー『緑』がとても眩しいです!

一応Tシャツの着用は義務ではなかったのですが、
ブロガー7名とスタッフ3名+佐野さんがTシャツ着用していたので
収録スタジオ内は異様な光景になっていました。




Tシャツに着替えたところで予定では佐野さんを交えて簡単な質疑応答を行う予定だったのですが、
まだ佐野さんが到着していなかったので先に収録ブースを見学させてもらいました。

収録ブースに入ってみると電磁マシマシではお馴染みなのですが、
普通のラジオ収録スタジオには絶対にあり得ないと思われる数のシンセサイザーが出迎えてくれました。

このシンセサイザーは、番組が始まってからシンセサイザーにハマってしまったと言う、
矢島ディレクターのコレクションが所狭しと置かれていました!



収録ブースの机の上

ぱっと見ただけでも4種類
・KORG EX-800
・KORG ELECTRIBE MX
・DARKTIME
・DRUMTRAKS


・Matrix-6


・Roland JP-8000


スタジオ見学中にMatrix-6をいじるヨナオケイシさん


これだけあるのに、まだまだコレクションの一部だけです。
スタジオ内はもっと置かれていましたよ!

普段はあまり見かけない物が沢山あったので、この時点でかなりテンション上がってしまいました。


ちなみに、このシンセサイザーがてんこ盛りな収録スタジオは、
某アイドルグループの方々の番組も収録しているらしいのですが、
その方々は週を重ねるたびに増えていくシンセサイザーを見てなんて思っているのだろうか…


で、スタジオや機材を拝見してしばらくしたところで、やっと佐野さん登場!

でも、あまり時間が無くその場で質問とかできなかったので、しばらく待機したあとすぐに収録へ!!


今回は日本シリーズの影響でCBCでの放送時間がズレてUSTREAMだけで放送開始!

しかも、今回は珍しくチョイチョイ映像に不具合が…

普段はそんなに映像トラブルは無かったのに今回に限ってこんなに映像トラブルが多いのは、
多分参加ブロガーの方々が持っている回線端末の影響だったと思うんだ…(決めつけ)

※電磁マシマシは結構無理やり回線(無線)を引っ張って放送しています

だって、私の回線も全然安定しなかったし…

でも、その日はUSTREAM自体が調子が悪かったみたいなので、原因はそれだけではないと思うのですが、
ブロガー7名がそれぞれ『最低でも』1個回線端末を持ってましたから疑いたくもなりますよね〜


んで、そんなこんなしつつも番組はいつもの佐野節全開で進んで行きつつ、
話題は【『Genius Berにマックブックを修理しに行った』⇒『隣のお爺さんが「MP3」を「えむぴーさん」と間違えるのをその都度訂正する店員の話』⇒『Genius Berの雰囲気が朝のドトールor朝の病院の待合室に似ている』】と怒涛の展開をしていきました。

※いつもどおりの進行です

因みに、この番組にも台本は存在しています。

ペラ紙で2〜3枚とかでしたが…
(しかも、殆ど読んでいない)

しかし、番組の初回はかなりキッチリとした台本が用意されたそうなのですよ!

でも、初回の放送で佐野さんが今週のネットニュースで面白いニュースのランキングを行い、
あまりにしゃべりすぎて第6位、第5位で時間が無くなりいきなり第1位の発表と言う事態に…


この時に安藤プロデューサーは、この人は台本がなくても喋れる人だと確信したようで
次の回から徐々に台本のページ数は減っていったとか…


で、電磁ノリノリ状態で話を進めブロガー紹介とブロガーへの質問を行っていたのですが、
あまりにノリノリになりすぎてブロガーとして参加されていたシライミュージックの白井としみつさんとKORG ELECTRIBE MXの話題になった時、
そのタイミングではまだ秘密だったゲストの「ヨナオケイシさん」の名前を出してしまい『あ、やべぇ』的な空気になりましたが、
すぐに『ま、いっか〜 もう呼んじゃえ』と言う電磁マシマシ独自のゆる〜い感じで番組は進行して行きました。
(色々と自由な番組って素敵ですよね)


で、ヨナオケイシさんがブロガーのShunさんと呼び込まれ他のブロガーさんと同じ質問を行っていたのですが、
やはり同じゲームミュージック作曲者のヨナオサンさんに対しては自然とシンセの話に写り、
ヨナオさんの最初に使っていたシンセサイザーが【KAWAI K1】と言う話題になった瞬間すごい勢いで矢島ディレクターが収録スタジオ内に乱入!

何事かと思ったら、スタジオの奥にあったシンセサイザーの山から1つのシンセサイザーを引っ張り出してきました。

そう、KAWAIのK1がコレクションの中にあったらしいのです…


このシンセサイザーの山から
(一番奥の一番でかいのがK1)


このKAWAI K1を発掘

ちょっと矢島ディレクターの突入スピードに驚きましたが、
後々でこのK1が名曲『関東ローム層』を生み出す事に…

一通り参加者の面々を紹介した後にやっとCBC側での放送が開始されたのですが、
なんと通常2時間の放送を今回は圧縮されまくって30分しか尺が無くなり番組始まって以来の超絶圧縮放送に…

しかし、CBCで聞いていた方は超圧縮されすぎて何がなんだか分からなかったんじゃなかろうか…
※自分もあまりの勢いで内容を覚えていませんでした


そして、CBCの放送放送終了後もUSTREAMでは23:00まで放送が続くのですが、
ある意味この時間が電磁マシマシの真骨頂!

CBCでの放送が終わった後は、佐野電磁さんがスタジオ内のシンセサイザーでいじって遊ぶ時間なのですが、
今回使ったシンセサイザーは以下の5種類を使用。

・Roland JP-8000
・KORG ELECTRIBE MX
・YAMAHA S-01
・DARKTIME(Shunさんが担当)
・KAWAI K1(ヨナオケイシさんが担当)

※YAMAHA S-01はブロガーのYou.Tさんが持参した物です


で、この時にKAWAI K1をヨナオケイシさんが演奏し、DARKTIMEをShunさんが操作、佐野さんが歌を担当と言う奇跡的な流れで名曲と言われる『関東ローム層』が爆誕!





1週間限定ですがNET上で公開されているというので、
もし興味がある方は聴いてみてくださいね!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ガイト
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる