苦しみの中で… 

February 28 [Thu], 2008, 23:54
どうもお久しぶりです。


…………………って言うことを約一か月前にも言った気がします。

いや、言ってたな……orz





この一か月何をやっていたかといえば、あまり何もしてません。(相変わらず進歩のない奴め(*´Д`)=3ハァ・・・ )


いくつかしたことはしたのですが、エラの精神状態が最悪です。

SUPER NATURALという洋画ドラマの萌え力で凌いでいるのが現状です。





と、言うのもですね…
さまざまな精神的苦痛により立ち直れないていません!

本当は書きたいこととか良い事とか悪い事とか色々な報告があったのですが、死んでましたね、精神的に…





悪いことは愚痴になりそうなので機会があった時にでも書きます。


ぶっちゃけた話、今のエラ自身に語れるだけの気力がないので…




いい話はバイトを始めました!v(≧∇≦)v イェェ〜イ♪


まだ、始めて1週間程度ですが、バイト2回目にして地獄を味わいました。




だけど、すごくやりがいを感じるのでがんばろうと思います。




















以上



初っ端から挫折するのは得意技 

January 13 [Sun], 2008, 23:59

どうもみなさんお久しぶりぶりです。そして新年明けましておめでとうございます。エラです。
長らくブログを放置プレイで申し訳ない。


実はブログを放置していたのには深〜い深〜い訳が…………………………あるわけない。



ただの私の怠慢…(最悪だ…)




そんな2007年の失敗を繰り返さないためにも、大晦日には部屋を片付けてブログで反省してすっきりした気持ちで新年を迎えよう!

とか、目論んでたのにあえなく挫折…




2008年新年早々、部屋を片付けてブログで反省して新しいスタートを切ろう!

と、決意してあえなく挫折…






3日以内には部屋を片付けてブログを再開しよう!

と、思いつつネットとニコ動とBL小説の誘惑に負けて今日までずるずると…





決意する → 挫折 → 計画 → 実行できずに挫折 → 気合いを入れる → だらだらして挫折


こんな調子で自信喪失の悪循環にはまりかけているんですが、部屋に閉じこもりすぎて軽くうつ病になりかけて重い腰を上げたというわけだ。
まぁ、2か月近く放置していた期間に比べれば全然短いのだが…(そういう問題じゃない)


とにかく、太りに太って70キロ目前なので明日の早朝から走ろうかと思っています。

朝のロードワークに行けたら明日のブログで嬉々としたエラの文が拝めるかもしれません。





ブログともどもがんばっていくので2008年もよろしくおねがいします。




 

ブログランキング参加中!



私がデブと自覚する日1 

November 03 [Sat], 2007, 23:59


世間が休日の今日、何が悲しくでデブを自覚し直さなきゃいけないのだろう。
私がやってるスポーツの体力測定が今日と明日にあるのだ。(;>_<;) エーン
測定するほどの体力はないんだけどなぁ…

朝の9時から行って、最初にやったのは短距離走で次が800メートル走。
800メートル走死んだ〜()´д`()ゲッソリ・・・


すぐに昼食になったからいいけどねv(デブめ…)
でも昼食はでるものだと思っていたから、ないことに驚いた。
結果、定食屋さんで食べることに… せっかく、お父さんから前日おこずかい貰ったのに…ガ━━(´・д・`|||●)━━ン


午後からはウエイトをしてたが、測定したりウエイトの体勢を指導されたり…
失礼ながら私居眠りをしてしまっていました。○o。.(´c_` *)zZZ.....

マジであり得ん!


もう、疲れてお腹いっぱいになったから眠いんだよ!
まったく、どこのお子様だとか自分突っ込みが炸裂しそう…



明日もあると思うと憂鬱…



  

ブログランキング参加中!



悟りってのは啓けるものだ 

November 02 [Fri], 2007, 23:59


金曜日は1つしか講義がないのだが、その講義も休講で丸1日休みだった。
その代わり、感想文を課題に出される始末。<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>
その関係で町一番の本屋さんに行くことになった。

そこで見つけた一つの本。
何でも1日30分やるだけで勉強ができるようになる本なんだとか。
内容は毎日の積み重ねがどれだけ大切かをクドクドと書いた本だったが、珍しく納得してた。
他人に言われても「あぁ、そう…」みたいな感じで言ってることはあってるけど何とも思わないのに、これを読んでから行動しようと思う想いが強くなったように思える。

何て言うのかなぁ…
心に響く時って、胸にズンって言葉が入ってくる感じ?
それに近い事が起こる。

私はこの本を読んでそういう感覚が入ってきた。
私が変わるには行動しなきゃいけないんだって…


私が変わらなきゃいけないのは心構えなんだ。って…

やりたいことはあるのに行動にできなくて後悔ばかりしてた。

もう、そんな後悔はしたくないって思ってるのに何もできない悔しさ。


だから、これから悔しさをバネに変わっていければ目標は達成できるのかなぁって甘いかもしれないけどそう思っている。



  

ブログランキング参加中!


シンデレラストーリーは生まれるのか!? 

November 01 [Thu], 2007, 23:59


昔々、ある所にシンデレラと呼ばれる少女がいました。
シンデレラは毎日毎日、継母と二人の姉にいじめられて惨めな日々をおくっていました。
そんな日々が続いたある日、お城から舞踏会の招待状が家に届きました。
招待状はシンデレラにも届いていましたが、継母と姉達に意地悪をされて行くことが叶いませんでした。
一人、屋根裏で泣くシンデレラに魔法使いが現れました。
魔法使いはシンデレラに魔法でボロボロの服を綺麗なドレスに変え、かぼちゃを馬車にしてシンデレラをお城に送り出しました。
シンデレラがお城に着く頃には舞踏会はとっくに始まっていて、たくさんの娘達が集まっていた。
その頃、王子様は言い寄る女性達に飽き飽きして来たころ、一人の美しい娘に眼を奪われた。
その娘に声をかけるとそれはシンデレラでした。
王子様はすぐにダンスの相手を申し込むとシンデレラは快く了承してくれた。
二人はダンスを楽しんでいたが、時間は12時。
12時の鐘が鳴り、シンデレラはハッとする。
魔法使いはシンデレラを送り出す際に1つだけ忠告をした。
『12時の鐘が鳴り終わると魔法が解けてしまうから、それまでには帰っておいで。』
シンデレラは走って王子様のもとを離れていくが、王子は待って欲しいとシンデレラを追いかけた。
結局、王子様はシンデレラを見失ってしまう。
がっかりしる王子様の目に片方のガラスの靴が目に入った。
それはシンデレラが履いていたガラスの靴だった。

次の日、お城から国中に知らせが届いた。
『このガラスの靴にぴったりとあう娘を妃にする』
この知らせに国中の娘が妃に名乗りを上げたが、誰一人としてあうものはいなかった。
シンデレラの家にも使いが来て、二人の姉もガラスの靴を履こうとしたが、サイズが合わなかった。
シンデレラも姉達と共にガラスの靴を履くとサイズがぴったりとあった。
そしてシンデレラは王子様と結婚して幸せになりました。





2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エラ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる