俺たちのニックマレーシアGPネタばれ有り

May 07 [Sat], 2011, 10:09
注この日記はドライバー、ニックハイドフェルドのことをあれこれ書いただけです。ニックにいて詳しく知りたい人は読み進めてください。ニック誰それでも気になるって人も読み進めてください。ニック誰だよそれ興味ない、って人は全く面白くないと思うので読むことを推奨しません。ニックのインタビューが放送されているだとニック表彰台きたー開幕戦のオーストラリアでの散々な結果に、世の中にはニック終わったなと思った人もいるだろう。だが俺は信じてたよ。前回はテレビでは触れられなかったけど、予選の時にが壊れたりクリーンラップがとれなかったりして後方に沈み、決勝では得意のスタートを決めていい位置にけるも他車に接触されダメージを負いながらの走行だったってことを知ってたからな。今回は予選で位とそこそこの位置にけ、スタートからコーナーへのアプローチで位にジャンプアップ。車の性能が劣るにも関わらずハミルトンを回目のピットまで抑え込む。戦略ミスによりポジションを落とすも、他車の接触により表彰台圏内に復活。終盤フレッシュタイヤで迫ってきたウェバーを巧妙にブロックしきり見事表彰台ゲット。ニックさんさすがです。まじで惚れるわ。何故こんなにニックハイドフェルドという男にひかれるのだろう。考えてみた。実力あるのに不運でなかなか表舞台に出れないままずるずる来てしまったが、それにめげずにいい結果だしてるのになぜかスルーされているかわいそうなところが応援したくなる要素なのかもしれん。皆ニックにいて全然知らないと思うから彼がどんなキャリアを送ってきたかをざっと紹介するよ。年ドイツ、国際でチャンピオン獲得という出世街道まっしぐらでへとやってきたニック。チームはプロストグランプリ。思えばここからすでに不運な人生は始まっていた。チームは消滅街道まっしぐら、マシンの戦闘力は皆無。実力を発揮しようにも出来ず無得点に終わる。年ザウバーに移籍、チームメイトは後のワールドチャンピオンであるキミライコネン。堅実な走りでライコネンよりも好成績を残す。年ハッキネンの引退により空いたマクレーレンのシート。シートを得るのはもちろんメルセデスの育成ドライバーであるニック、であるはずだったがハッキネンが後釜に同郷であるライコネンを指名したためにまさかのザウバー残留。まさに不運。この年のチームメイトは現フェラーリドライバーであるフェリペマッサ。もちろんチームメイトを上回る。年ザウバー残留。チームメイトはハインツハラルドフレンツェン。この年はめずらしくチームメイトに負けるんだよね。ニックって何故かチームメイトに負けてるイメージあるけど、実は負けたのはこの年とクビサに回だけなんだよね。年フェラーリが無理やりマッサをザウバーにねじ込んできたために放出されるニック。不運。何とかジョーダンのシートを得るが、チームは末期でドベ争いしてるレベル。そんなマシンでもポイントを得るなど好印象を得る。年前年のがんばりがむくわれ名門ウィリアムズのテストに参加。レギュラードライバーが決まっていたマークウェバー現レッドブルよりも好タイムを出すというさすがとしか言いようがない走りを見せ、見事トップチームであるウィリアムズのシートを獲得。前半戦、モナコでの表彰台やポールポジション獲得などチームメイトを上回る成績を残す。ここからニックのサクセスストーリーが始まると思っていたがそうはいかなかった。テスト中に怪我を負い後半戦を欠場。不運。年ウィリアムズとのコンビを解消しワークス参戦を開始したに加入。チームメイトはいかのチャンピオン、ジャックヴィルヌーブ後半はクビサ。堅実な走りを見せ両チームメイトを上回る成績を残す。年の着実に戦闘力をあげそこそこの成績を残す。チームメイトのクビサにもポイント差をけて勝利。年がさらに戦闘力を上げ表彰台を争える位置に。がその年に限りニック不振。チーム初ポール、初優勝をクビサに奪われる。結局本人は優勝できず。年間成績もチームメイトに敗北。しかしちゃっかり連続完走記録歴代トップに躍り出る。年レギュレーションの大変更にうまく対応できなかった。戦闘力は下位グループながら、大雨で大波乱となったマレーシアで表彰台を獲得。その後はなかなかいい成績を残せなかったが後半戦、戦闘力が上がったマシンで何度か印象的な走りを見せる。チームメイトのクビサには手堅く勝利。連続完走記録はスーティルに撃墜され途切れる。不運。年前年クビサを上回る走りを見せたためトップチームのシートを得るチャンスを得る。まずはコバライネンの抜けたマクラーレンを狙うが前年チャンピオンのに滑り込まれる。次に狙ったのが前年チャンピオンチームのブラウンを買い取りワークス参戦してきたメルセデスのシート。もともとメルセデスと関係のあったニックがシートを得るのは高額アルバイト 福島堅いと考えられていたが、シューマッハが復活するというウルトラにより同チームのレースシート獲得に失敗。メルセデスで走れると思っていたから他チームとの交渉を遅らせていたため飽きシートがなくなり、結局メルセデスのリザーブドライバーに。まさに不運シーズン途中でピレリのテストドライバーを経てザウバーから出走。しかし印象的な走りは出来ず。年今年こそいよいよシート喪失が濃厚となったが、クビサの負傷欠場によりルーのシートを獲得。めずらしく幸運。しかもルーの戦闘力はなかなかのもの。今後に期待わかるこの不運な人生。約年参戦してて、チームメイトに負けたのはわずかシーズン。チームのマシンが優勝したのは棚ぼたの回。しかもその時はチーム戦略が逆なら自分が優勝出来てた。そう、実力は十分なのだよただ運がないだけなんだなのに何故か評価されないという。地上波のニックの扱いなんかひどいもんだよ。予選トップが紹介されるもニックだけスルー位を獲得もレース後の記者会見が位、位の人しか放送されない素晴らしいオーバーテイクを披露するも解説人スルー素晴らしいオーバーテイクを披露するも、そもそも放送されないファーストドライバーのはずなのにセカンド扱いされるこんな状況にもめげず本人は知らないだろうががんばるニックを今後も応援していきますこの日記を読んでニックを好きになった人も一緒に応援しましょういかニックが表彰台の中央に立っている日を夢見てにいて書きだすとどんどん書けちゃうな。ただいものことだが、大多数の人にはポカーンな内容になってるだろう最後に、今回のマレーシアにいてニック以外にいろいろ書きたいけど、ちゃんとかいたらまだここからも長文になっちゃうからさすがにやめておこう。簡潔に箇条書きにしてみた。ベッテル強すぎウェバーもうだめじゃねマッサへたれアロンソ落ち着けペトロフあれ小林さんさすがですメルセデス空気すぎウィリアムズよく壊れるなタイヤカスやべあのくらいメインストレート長いときくねよく壊れるなレッドブルのもよく壊れるな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dq874oxs2y
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dq874oxs2y/index1_0.rdf