矢沢と沖野

December 23 [Wed], 2015, 18:16
配偶者が不倫をした場合、交際相手をふくめた二人に対して、慰謝料を求める事ができるのです。
ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判官が判断します。
頻繁に掛かってきたり電話をうけていたりまた掛けていたりするとその相手が浮気相手であるという可能性は非常に高いと言えます。
それがわかったら電話番号の主を断定する事が出来るのですね。
ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。
探偵による調査は高額ですから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。
テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、現実とフィクションはちがうもので、相手に違和感を感じ指せなく、尾行するのは想像以上に難しいはずです。
相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。
相手の行動を見逃さないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。
どのような行動をしているか記録することで浮気の証明をできることもあります。
普通は、人間の一日一日の行動には決まりができるものです。
けれども、浮気をすると、その習慣が変わってしまいます。
時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを断定ができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。
SNSを通じて浮気の証跡を見つかることもあります。
SNSは名前を伏せて利用している事もあるので相手も思いがけずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が珍しい事ではありません。
時には、浮気を証明してしまうような内容をインターネットにアップしてしまう事もありますね。
ユーザーIDを見つけたなら調べてみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aoto
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/de10roa1ad2rd5/index1_0.rdf