【 更新情報 】

スポンサードリンク
sponsored link

コーヒー好きのこだわりのコーヒーミル選び


コーヒーの好きな方はたくさんいらっしゃいると思います。
コーヒーのアロマ楽しんで一口を口に入れた時の、ホッとした瞬間の息抜きがたまらないです^^

コーヒーの好きな方は、
自分で煎ったコーヒー豆をコーヒーミルで自分で挽いて、自分で淹れたコーヒーを楽しみたいですね^^

コーヒーミルという器具は、コーヒー豆を粉砕する器具ですが、
コーヒーミルもコーヒー同様、奥が深いのです。

コーヒーミルのよく聞くメーカーといえば、カリタプジョーというメーカー名は良く聞きます。

コーヒーミルをインテリアの一つとして選ばれている方もいらっしゃいますね。
そのような方は、手動コーヒーミルを選ばれ、中でも、よりこだわって選ばれている方はアンティークものを探して買われているようです。

コーヒータイムに電動コーヒーミルで作って飲んでいたけれど、もっとゆっくりコーヒーをゆっくり楽しみたいという理由から、わざわざ手動コーヒーミルを買いなおしたって方もいらっしゃいました。

しかし、決してどちらが良いとは言いません。
というのは、自分に合ったコーヒーミルを選び、大切に使い、ご自分にとって一番楽しいコーヒータイムが過ごせることが一番の至福の時といえると思うからです。
自分に合ったコーヒーミルを納得のいくまで探しお買い求めになられ、また良いコーヒータイムが過ごせることを祈ります・・・。

アタシは
されどコーヒー
だからコーヒー
っていうスタンスです♪
大好きなコーヒーを美味しくいただく為に、トコトンこだわっていきます!!



コーヒーミルの失敗しない選び方

コーヒーミルの失敗しない選び方は、
コチラにわかりやすく解説してあります



コーヒーミルの失敗しない選び方

手動コーヒーミルと電動コーヒーミルはどっちがいい?

コーヒー好きにはたまらないのは、コーヒーミル豆から挽いた淹れたてのコーヒーを飲む至福の時♪

やっぱりコーヒーミルで豆から挽いて、ゆっくりくつろぎながらコーヒーを味わいたい方いらっしゃいますよね。
アタシもコーヒー大好きです!!

コーヒーミルで豆から挽いたコーヒーを味わってみませんか?
喫茶店で飲むコーヒーも美味しいけれど・・・

自宅でも淹れたてのコーヒーを飲みたい!
このような方はコーヒーミルがあった方がいいと思います。

今のご時世ですから、なかなかコーヒーを挽いている時間なんてないって方には、
電動コーヒーミルがオススメです。

多くのお客様が頻繁に出入りされるご家庭なんかは、電動コーヒーミルのほうがいいですね。
手動コーヒーミルで時間もかけていられないだろうし、量を挽きたいなら電動コーヒーミルじゃないと大変。

でも、やっぱり豆からじっくり挽いて、コーヒータイムを楽しみたい方には手動コーヒーミルがオススメです。

じっくり時間をかけてコーヒー豆を挽いた時の香りを楽しむのも、とても素敵です♪

価格も電動コーヒーミルに比べて安く、豆の挽き加減も自分で調節できますし。
自分で挽いたコーヒーを自分で淹れて楽しむという意味では、
手動コーヒーミルは最高のものになるでしょうね。

コーヒーミルの挽き方によるコーヒーの淹れ方

コーヒーミルで挽いたコーヒー豆の荒さにより、それぞれ適切をいわれる淹れ方があります。
細挽きはサイフォン式の入れ方、普通挽きはドリップ式の入れ方、粗挽きはパーコレーター式の入れ方に向いていると言われています。
でもそこの所はお好みで結構ですよ♪

ドリップ式の入れ方は、普段お店などで売っているコーヒーでもよく見かける文字です。
ドリッパーにペーパーを入れて、コーヒーを落とす入れ方。
ちなみに、ペーパーの替わりに布をつかったネルドリップ方式というのもあります♪

サイフォン式で、コーヒーを飲むには、かなり経験がないと難しい入れ方ですが、うまく入れられた時のコーヒーは最高だそうです。
アタシん家はアタシが子供の頃喫茶店をやっていて、よくこのサイフォン式のコーヒーを淹れているのをみてました。

理科の実験みたく、アルコールランプで沸騰させたお湯が、上がって行くのはとても面白かったです^^

コーヒーミルとコーヒーメーカーの違いは、コーヒーメーカーは、自動でコーヒーを抽出する器具であり、コーヒーミルはコーヒー豆を粉砕する器具です。

コーヒーメーカーにコーヒーミル機能がついている機種もありますね。

コーヒー好きには、コーヒーミルで挽いて淹れたてのコーヒーが最高ですね!


コーヒーミルへのこだわり^^


コーヒーミルとは、焙煎されたコーヒー豆を粉砕するための器具です。
細挽き・普通挽き・粗挽きの好みの挽き方の調整もできます。

コーヒーミルの豆を粉砕する方式は、
グラインダー方式と、カット方式が主流です。

グラインダー方式は、コーヒー豆を臼歯ですり潰して挽きます。
コーヒー豆が均等に挽く事が出来ますが、熱をもったミルがコーヒー豆を加熱して、成分が変質する可能性があります。

カット方式は刃でコーヒー豆を切り刻んで挽きます。
ミルに発熱しにくいです。
カット方式のミルは高価になってしまします。メーカーはカリタが有名です。

その他、安価な刃のついたプロペラで豆を挽くプロペラ方式。
コーヒー豆の挽き加減にバラツキ出来ます。

アタシがもっているコーヒーミルは、デロンギKG100といって、
コーン式グラインダー方式というコーヒー豆が均等に挽けて発熱もしにくく、
お値段も手頃なコーヒーミルです。

コーヒーミルはお好みや予算に合わせて選んで下さいね^^
できれば、手動のコーヒーミルより、電動のコーヒーミルがいいですよ!(笑)

手動のコーヒーを挽いたら、とても時間がかかり過ぎて美味しいコーヒーを淹れるどころではなくなります。


P R
カテゴリアーカイブ