ようやく彼を解くことができました。

July 20 [Sat], 2013, 10:36
 それから世の外に仙音を聞いて君の料理のためにお茶を煮て、門番をする前にアオギリの木の上、巣の中の鴬燕は朝晩ああうう!ダンスの1段のあっさりしている衣服のスカートのルーマニアは風雅を付け加えて、1本の弦は1曲の緑の野仙の跡を演奏して探しにくくております;蛇皮線の琵琶を切って、末の弦の悲鳴を支出することに忍びないで崩れ落ちます;1世の静かで良い女子をします!これを捨てて弦の琵琶に欠けるべきです。也罷!也罷!ガガミラノ
  
   そのため硯の側で墨を研究して、君の伏線が再び私をかくことを待ちます。あの墨の青衣が要らなかったか?綿布の麻の着物もしかし1世壁画で、この狭い家のホールで掛かって、どのみちこの深い野山の峰も比較的に低くくぼんでいて、もしならば柴の夫あるいは山に登って薬草を採集する漢方医、同じくパスのここは足を休めるでしょうる人はいないでしょう!私は独り言を言いました!


あれ、あなたの私に送るハンカチ、この1世私はすべて惜しんでそれを使います。いっぱいな頭の白髪を生んだことを空想して、気息奄々としているもとに、私が再び出して最後を見ます!あなたは橋などをどのようにしてか私がいっしょに曼珠に沙華を与えると言います;花は葉に会わないで、葉は花に会いません;あなたの言った話、なのは本当ににせもか?私にこの1世の静かで良い女子をやり終えるように待つほかなくて、
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vfdsa
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cfdsg/index1_0.rdf