結婚パーティー時々幹事。

April 20 [Wed], 2011, 6:34
金曜日、仕事も定時に終わり家に帰って夕飯を食べ白馬のダーツバーへ。お客さんけっこういっぱいいて台の空き待ちしながら投げてた。相変わらずなダーツだったけど楽しく投げて日付変わる頃に帰宅。ちなみに下の写真はなるべく顔が分からないものをわざと使用していますのであしからず月日土曜日同級生の結婚パーティー新郎同級生新婦友達両方よく知ってる雪の舞う中と言うより、吹ゲイ雪めっちゃ寒い中大町市温泉郷黒部観光ホテルでおこなわれた。ホテル入り口には立て札があった。家披露宴披露宴会場に入ってみるとやっぱ披露宴俺の考えてたパーティーとはちょっと違った。と言うより、みんな思ってたのとは違ったみたい服装はみんなラフな格好でって事だったから普段着に近いラフさで行った。俺は今回のパーティーの司会というか進行役を頼まれて打ち合わせの為、時の開宴に対し時入り。受付を頼まれた友達などとセッティング。ここで初めて今回の流れ的な事を書いてある紙をもらう。そうほぼぶっけ本番それでも入場の所だけは回くらいリハーサルしたかなちょこちょこ準備しがてら時間をぶすがやっぱり時間が余った。そんな時はここは温泉郷だし温泉入ろうって事で友達と風呂へ今回のパーティーの参加者でもあり、このホテルの従業員でもある友達がいたので心強いタオルなんか全部貸してもらって、至れり尽くせり。外はすっかり冬に戻って露天風呂では雪見風呂ほとんど入ってる人もいなくて貸切状態だった。ゆっくり温泉に浸かってリフレッシュしたはいいが眠くなって残りの時間がある意味大変だった開演時間も迫りみんな受け付けして会場に入っていった。俺は新郎新婦の両親も知ってるし、参加者で知らないのは人だけだったから大きな飲み会みたいなもんだったけど、ひと違うのは席がここだと言う事円卓の方には席札がないここで人立食ねとか言われるしそんなこんなで開宴急遽考えた挨拶をして新郎新婦の入場です大きな拍手でお迎えください披露宴だなタキシードとドレスに身を包んだ友達夫婦が入場。友人代浮フ挨拶があったり、キャンドルサービスがあったり、どこかラフなんだけどやっぱり披露宴だった出された料理はビュッフェ方式で好きなものをとって自分の席で食べるスタイル。なかなか料理も美味しくて俺も時間を気にしながらだったけど美味しくいただいたあ、ちなみに立食じゃなくて円卓に行かせていただきました式も後半になってくると増えるのはそう酔っ払いうちらの仲間にもやっぱりいるんです。飲むと壊れる方々が何人か時より収集かなくなる事もあったけどビンゴゲームやカラオケで盛り上がってなんとか無事に楽しく閉宴することができた。いやぁよかったよかった気疲れでけっこう酒飲んだのにぜんぜん酔えてないし次会はそのままこのホテルの地下のスナックでやった。人数は半分ぐらいになったけどここからはとにかくカラオケを中心に大盛り上がりここではいちよう幹事させていただきました。俺も飲んだけど、やっぱりお疲れ気味。そんな時人友達が来て、ほんと裏方に徹するよね。すごいと思うわ。ありがとうって。ようするに誉められたなんだろう、自分は楽しんでないわけじゃないけど、楽しんでもらいたい方が正直強いのかもしれない。だから俺幹事に回る事が多いのかと言うより、毎回幹事なんだけどそんな勢いで次会も終わり次会は大町市街地まで出て飲みここでも幹事そんなこんなで時間はっきり覚えてないが、寝に入る人が多くなって解散。いやぁさすがにぐったりだったが楽しい日やったそして入籍してからはだいぶ経ってるがあらためて、結婚おめでとう日曜日の朝、目覚まし解除し忘れて寝たの時近くだったのに時分に起床そのあと寝れなくなってぼけっと見てると友達から電話。ホテルに泊まった組と次会っていっても、ガストでまったり食事しただけ。その後は解散し、俺はでを本借り帰宅。見始めたら止まらなくなって、ベストキッド魔法使いの弟子ナイトデイをぶっ続けで全部見てしまったそうこうしてると土曜日の主役がお礼にご飯ご馳走してくれるってんで、焼肉ャEルへ行くもすでに待ち急遽お店を変えて焼き肉ャEルじゃなかったのは残念だったが美味しくいただきました。ご馳走様まぁ今回はいろんな人に次はフミかいみたいな事言われたが、いでしょうね独りじゃできんからなまずはそこだな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zulgx383nt
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/zulgx383nt/index1_0.rdf