LED直管型蛍光灯の導入効果と注意点

November 09 [Fri], 2012, 12:51
電気代が上がり、夏のピーク時の電力供給量にも不安が残る現在、多くの企業にとって電力消費量の削減が大きな課題となっている。数ある節電対策の中でも、LED照明の導入は、コストに比べて大きな効果が期待できると言われている。以下では、電力消費量を削減するうえで注意すべきこと。
現在広く普及している直管形の蛍光灯、LED直管型蛍光灯からの入れ替えを狙って、直管形LED照明を発売している。形も長さも従来の直管形蛍光灯とほぼ同じものだ。直管型蛍光灯を利用しているオフィスならば、直管形LED照明を選択するのが安全策と言える。入れ替え工事が比較的簡単に済むからである。

ただし、消費電力量の削減効果は、現在使用している蛍光灯の種類によって大きく変わってくる。蛍光灯には「グロー型」、「ラピッドスタート型」、「Hf型」の3種類がある。このうち、Hf型はLED照明と比較しても電力消費量はさほど変わらない。LED照明の導入を検討する前に、使用中の照明がHf型の蛍光灯であるかどうかを、まず確認する必要がある。
中天照明LED直管型蛍光灯は明るくて、80%以上の節電効果を実現することができる。だからこそ、消費電力の削減を実現するために、LED蛍光灯の導入の検討と必要だ。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:LED照明器具
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/ztledlights/index1_0.rdf