2018年西郷丼 ごろごろタルタルチキン南蛮丼 

2018年03月18日(日) 14時07分
鹿児島のアミュプラザで開催されている、第二回西郷丼 中央駅エリアNo.1決定戦で、「The premiumCafe ENGAWA」さんの
ごろごろタルタルチキン南蛮丼
を食べてきた。


鶏料理の鉄板、チキン南蛮にクリーミーなタルタルで、箸が進む。
タルタルも白身部分を大きめとなっていて、これがまた美味しい。
ボリュームもあって、がっつり頂くのに良い一品。

2018年西郷丼 明治維新キーマん丼 

2018年03月18日(日) 14時06分
鹿児島のアミュプラザで開催されている、第二回西郷丼 中央駅エリアNo.1決定戦で、「ALWAYS CAFE」さんの
明治維新キーマん丼
を食べてきた。


キーマカレーにごろっとしたおされな野菜も入っており、
上品ながらも、しっかりと食べ応えとのバランスがとれている。
バターチキンサフランライスがこれまた合っていて、
間違いなく美味しい一品。

2018年西郷丼 黒豚イカ墨真っ黒丼 

2018年03月18日(日) 14時05分
鹿児島のアミュプラザで開催されている、第二回西郷丼 中央駅エリアNo.1決定戦で、「吉祥庵」さんの
黒豚イカ墨真っ黒丼
を食べてきた。


真っ黒な見た目にどんな味だろう?と思うが、
濃い目の旨みでしっかり味付けされた豚肉の美味しい丼。
がっつりいただける一品。

2018年西郷丼 すきやき和牛丼 

2018年03月17日(土) 16時00分
鹿児島のアミュプラザで開催されている、第二回西郷丼 中央駅エリアNo.1決定戦で、「焼肉 Gyudo! 中央駅店」さんの
すきやき和牛丼
を食べてきた。

前回と違って、今回はすきやき味。
極上の見栄えの牛肉を店頭ですきやきとして調理し、ご飯の上にどん!とのっける。
美味しくないわけがない。


牛肉の食べ応え十分の、極上の味。
とても満足する一品。

2018年西郷丼 濃厚!黒もつ煮丼 

2018年03月17日(土) 16時00分
鹿児島のアミュプラザで開催されている、
第二回西郷丼 中央駅エリアNo.1決定戦
で、「ハイパーチキン野郎」さんの
濃厚!黒もつ煮丼
を食べてきた。

温玉(+100円)も注文。

人参と大根、お豆腐も入っている。
和風もつ煮込みをご飯の上にのっけた感じの丼で、くどくなくて食べやすい。
味わい深い一品。

J3 2018年第02節 鹿児島vsガンバ大阪U-23 

2018年03月17日(土) 15時10分
2018年のJ3、第02節
鹿児島ユナイテッドFC vs ガンバ大阪U-23 が、
2018/03/16(土) 13時00分〜 鹿児島県立鴨池陸上競技場(鹿児島)で行われた。

結果は4−1の勝利!
今期ホーム初勝利。


★試合展開
早い時間帯に永畑選手がPKを獲得、それをキリノ選手が決めて先制。
待望のホーム初得点。
そしてサイドの深い位置でキリノ選手が囲まれながらも味方にパス、
クロスからGKを超えたボールにしっかり合わせた永畑選手がヘディングで追加点。

一方、CKからのぎりぎりのコースに放たれたシュートで1点返される。

がしかし。
ここから、横パスに反応した吉井選手が上手く足を延ばして右隅にゴールを決めると、
今度はクロスに対し、相手DFの前に永畑選手が飛び込んで、ヘディングでさらに追加点を決める。

前半は4−1で終了。

そのまま後半は得点は動かずホーム初勝利を手に入れた。
前回のもやもやした展開を払拭するような快勝。



★次戦
03/21(水)13:00〜 vs 福島ユナイテッドFC (福島)
ユナイテッドダービーを制して、鹿児島に戻って来て頂きたい。

J3 2017年第30節 鹿児島vsグルージャ盛岡 

2017年11月05日(日) 16時00分
2017年のJ3、第30節
鹿児島ユナイテッドFC vs グルージャ盛岡 が、
2017/11/05(日) 13時00分〜 鹿児島県立鴨池陸上競技場(鹿児島)で行われた。

結果は1−0の勝利。
この厳しい状況の中、望みをつなぐ勝利を何とか上げることができた。


★試合展開
序盤からやや鹿児島が攻勢といったところ。
中盤でのボール奪取が有効に働き、主にサイドに振ってからのクロスで攻め込んでいく。
先制点は13分。
永畑選手?が粘ってからの関選手へのパス。そこからのクロスに反応した谷口選手。
クロスに対しダイレクトで、ゴールネットを揺らす!
右足のアウトサイドで流し込んだように見えたが、絶妙な先制点。
本日のスタメン起用に答える、見事な一撃。

対する盛岡はカウンターが鋭い。
中盤で潰せれば防げるのだが、そこを抜かれると一気にゴール前まで持っていかれるシーンが多かった。
鹿児島が前掛かりだったというのもあるのだが。。。

後半に、盛岡の谷口堅三選手のダイレクトのシュートにはヒヤリ。。。
これは、鹿児島のGKキローラン選手のファインセーブで凌ぐ。

そしてお互い決めきれずにタイムアップ。
鹿児島は何とか勝ち点3を確保。

ほっとした、というのが正直なところ。
昇格に向けては、もはや他会場の劇的な変動が無ければ難しい状況ではあるが、
残りを一つ一つ、しっかり勝ち点を重ねることに集中して頑張っていただきたい。


★次戦
11/11(土)13:00〜 vs 福島ユナイテッドFC とうほう・みんなのスタジアム (福島)
とにかく勝ち点3を。

J3 2017年第27節 鹿児島vsギラヴァンツ北九州 

2017年10月15日(日) 21時00分
2017年のJ3、第27節
鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州 が、
2017/10/15(日) 14時00分〜 ミクニワールドスタジアム北九州(福岡)で行われた。

結果は4−0の勝利!
藤本選手の再び得点王に躍り出るハットトリックと、野嶽選手のダメ押しで快勝!


★試合展開
お互い攻めきれない中、徐々に鹿児島の中盤での奪取からの攻撃が増える。
がしかし、良い形でのシュートまでなかなか持っていけない。
そのうち、徐々に北九州のペースとなり、鹿児島が振り回され始める。

最初はミドルシュートが枠外に外れていたが、危険なシーンが続く。
一番ヒヤッとしたのが、ミドルシュートにGK山岡選手が何とかはじいたボールを再びシュートされ、ポストを叩いた瞬間。

だが、このあとのカウンターでシュートまで持っていけたことが良かったのかもしれない。
ここでいったん落ち着いたのか、何とか前半を0−0で凌ぐ。

後半に入っても、北九州の攻勢は衰えない。
暫く鹿児島が我慢する時間が続くが、徐々に前線へのパスが鋭くなっていく。

そこで試合が動く。
豊富な運動量で北九州を撹乱し続ける永畑選手からのパスを相手陣地深くで受けた藤本選手。
切り替えしてDFのいる位置にすかさずシュート。
2枚のDFを抜けたボールは相手GKのニアをぶち抜く、さすがのゴール!

ここから藤本選手のゴールラッシュ。
ぎりぎりの縦パスをサイドで受けた野嶽選手から、綺麗な横パス。
良い位置で受けた藤本選手は難なくゴール。

そして、ドリブルで中まで切り込んだ川森選手が藤本選手にパス。
他の鹿児島の選手の動きで空いたDFの間を見逃さず、GKを超えるファーにゴールを決めてハットトリック。

ダメ押しは、最後は丹羽選手からの横パスを野嶽選手がヒール?でGKを交わしてのシュート。

前半の堅い展開からは打って変わっての試合結果ではあったが。

全ては、1点目の見事なゴール。
ほんとにあのシュートは見事。
相手GKも、DFが切っていた位置に打たれては、さすがに動けないかと。そこに打ち込んだ彼もさすが。


★次戦
10/21(土)18:00〜 vs アスルクラロ沼津 鹿児島県立鴨池陸上競技場 (鹿児島)
順位が上位の相手の対決。勝てば順位をひっくり返せる。
是非とも勝ってJ2昇格に近づいて頂きたい。

J3 2017年第23節 鹿児島vsFC琉球 

2017年09月16日(土) 21時00分
2017年のJ3、第23節
鹿児島ユナイテッドFC vs FC琉球 が、
2017/09/16(土) 18時00分〜 沖縄県総合運動公園陸上競技場(沖縄)で行われた。

結果は1−0の勝利!
得点王の藤本選手、守備の要の上本選手が出場できない中、アウェーでの勝ち点3。
しっかり上位に食らいつく、嬉しい結果。


★試合展開
台風の影響で風下でのキックオフという厳しい状況で、キックオフ。

まずは先制のチャンス。これが惜しくも川森選手が届かず。
良い入り方でプレッシャーを与える。

その後、開始5分の時間帯に早速の先制点。
野嶽選手からのクロスに、相手の後ろ方飛び込んできた永畑選手が、フリーで合わせて先制!
見事なクロスで相手を釘付けにし、そこに目ざとく飛び込んだ永畑選手は、さすが。
なかなか勝てていない相手に対し、まずは優位に立つ。

そこからお互いなかなかチャンスに持ち込めない両チーム。
相手の高い位置からのプレスにも動じることなく、しっかりビルドアップはできるも、相手陣内でのシュートまでは行けず。
藤本選手がいない分、ターゲットを散らして攻められるのだが、なかなか詰め切らない。

それでも、両サイドからの攻め込み方は多くのパターンがあって、優位に進められていると思うのだが。

後半に入ると、琉球の押し込む時間が増える。
というか、鹿児島があまり高くからは無理しない展開。
攻撃力の高い琉球相手に、はらはらどきどきな展開ではあるが、体を張った守備は、琉球のシュートを次々と防いでいく。

GKのいない位置に蹴り込まれたボールを、ライン手前ではじき返した五領選手。
見事なミドルシュートがバーで弾かれる。
いやーヒヤッとした。

久々出場のGK山岡選手はDF陣とのしっかりした連携で、山岡選手が捌いたボールは、ほとんどが正面。
シュートが山岡選手に届く前に、DF陣が防いだシュートも、結構あった。
攻撃を摘み取る吉井選手の動きも、かなり効いていたように思える。

終盤は、西岡選手、田上選手、山田選手と投入された元気な選手がしっかりと時間をつかって、そのままタイムアップ。
勝ち点3のために、手堅い作戦に切り替えたののだろうか。それがしっかりはまった。


★次戦
09/30(土)18:00〜 vs ブラウブリッツ秋田 鹿児島県立鴨池陸上競技場 (鹿児島)
24節はお休みで、次の試合は25節。
ホームでの上位対決を制する、盛り上がる試合を期待。

J3 2017年第21節 鹿児島vs藤枝MYFC 

2017年09月02日(土) 23時00分
2017年のJ3、第20節
鹿児島ユナイテッドFC vs 藤枝MYFC が、
2017/09/02(土) 17時00分〜 藤枝総合運動公園サッカー場(静岡)で行われた。

結果は1−1の引き分け。
アウェーでの悔しい引き分け。上位陣も引き分けが多く、なんとか上位にくらいついている。


★試合展開
1対1では比較的鹿児島優位ですすめながらも、なかなか前に繋げられない。
徐々に藤枝の攻撃に押され始める。
一度、藤枝の選手に抜け出されるが、辛くもシュートは枠外に反れる。

前半15分、ゴールからやや遠い位置で受けた藤枝の枝本選手がディフェンスを一度揺さぶってから
放ったミドルシュートは、見事にゴール上隅に決められる。
これは。。。見事。

その後もなかなか自由にさせてもらえない鹿児島。
しっかり人数をかけた藤枝の選手の寄せで、鹿児島の自由を奪われるシーンが多かった。
特に、藤枝の鹿児島陣内でのハイプレスに、自陣でミスを誘発させられている感じが。。
それでも、鹿児島はGKからの展開は細かいパスでのビルドアップを選択し続けるという。
この日は、何か縛りを設けて戦っていたのか?と思ったくらい。

そんな中、自陣でボールを奪われて追いかけた吉井選手がレッドで退場。
鹿児島ピンチ。

ここから、次々と選手交代を行う。
FWの川森選手を、DFの丹羽選手に変更、一旦守備を落ち着かせる。
次に、サイドバックの水本選手をMFの中原 秀人選手に変更。
3枚目は、サイドでかなりの運動量をこなしていた五領選手に変えて、野嶽選手を投入。
これで、ここからの鹿児島の動きは、さらにギアが上がる。

助かったのは、藤枝のカウンタースピードが速くなく、慎重に来てくれた事。
しんどい中、鹿児島の選手は全力で戻って、追加点を許さない。
可能性が低めでも、思い切ってスピード重視で来られたほうが怖かったかも。

守備の固い藤枝をなかなか崩せない中、さすが藤本選手。
藤枝のDFからPA少し外にいたGKに出したパスを、PA内に戻りながら手で処理しようとしたところを、
上手くボールだけをかっさらい、無人のゴールに流し込む。

ここで鹿児島は改めて守備の決めごとを(たぶん)徹底させながらも勝利に向けて攻撃を続けるが、
残念ながら、引き分けで終了。


★次戦
09/09(土)18:00〜 vs 栃木SC 鹿児島県立鴨池陸上競技場 (鹿児島)
またもや上位陣との戦い。勝利で順位が上がる!
2018年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ぞの
» 2016年鹿児島出身Jリーガ (2016年02月18日)
アイコン画像しろひげR
» 2016年鹿児島出身Jリーガ (2016年02月17日)
アイコン画像ぞの
» JFL 2015年2nd-S第14節 鹿児島vs奈良クラブ (2015年11月11日)
アイコン画像tomo
» JFL 2015年2nd-S第14節 鹿児島vs奈良クラブ (2015年11月08日)
アイコン画像ぞの
» 2015年鹿児島出身Jリーガ (2015年03月09日)
アイコン画像tomo
» 2015年鹿児島出身Jリーガ (2015年03月08日)
アイコン画像ぞの
» JFL 2014年2nd-S第13節 鹿児島vs横河武蔵野FC (2014年11月21日)
アイコン画像tomo
» JFL 2014年2nd-S第13節 鹿児島vs横河武蔵野FC (2014年11月18日)
https://yaplog.jp/zonoblog/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE