プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zfsycatelzkvhh
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
お絵描きアプリは仕事で使える?―iPad アプリ「WebPad」 / 2010年07月30日(金)
2010年7月29日、App Store の「注目の新作」にお絵描きアプリが並んでいるのが目にとまった。普段なら気にならないが、私が見ていたのは「仕事効率化」カテゴリの「注目の新作」だった。

【画像が掲載された記事】

そのお絵描きアプリ「WebPad」(バージョン0.2.0)は仕事で活躍できるのか? 気になったので試してみた。

●使用準備

「WebPad」の利用にはアカウントが必要で、アカウントの作成はアプリ内から行える。初回起動時に「I’m new to WebPad」を選び、メールアドレスとパスワードを入力すればアカウントの作成は完了だ。

●「WebPad」のウリとは?

「WebPad」はただのお絵描きアプリではない。「リアルタイムお絵描きアプリ」と言い、iPad で描いた絵がリアルタイムで Web のブラウザに表示されるのだ。これには驚いた。

そのブラウザで閲覧する為の手順は以下の通り簡単。

【閲覧手順】
1. アプリ起動後、iPad の画面上部に表示される URL を相手に教える
2. ブラウザで URL のページを表示する
3. iPad で描いている絵をブラウザで閲覧できる

使える色は、黒、青、赤、緑、白の5色。線の太さは3種類から選べる。書いたものはメールで送信も可能。

描画中は iPad を横にするとブラウザの絵も横になる。この動きにも少し感動してしまった。この動きは動画を参照。

しかし、Undo や全削除などの機能がないので、お絵描きツールとしては物足りない。また、何度も描き直していると iPad ではキレイに表示されるのに、ブラウザでは消したはずの線が残っているので、せっかくの力作が少し汚くなってしまうこともある。

描いた絵を Facebook や Twitter などに共有できる点は、自信作を披露できる嬉しい機能だ。

●仕事で使う際の注意点

さて、最初の疑問である「仕事で使えるのか?」の回答だが、私は「現時点での使用は危ない」と感じた。

その理由は以下のとおり。

【仕事で使いにくい理由】
1.    絵の公開制限ができない
2.    アイコンの説明不足
3.    絵の削除機能がない(まもなく公開予定)

詳しく説明しよう。

1. 絵の公開制限ができない、について

描いた絵を公開すると「WebPad」サイトのトップページに並ぶ。これは誰でも閲覧可能だ。

また、ユーザーに割り当てられるページの URL は「http://webpad.hk/pads/xxx」となっており、最後の数字部分(xxx)を変えれば見知らぬ誰かの絵を見る事ができる。すなわち、絵を公開せずとも会議のアイデアなどを書いている最中に第3者から見られる可能性があるのだ。

ぜひ、公開制限機能を付けてほしい。

2. アイコンの説明不足

iPad で描画中、画面左下に「紙が破れたようなアイコン」があるが、これをタップすると画面が真っ白になり絵が公開される。

一見「全削除」機能に見えるため、気軽にタップしていると知らぬ間に絵を公開していることがある。ここはアイコンの説明がほしかった。

3. 絵の削除機能がない

現在は公開した絵の削除機能がないが、まもなく公開されるとのこと。私の変な絵が消せるので、実装が待ち遠しい。

●まとめ

「仕事効率化」に属するアプリとしては、今後に期待したい「WebPad」。

「お絵描きアプリ」として使うにも、もう少しツールが増えたら嬉しい。もし、ブラウザに表示されている絵にブラウザからも描き込めたら、iPad 側と一緒に描けて楽しいかも。

記事提供:Applie(あっぷりぃ)

【7月30日10時1分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100730-00000002-inet-inet
 
   
Posted at 10:07/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!