一度溶けてしまった骨は、歯周病が治っても、二度と元に戻りません。

March 21 [Thu], 2019, 11:25
歯の病気と聞いたとき、もっとも一般的に思い出すのは、「虫歯」ではないでしょうか? 
しかし、日本人が歯を失う原因の第一位は、実は「歯周病」なんです。歯周病は、別名「歯槽膿漏」とも呼ばれ、30歳代の約8割に何らかの症状が見られます。初期段階では全く痛みがなく、自覚症状もないため、気が付かないうちに病気が進行し、最終的には歯が抜けてしまうという恐ろしい病気です。
歯科 超音波スケーラー
スマイルデンタルクリニックでは、皆様ができるだけ長くご自分の歯で健康に過ごせるように、歯周病の治療と予防に力を入れています。
こんな症状は歯周病に要注意!初期段階では、見た目は健康な歯肉に近く、自覚症状もなく、歯肉の表面に軽い炎症が起こる程度ですが、進行すると、歯ぐきが腫れ、血や膿が出るようになります。そして、歯槽骨が溶けて少なくなっていき、歯の根が露出してきます。 
一度溶けてしまった骨は、歯周病が治っても、二度と元に戻りません。

最近の研究では、歯周病菌がお口の中から血液と一緒に全身へ循環し、糖尿病などの全身疾患に影響すること、心臓疾患、脳梗塞、妊婦の早産・低体重児出産のリスクを高めることなどがわかってきています。

歯周病を治療するには、歯周病の原因菌を除去する必要があります。歯周病菌は、プラーク(歯垢)や歯石の中に生息しているため、このプラーク(歯垢)や歯石を取り除く必要があります。プラークとは、歯の表面に付着する白く柔らかい細菌のかたまりのこと。歯石とは、このプラークが唾液中のカルシウムで固まり、歯に張り付いたものです。

歯周病を治療するために、これらのプラーク(歯垢)や歯石を取り除く処置がスケーリングです。専用の器具で、歯の表面や歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)内に付着したプラークや歯石を歯周病菌とともに除去します。 そして、ルートプレーニングと呼ばれる処置で、歯の表面を磨き、ツルツルにすることで、再びプラークや歯石が付着しにくいようにしていきます。
パルスオキシメーター
歯周病は細菌感染症です。キスはもちろん、お箸やスプーンの使い回しやドリンクの回し飲みなど、外部からの唾液で感染する可能性があります。 
そのため、できるだけ家族全員で治療・予防を受けることで、家族内での歯周病感染を防ぐことができます。
また、歯周病は歯周病菌を除去することで、進行を抑え、症状を改善することができますが、歯周病菌が繁殖しやすい口腔内の環境に変化がなければ、時間の経過とともに歯周病菌は再度増殖してしまいます。 
歯周病の家族内感染を防ぐためには、定期的な予防&ケアがとても大切です。 
スマイルデンタルクリニックでは、ブラッシングレッスンや歯のクリーニングなど、歯周病の予防メニューを豊富にご用意していますので、お気軽にご相談ください。
  • URL:https://yaplog.jp/zetashika/archive/685
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koikerina
読者になる
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる