予防歯科とは何でしょう?自宅でのホームケアの事でしょうか?

March 18 [Mon], 2019, 12:38
皆様も良く耳にされてるかと思いますが、最初に虫歯の原因菌:プラーク(歯垢)についてご説明していきます。プラークとは糖を栄養分として増殖する虫歯菌の塊の総称です。 あまりピンと来ないかもしれませんが、つまようじなどで歯の汚れをかき出した時に付く乳白色のねばねばした塊です。このプラークと食べカスなどを毎日のブラッシングで落として虫歯予防をします。 歯ブラシだけで落とし切れない歯と歯の間の汚れは、歯間ブラシやデンタルフロスを使うのも良いでしょう。
歯科器具中古販売
正しいブラッシングが出来ていなかったり、ブラッシングで届かない歯の隙間の細菌を放っておくとやがて石のように硬くなっ た歯石というものになります。これはプラークの死骸です。 こうなってしまうとセルフケアでは手遅れで、歯科医院に行って専門の器具で取り除いていく必要があります。 しかし食後にきちんと歯磨きを行うことで、虫歯や歯周病のリスクは格段に減ります。

次に、歯磨きでは取り除く事の出来ないバイオフィルムという膜をご存知でしょうか? 歯の表面に形成されたぬるっとした膜に、様々な菌がコロニーを作っているのを想像してください。 バイオフィルム内で生息している歯周病菌や虫歯菌が糖を代謝し、エナメル質を溶かし虫歯になります。

このバイオフィルムもブラッシングでは取り除けません。 このフィルム内に様々な菌が共存していますので、定期的に歯科医院を訪れて取り除いてもらう必要があります。ですので、予防歯科とは自分で行うセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを組み合わせて、 むし歯や歯周病を予防し生涯虫歯や歯周病のない健康な歯を保つこと。と言えるでしょう。
小型高圧蒸気滅菌器
半年毎に定期健診を受けましょう
自分で行うセルフケアはもちろん、歯科医院でのプロフェッショナルケアを併用することでさらなる予防効果が期待できます。 お口の中に問題がなくても歯科医院に定期的に足を運び、歯のクリーニングと検査のために少なくとも半年毎に定期健診を受けましょう。
早期治療は遥かに簡単で経済的です。

深刻な状態になってからでは体力的にも患者様の負担が大きくなります。歯肉の炎症はブラッシングや適切な処置で健康な状態に戻せますが、 歯周病が進行して骨が溶けてしまうと手術なしには元には戻りません。歯を支える骨が溶けると最悪の場合、歯が抜けてしまいます。昨今では、歯科用インプラントなどの最先端治療が研究されており、天然歯と見分けがつかないほどの仕上がりですが、費用がかかるなど様々な課題があります。
ご自身の歯に勝るものはありませんので日頃の予防を習慣づけましょう。
  • URL:https://yaplog.jp/zetashika/archive/679
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koikerina
読者になる
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる