天使なんかじゃない

2005年04月28日(木) 23時44分

「天使なんかじゃない」を読みました。

翠ちゃんは隼人の理想のタイプらしく、

ちょっと俺の恋人に会ってくれみたいな感じで

四冊の少女マンガを貸してくれました。

最初、なかなか入り込めない雰囲気でしたが

気がつくと夢中になって読んでいました。

たまに、ちょっと、うるっときて、

どうして俺は26にもなって

目がキラキラしてる少女マンガで泣きそうになっているんだろうと

冷静に考えたりもしました。

しかも恋愛の話しで。

たぶん 僕も いつか 一生懸命に 生きた 頃があって

きっと そのことを 思い出したり 振り返ったりして

涙腺が ゆるんでしまうのでしょう 

そして これから先の 不安だったり 迷いだったり 悩みだったりを

振り払ったりしたくて 

こうして 少女マンガの感想を 真面目に書いたりしているんだと思います。

そしてマンガ以上に感動したのは あとがき の藤原基央の文章でした。

そして それを読んだ僕は その文章が 僕のでないことに

ひどく悔しくなってしまったのでした。

かつて 僕も 自分を信じてさ 一生懸命に 生きていたのにな チキチョウ。


2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像みっく
» 天使なんかじゃない (2005年05月14日)
アイコン画像くみ
» ロケット (2005年03月07日)
アイコン画像kumi
» 宮崎ライフ 6  (2005年03月07日)
アイコン画像ai
» 宮崎ライフ 4 (2005年03月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zero123
読者になる
Yapme!一覧
読者になる