がんの前兆の特徴て

« 発がん性 | Main | 末期がん »
腎臓 がん / 2007年07月21日(土)
子宮がんは、癌ができる部位によって、「子宮頸がん」と「子宮体がん(子宮内膜がん)」に分けられますが、この二つは診断・治療・予後がかなり異なります。この癌も他の癌と同様、早期発見が完治の決め手となります。


 子宮頸がんは、早ければ20代から見られ、一般的に初期は無症状です。それゆえ30歳(結婚している場合は25歳)くらいになったら、年に一度子宮がんの検診を受けることが望ましいでしょう。


 子宮体がんは主に閉経後の人に発症しますが、不妊症の人や卵巣機能に障害がある若い人にも起こります。子宮体がんの初期の症状としては、不正出血や月経異常が挙げられます。特に閉経後に月経のような出血が見られる場合は、速やかに子宮体がんの検査を受けるべきでしょう。


ちなみに、「子宮がんの検査」と言う場合は、子宮頸がんのみの検査を指すこともあるので、検診の際には注意する必要があります。


子宮内膜がん
これは、免疫と関係があるのではないか、といわれていますが、理由はまだ解明されていません。また、腎臓がやられると、尿が腎臓から膀胱に流れているため、二次的に膀胱のほうもやられてしまい、結核性の尿肝炎、膀胱炎になります。 ...(続きを読む)


三沢が完全燃焼で田上下し王座防衛/ノア
日刊スポーツ
三沢も「やるなら今しかない」とすぐに承諾した。ともに、年齢的にも肉体的にも「最後の戦い」を覚悟していた。 田上とのライバル物語に終止符を打ったが、王者の戦いはまだ終わらない。田上の同期小橋が、腎臓がんからの年内復帰を掲げて実戦練習に励んでいる。 ...(続きを読む)


「急に痩せた」と言うおじいちゃんは病気でしょうか??一緒に住んでいる75歳の...
「急に痩せた」と言うおじいちゃんは病気でしょうか??一緒に住んでいる75歳の祖父ですが、・この前の秋から半年で10キロ痩せた・さっき打ったところ(腕)がすぐ内出血すると言っています。病気でしょうか。若いころに腎臓を半分とる手術をしています。だから、普段から色は黒め。体も、細めです。昔から体は強くはなかったようですが、ここ何年かは畑仕事もバリバリやっています。あとの病気は、軽いメニエール病で片耳は難聴。あと、軽い糖尿病があるようです。私は普段から見ているので、あまり気づかなかったけど、痩せたと言うことに心配しています。祖父本人が、痩せるのは直腸がんと聞いたが、下痢・便秘もないし・・・と言っています。年齢のせいなら良いんですが。。。アドバイスお願いします。(続きを読む)



Posted at 09:34/ この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/zengan/archive/27
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
   
 Powered by yaplog!