春のロバ耳穴

April 11 [Fri], 2008, 0:02
久しぶりに書きます。

4月。
新入社員が入ってきました。
とはいえど勤め先は3月からが新年度です。
3月1日付で異動となりました。
職種もフロアも変わらないけれども、ブランド、商材、得意先も変わりてんてこ舞いです。
はい、てんてこ舞い。
てんてこ舞いってどんな舞だろう?

ここ一年、どきどきして入社して、毎日どきどきして、早くどきどきしなくなればいいのにとひたすら念じてきましたが。
また一年生。

あー。私の一年なんだったんだー。

と、思わなくもない。

しかも課題がたくさん。一年生なのに課題がたくさん。

この課創設以来、ずーっと予算を達成し続けてきてるんです。
これって、実は、字面以上に大変なことなんです。

そして、それを支えてきた重鎮課長が今年定年退職。

それだけならまだしも。

この課創設以来、ずーっと一人で仕切ってきた女性が来期から産休。
あーめでたい。次の課長は彼女と言われてきたのに。

きれいで若くて賢くて産休。

そして、後釜、私、みたいな。

むーりー 私 むーりー

と、日々、思っているわけです。
店頭のスタッフとしては、居て当たり前の人たちが居なくなり、突然新入りがその代わりになろうっていうんだから、そりゃ心配だわ。

その人たちの信用、信頼を勝ち得なくてはならない。

あー。

ある人々はこれを栄転と呼ぶらしい。
とんでもないチャンスだと。
見込まれたんだと。

だっけどさー

私そんなの求めてなかったんだけどな・・
前の課でも、やりたいこと、やり残したこと、いっぱい、いっぱいあったんだけどな。
1年目で異動なんて本当に異例で。よっぽどの希望がなければできないはずなのに。

執着心が強いから、なかなか切り替えが利かない。
なんで、私なんだろうって。何で、私が大事にしてるもの取り上げるんだろうって。
会社ってやだ、って何度も何度も思って。

「もう慣れたかい?」

なんて、重役に声かけられると、気にかけられている自分の身を省みるとともに、
『私が辞めたら結構めんどくさい事になるだろうな・・・』
なんて考えてみたり。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ふう。

まあ、これだけ愚痴るだけ愚痴ったところで、別に、何てことはないのですが。
たった1ヶ月で見切りをつけたりしないし。
今の気持ちはは、これまでの1年間一生懸命やってきた仕事への感傷。
一生懸命やった結果の人事。
絶対おいしいのは今の立場。

あーあ。

春。