でれすけ旅行記

September 26 [Tue], 2006, 23:20
イタリアから帰ってきて一週間が過ぎようとしています。
あー早い。
とっても素敵な旅行だったので帰ってきたばかりのころは夢心地。
文章にするのももったいほど。
書こうと思うと写真に見入っちゃうし。

ちょっとずつだろうけど記録を残そうと思います。

イタリアには二キータとジローラモばっかり。


妹と
「ちょい不良だ、ちょい不良だ」
「ちょい不良船長だ」
「ちょい不良ジャパネット高田だ」
「ちょい不良運転手だ」
イタリアおやじを見ればなんでもちょい不良をつけて見ほれてました。
本当にあほ姉妹です。


記憶に残るおしゃれ二キータ;
ローマで見かけた60過ぎ照ると思われる女性が、きれいな色に日焼けして真っ白なコットンのノースリーブワンピースに真っ赤なベルトとバックとサンダルとアクセサリーで颯爽と歩く。

若者のおしゃれで日本は負けてない気がしたけど、あの姿には感銘。

町も素敵で立派なのだけど、ちょっと思ったのは、
イタリア人、見た目重視ね。。。ってこと。
建物とかファッションとか大切にしてるけど、がさつだし整理整頓とか苦手そうだし。ホテルの部屋はうるさいし、ロビーには蚊はいるしスイートなのにブレーカー落ちるし。
皇帝は自分好みの街を作らんがために放火をし、
国家が傾きつつあるのに壮麗な礼拝堂を作り、
神の言葉を伝えるバチカンは世界一巨大な教会を立て、
5世紀半を経て完成したドゥオモもあり、
スーパーブランドは豪華ブティックを開いたがために倒産しかけた。

イタリア通では決してない私がわかっているのは、狂わんばかりに美を愛した多くの人々があの国にいたってこと。そんな人たちの遺産に酔いしれた10日間でした。



▲古代ローマでは古い街を埋めて新しい街を建設した。掘れば掘るほど古い街が出てくる。一番下の床はシーザーも踏んだらしいです。



▲ミケランジェロデザインと伝えられるバチカン衛兵の制服。スイスからの傭兵です。

イタリア行ってくる♪

September 09 [Sat], 2006, 20:15
10日間の連勤、昨日今日のゼミ合宿に続いて明日から19日までイタリアに行ってきます。
体がダルダルです。
準備をやっとこ片付けたのでもう寝ます。

明日にはイタリアというのが実感ゼロです。
ここ最近忙しすぎて旅行に行くときの
“きゃっ旅行だわ旅行だわ♪”
というわくわく段階を感じられなかったから。
もったいないなあ。旅行ってそういうのが楽しいのに。

とりあえずフィレンツェ特集をやっていたLUCiを購入しました。
気持ちのエンジンかかってきたかな〜

10日間イタリアンなんでしょうかね。
デニムが入らなくなりそうでこわい。
けど、うちの伯母の名言を胸に楽しんできます。

「やせるのはいつでもどこでもできるけど
 旅行中の食べ物はその場でしか食べられない」

いってきま〜す。

魔窟

September 05 [Tue], 2006, 22:43
いけせいで働いてます。
東武だと思ったら西武でした。

職場は嫌いな人はとことん嫌う、百貨店一階、化粧品売り場です。
私は大好きだけどね。
においが嫌いとかいわれるけど、あの独特のにおいに私はわくわくする。
ルージュ、グロス、チーク、アイシャドウ、マスカラ、フェイスカラー、ファンデーション、フレグランス!
色のあふれるあの空間は宝石箱の中をリカちゃんサイズで歩いている気分。

それぞれのブランドがその世界観をあの空間に作っている。
一つ一つ見ていると本当に楽しい。

官能的な女優唇 「ルージュ ディオール」

映画女優を思わせる官能的なふっくらリップ。「クリスチャン・ディオール」ブランドから9月1日に発売される新口紅「ルージュ ディオール」(ROUGE DIOR)は新たなリップの世界を提案している。



今ディオールではおそろいの真っ赤なユニホームにメイクも統一。
目の覚めるような真っ赤な唇が並んでいる。

ちなみにこのメイク法もnikkei netにのっていたので、アイメイクを以下に抜粋。

・クレヨン アイライナーNo.090をまつげの間を埋めるように入れた後、付属のチップでぼかす。
・アイライナーに重ねるように、サンク クルールNo.030の左下のブラウンを、下まぶたの際と上まぶたの目じりにしっかりとのせる。その後、アイホールの上にも、同じブラウンを軽くのせる。右上のゴッドライトベージュを目頭からアイホール全体にのせ、目元を明るくし、目頭はハイライターとして特にしっかりのせる。上の左右2色を混ぜ、ハイライターとして眉下に入れる。
・マスカラはブラックで、上下のまつげに重ね、ボリュームを与える。
・眉はペンシルで整えた後、ディオールショウ ブロウ マスカラNo.541で輝きを与える。


・・・何のこっちゃねん。
と、思うけど、ちゃんと読むとわかるよ。
あの売り場の人たち、本当にこれやってるんだからすごい。
もれなく美人な上にお化粧うまいし、男性で百貨店のメイク売り場の合コンに誘われたら絶対行ったほうがいい。

ま、元からその顔名わけではないので、裏があるわけで。
休憩スペースには広々としたビューティールーム。
お昼休憩時には鏡の前に女性たちが群がる。
そこはまさに戦場。

お化粧道具バックも超巨大。
お化粧直しもお仕事なんです。看板なんですから。

完璧なまつげの角度、完璧な唇、完璧な眉、完璧な輪郭。
その作業を見たのなら男性ならきっと恐れをなす。
女性ならばきっと参戦する。
仕事だから、というのもあるけれども、プライベートでもきっとそう。
表向きの横一線のスタートというのを重んじるから。
もちろんその裏にはどう出し抜くか、という思惑もあるが。

同じスペースにある食堂のいたるところに「化粧直し禁止」という札があるのは、そんな戦いを横目に、真の休憩はありえないからね。