遠足のしおり

April 30 [Sun], 2006, 23:41
遠足遠足うれしいな♪

遠足っていい響きですね。
昨日群馬に行ってきました。

いつもは車だけど、今回は東武伊勢崎線という一発でPC変換できることにちょっとびっくりした初めて聞く名前の電車。
ぶらり途中下車の旅を地でいく様な小旅行だったけど、それはそれでのんびりできて楽しかった。
どこか行かなくちゃとか、時間がない、とか考えながら団体行動してるのは結構疲れちゃったりするし。
(こんなこと書くと本当に協調性ない子みたい。。。)
気の置けない仲間とのーんびりできて楽しかった。

唯一行くとわかっていた公園は、芝桜が満開でとってもきれい。
現実感がないきれいさ。蜷川美花の写真のような彩色。
木陰から白雪姫と七人の小人が出てきても驚きはするけれども写メとるぐらいできっと納得する。
夢のようでした。
お花っていいよね。
今の季節は藤が好き。
あんなに色っぽい花ってないと思う。
満開の藤棚の下に居ると別世界みたいに静かな気持ちになる。
トルコで初めて入ったモスクの中のよう。
光の漏れ具合が似ているのかな。
今回もとてもきれいな藤があったけど、蜂がお仕事にいらしていて、とても藤棚の下に行く勇気はありません。
蜂さんにお譲りしました。

足利学校に行った帰りに寄ったクレープ屋さんで会った姉妹が本当にかわいかったな。
保育園の年少さんと年長さんくらいかな。
妹がペコちゃんみたいな髪型で顔もそんな感じ。
二人でじゃれあってて、自分が小さいころを思い出しました。

帰りの電車でおじさんに似顔絵を描いてもらうことに。
電車の中で女の子に声かけては書いてあげてるらしい。
けどね、私の顔って似顔絵泣かせなの。
昔から誰が書いても似ないの。
案の定おじさんも失敗を認め、悔しそうな顔&よく聞き取れないいいわけ。
こんな顔で申し訳ない、という気分になり、
何でこんなことで私が申し訳ない、という気持ちにならなくちゃならんのだと理不尽な気持ちになりつつもあやまりました。

夜は上野でジンギスカン。
ラムチョップがおいしかったあ。
ちょっと飲みすぎました。

明日もコンクリートジャングルでの冒険が待っているけれども、遠足で少し充電できたからまた頑張れそうです。
また行きたいな。お願いします。

旅行願望

April 24 [Mon], 2006, 23:16
山手線止まっててびっくりした!
困るねえ。こんなとき地下鉄のある駅に住んでて本当によかったな、って思います。
ありがとう。わが街。

今とっても久しぶりにあいのり見てます。
ほんんっとうに久しぶりだ。かとうまさひこじゃなくてウエンツになってる。
へえ。
確かに似たような。
なんか変な告白してます。

いいなあ、海外。
どこ行きたいかなあ。
ベトナムとか。
南の島に行きたい。今日見た(買ってはいない)真っ赤なワンピースでバカンスしたい。
飛行機はそんなに好きではないけれども飛び立ちたい。

けど祖母がアラスカだかカナダだか南アだかに連れて行ってくれるらしいからそれまでは我慢しよう。
カナダよりはアフリカに行きたいなあ。
自分じゃいけないし。
けど何しにいくんだろう。
アパルトヘイトしかぱっと思い浮かばなかった、、、
きっと自然がきれいなのよね。
夏休みに行ったら寒いのかな。

けどその旅行とは別に、どこか行きたいなあ。
はっちゃけても大丈夫な国。
はやくバイトしてお金ためたいなあ。。。

備忘

April 23 [Sun], 2006, 23:40
明日は24度らしいです。
何着ようかな。

悩み事がひとつ消えたので、なんだか変な感じです。
今まで轟音が鳴り響いていたのが急に静まったような
心が部屋のようなら、引越しで家具がまったくなくなってしまったような。
急に天井が高くなったような。
明るいけど空しい
いつもと同じ部屋なのにだだっ広く感じる。
思わず大の字で寝転びたくなる。
今までそんなことしようとも思わなかったのに。

全く意味の分からない文で読んでる人はごめんなさい。

ただ、自分の不思議な感覚を忘れたくなくて。
こんなにあのことは私の心を占めていたのかと。
こんなに辛かったんだあと。
こんなに。
へえ。
なんだか感心してしまう。

あまりの空間の広さに、今まで私が考えてきた事ってこんなにもシンプルなことだったかしらと驚く。
逆に言えば今までこんなに一つの悩みでエネルギーを使ってきたのかな、って。

今は、自分の心の中に何があるのか、静かに見つめられる。
もう動かされない自分自身の価値観。
自分の思い。

うん。いける。大丈夫。頑張ろう。頑張ってる人がいるから。

ジェンガ

April 20 [Thu], 2006, 0:31
人生にはジェンガのような瞬間があります。

確実に、一本一本抜いて、不安定になるタワー。
その一本一本が、ひとつの結果に結びついてる。

だけど。

なんでか、なんでか、倒れる前の最後の一本が、一番重要で、どうしようもない失敗をした気持ちになるのは、何でなんだろう。

倒壊という結論のショックが大きすぎるのか。
ちゃんとそこに立っていたものがこんなに簡単になくなってしまうことに唖然としてしまう。

けど、ちゃんと一本ずつ、抜いていった結果なんです。
人間はちょっとだけ器用だから、いいことしか覚えてないの。
あの一本を抜かなければよかった、とか、そんなことばっかり考えてしまう。
そうすればもっとほかの形になったかもしれない、とか、そんなことばっかり。

けど、ジェンガは、崩れるようにできてたの。
ちゃんとそのことはわかっていたのに。

やっぱり、唖然と、呆然と、してしまう。
確かにそこにあったはずなのに。
その感触は残ってるのに。

今日、私のジェンガが崩壊しました。
また、新しいのを立てなくちゃならない。

ワンピース

April 16 [Sun], 2006, 23:13
「いまあい」を見て泣いたところです。
彼らが今本当の夫婦かと思うと、彼にはあんまりおしゃれな格好はしてほしくない。
こんな風に思われるから芸能人って大変ね。

今日は妹のサークルのコンサートで、母が昨日から泊りがけで見に来ました。
昨日は3人でお買い物に行って、びっくりするような、いや、びっくりされるようなワンピースを購入。
私のように背が低いと、なかなかお洋服が似合わない。
和服が似合う体型なので。
ちなみに和服というのは、手足の短い日本人が、ミロのヴィーナスのような黄金比で着こなせる衣装だそうだ。
今回のワンピースはとっても体型に合っていたので、私にしては思い切ったデザインだけど購入。

どこに着ていこう。

浅草再び

April 14 [Fri], 2006, 1:56
以前会社説明会帰りに浅草寺でおみくじをひいたら凶だった、というはなしを書きました。

今日その会社の面接で、その話題に。
面接官いわく、
「あそこは今日が出るので有名なんだよ。吉なんか出たら大騒ぎだよ」
といわれました。割と普通のことらしい。

で、面接のグループで行ってみようということに。

そしたら!

大吉引いたの〜〜〜〜

やっぱりうれしい。
面接官の振りがあった分さらにうれしい。
何年ぶりだろう。
何でもうまくいくらしい。

けど大吉を引いたからといっていい気になると凶に転じるとのことだったので、慎ましく受け止めたいと思います。
さすが見抜いてるわね浅草寺。

グループ中5人くらい凶引いてて、あとは半吉、吉が一人、大吉は私を含めて2人。
5人凶ってやっぱり多いよね。

☆☆doki☆doki☆女子寮生活☆☆

April 13 [Thu], 2006, 0:52
OG訪問先をお世話してくださった先生に御礼に行った。
するとそのOGが私が以前住んでいた寮の鬼委員長だったことが判明。
思わず『怖い!』と叫んでしまった。

約一年半の寮生活は、確実に私にトラウマを残している。
寮則違反があるとどこかからか密告されて罰則があるような治安維持法在りし日のような状況だった。

寮は寮生委員会がまとめていて、その委員がマジ怖い。
委員になる前は普通なのに、なると怖い。
権力が彼女たちを変えるのか。そもそも権力なんてものはないのになあ。
けど、そこにあると信じることで権力は生まれるから、確かにそこにあったものなのだろう。

学内にある3寮は新入生入寮後1週間は仕込み期間がある。
この期間新入生はそれはそれは委員は恐ろしく威圧的に寮生活を仕込まれる。
仕込み期間後は『そんなに怖いことないのだよ』と落ちがあるのが2寮。
その落ちがないままなのが1寮。
この残りの寮が、私の住んでいたところ。
いや、そこ落とすところだろう、という突っ込みは、そこにはなかった。

私の大学には精神保健の先生がスクールカウンセラーとして学生の相談に乗ってくれる。
私の友達も行っていて、不用意なことに机に置きっぱなしになっていた名簿をちら見すると、住所欄にK寮(私の住んでいたところ)がかなり並んでいたらしい。

リアルに病気。
私も後輩に『ストレスで生理が止まりました』ってそうだんされたことがある。

そういうことで自分を追い詰めたりしない私がなんだかんだ理由つけて退寮するときの委員は本当に怖かった。
何が怖いって、顔が怖い。笑 
どうしたらそんなに怖い顔できるんだろう、というくらい怖い。
人の悪口とかずーっと言っていて、そのことばっかり考えているとああいう顔になるのだろうと思う。
険のある顔ってやつだ。
気をつけないとね。心は見事に顔に出る。

まだ在寮中の友達曰く、当時の委員は4年にもなってまだ新入生いびりなどしてるらしい。
こりないなあ。
二十歳過ぎていい年なのに。
今そんななんらきっと一生そんななんだろうな。

世の中はそれほどいい人ばかりではないらしい。
それでも生きていかなくちゃならない。
今自分の周りにいるいい人たちにめぐり会えたことは奇跡に近くて、感謝して大切にしなくちゃならない。

それが、寮で学んだこと。

マーブル模様

April 10 [Mon], 2006, 21:21
学務課はもっとサービス業としての意識を持ってほしい。
あれはひどい。

と、昨日までは思っていたけれども。

今日、あれは性格の悪さから来るものだったのだなあ、と実感。
なら納得。
仕方ないね、病気みたいなものだろうから。

以上、憂さ晴らし

今日は銀座で面接。
終了後に某先輩ブログにて紹介のお店に行ってみました。
ちょっと遅い時間だったけど暖簾がかかってるからけ入ろうとしたら、自動ドアに『故障中』の文字が。
自動ドアが故障中なら開けようがない。
そもそもお店に人がいないみたいだったから、もう閉店だったと思うけど、なんとなくドアに阻まれた気がしました。。
次回再挑戦。。。

この先すっきりした天気にならないみたいで悲しいです。
冬が終わって重いコート着ずに過ごせると思ったら、天気予報で『たけのこ梅雨に突入です』とのこと。
そんな梅雨はじめて聞いたよ。
革靴履いて雨は鬱です
だからってピンクのブーツ履いていけないしなあ。。

おでん

April 09 [Sun], 2006, 22:46
さっき“餃子〜餃子〜”
ってさおだけやのリズムで聞こえてきた。

初めて聞いたから、「餃子かよ」と一人で突っ込んでしまった。
卵と一緒に焼いてもおいしいらしい。
へえ。
餃子も車で売る時代。

こんな時間なのにおでんを作ってます。
夕食もとったのでおなかがすいているわけではなく、ただ作りたくなって。

卵。明日が賞味期限なので使い切らないといけない、けど食べきれない。
作る理由といえばこれが理由。

糸こんにゃくがあったので結びこんにゃくにしようとしたら超巨大になってしまいました。
まいいや。

コンビニのおでんにはロールキャベツ入っているし大丈夫かなあと。
今回初の試みとして、春キャベツが入ってます。
芯までやわらかくなったらおいしく食べられるはずです。

うちにある土鍋に対して欲張っていっぱい具を入れてしまったので吹きこぼれないかと冷や冷やして作ってますが、今のところ大丈夫みたいです。

後は眠るとき火を止めるのを忘れなければ完璧。
おうちが燃えたらどうしようもないので。

仰げば尊し

April 07 [Fri], 2006, 23:42
心の余裕がほしい。
一番これが足りない。

今ばかりじゃなくて、結局私は自分のことしか見れないと反省。
忙しくて、自分しかかまってやれないなんて言い訳でしかない。
忙しいのも疲れてるのも時間ないのも私だけじゃないのに。
自分をヒロインにして快感を感じている傲慢さ。
泣いて叫んで、もう疲れた、と母を呼ぶとき、相手の疲れを感じながらも無視して自分を通そうとする子供の有様だ。
母の最後の力を自分のものにしてまでも、抱っこしてほしかった。

何より、こんな見てる人にとって不快でしかない文章を見せちゃう自分の自分勝手。
本当にごめんなさい。
でも見せちゃいます。
私は21年間こんなにも周りに助けられて甘えてきた人間だから。
痛いっていったら、大丈夫?って聞いてくれる優しい人たちに囲まれている幸せ。
ありがとうございます。
皆様ご恩は忘れません。忘れないだけかもしれないけど。