音の快感

October 30 [Sun], 2005, 23:50
久しぶりに妹のピアノを聴いた。

うちの妹は「このままピアノがないんじゃ死んじゃう」と、金欠なのに電子ピアノを買ってしまうほどピアノ狂い。
高校のときは例えではなく、寝食を忘れてピアノを弾いていた。
私はどうしても相性が合わなくて小学校のときにやめてしまった。
ピアノの練習は私にとって苦痛でしかなかったのでそのことに後悔はないけれども、妹の姿をみていると、少しうらやましい。

思い返すと、私は楽器の演奏がとっても苦手だった。
小学校の音楽の授業でも、リコーダーや金管楽器のような音を出すまで面倒な楽器よりも、叩いてすぐ音が出る木琴とかドラム打楽器とかの方が好きだった。
音の出しやすさからいったらピアノはぴか一だけど目指すべき天井が高すぎ。
ピアノの先生も私があんまり演奏が好きではないことを知っていたのだろう。
なぜか作詞とかさせられてた。

演奏は嫌いだけれども聴くのは好き。
ピアノってなんて晴れやかな音がするのだろう。
木を叩いている音にはとても聞こえない。
サントリーの説明会に行ったとき、なぜかサントリーホールで金管5重奏を聞かせてもらった。
あの時もきれいな音、とか感じる前に、音に触れて、何か自分の中を突き抜けて行ったような「快感」を感じた気がする。
いい音楽はとっても気持ちがいい。

今NHKでフジコ・ヘミングが演奏している。
いつもクラシックは教育テレビなのになんでだろう。
彼女の演奏は独特で完璧さを求めるものではないけれども、それ以上に彼女のキャラクターを含めて訴えるものがある。
あ、番組によると、フジコは「余計なお金は要らない」と、コンサートの収益等をユニセフなどに寄付しているそうだ。
私はどっちかと言うと楽譜に忠実な演奏が好きだけれどもちょっとフジコがすきになった。

松島奈々子、竹内結子、(矢田亜希子)と、私

October 29 [Sat], 2005, 23:20
コンビニの雑誌コーナーを見て思ったこと。

今回の女性誌の表紙が、松島奈々子、竹内結子。

何が共通点かって、ママが表紙を飾ってる。
きれいねえ。
(そういえば矢田亜希子が妊娠したって聞いたけど本当かな。。。)

二人が母親であることを売りにしていないってこともあるだろうけれど、母親であることが、女性の女性イメージにとってマイナスではなくなってきたと言うことなのかな。
今までだったら妊娠出産したら、マダム系の雑誌に移ることが多かった気がする。
けど今回の二人の雑誌は20代前半向きだし、同じく出産した土屋アンナも同じような雑誌に出てる。

昔、何かで聞いたか読んだかしたことには、不景気だと人は結婚したがり、好景気だとその逆になるらしい。収入とか、将来のこととか考えるとまあ当然といったら当然。

一人より二人のほうが生活は楽になるし、お金があったら一人の気楽さを捨てるのは惜しいだろうし。

で、今、親になること、つまり家族を増やすことがプラスに捉えられてるしたら、これが「景気回復に期待感」というものの発露に当たるのかしら。
将来的にどうにかなる目途がついた、というかな。

子供ってお金かかるもんなあ。

自分で想像したとき、子供は絶対欲しいし。
あんまり年取ったお母さんになるのは嫌。
お仕事もある程度はやりたい。
けど、私の子育てイメージだと、母親がそうだったせいか、専業主婦が強い。
子供には「お帰りなさい」って言ってあげたい。

つまりぃ…

福利厚生がしっかりした企業に入りましょう??
(by3年次演習)

夫婦の協力が必要??
(by労働経済学)
あー、けど私、外で働いてる男の人が好きなんだよなあ。。。

むーん。
まず職についてから考えよう。
人生のステップを登っていく女性が、きれいで憧れられてることは、きっととってもいいことだ。

我が家は3人娘で父親の脛しゃぶってます。
ひろみちお兄さんの保険のCMを見ていると、本当に心が痛くなる。ああ、感謝。

マリーンズさんのおかげで!!

October 27 [Thu], 2005, 0:33
ロッテ優勝:アイスや菓子、エビバーガーの割引セール

わーい、お菓子半額〜
ロッテユニホームのコアラのマーチで眉毛コアラがいたらすごく縁起がよさそう。
ていうかロッテリアがロッテのだって知らなかった…
言われてみれば、みたいな。

ロッテ優勝:九回裏は総立ち、大歓声 東京・新宿の本社

この記事を呼んで、球団を持ってる会社っていいなあなんて思ってしまった。
はい、私はお祭り女。

試合中継の点数表示を見て
Mって何だろう」
なんて思った私がロッテ優勝の恩恵に浴するのも申し訳ない話なのですがね。
マリーンズなのね。

ちゃんと寝たいよう

October 26 [Wed], 2005, 0:06
最近ちゃんと眠れない

総合睡眠時間はとっているのだけれども、体は疲れてるのに寝付けなかったり、出先で無性に眠くなったり、部屋に帰ってきたらしばらく意識がなくて、気がついたら布団で眠ってたり…

だからかすごく疲れる。

解決策としては

寝ない。

やらなくちゃならないこといっぱいあるし。時間はいくらあっても足りないし。
ただ次の日の影響を考えるとあんまりとりたくない手段。

テレビをつける。

小さい音でテレビをつけてると寝つきがよかったのだけれども、最近は効果がない。

羊が一匹 羊が二匹 

これって英語で言うから効果があるらしいよね。

酒をあおる

家にあるのはお菓子用のブランデーのみ。
けど、小さじ一つ飲むと、体がくかぁっとなって、なんとなく眠くなる、気がする。

まだ起きてそうな人に電話する

当てが外れると大変迷惑。ごめんね。

小さいときは、こんなじゃなかったのになあ。
寝室を暗くして母が
すーちゃん夜ですよ〜おやすみ〜
って言えば昼間でもそれを信じて眠ってしまうような子だったのに。
純粋さを失ってしまったのかしら〜

このごろつれづれ

October 25 [Tue], 2005, 1:41
吉祥寺のタリーズの窓際に座っていたら、楳図かずおが普通に歩いていた。
あの赤白のボーダーの服で出没するらしいとの噂を昨日聞いたばっかりだったので私にとってはタイムリー。
その時は夜風が冷えたせいか、真っ赤なトレーナーを着ていました。
なにより、一目見てそれほどしっかり覚えているわけではないのに見つけられたことがびっくり。

友達はこの前吉祥寺のカフェでくどかんに会ったらしい。
「お休みなんですか?」
と話しかけたところ、
「11月の13日までお休みなんですよ」
とのこと。
遊びに誘うならチャンス。

ロッテって強いんだあ。
知らなかった。
余り日本シリーズは興味はないけれども、テレビを見ていて思ったのは、ロッテファンの歌のうまさ。
阪神ファンの毛羽立った感じの声とは違い、一つにまとまったいい声だと思いました。

だけど…ロッテ応援団に「ジャンプ」自粛要請
もしかしたらジャンプでリズムを取ってるのかなと思っていたのだけれど、歌に影響はないかしら。
というわけで、甲子園に注目です。

お写真とりまーした

October 23 [Sun], 2005, 23:56
写真館に就活用の写真撮影に行って参りました。

何をやるのも形から

と言うのが父の教えでもあるので(汗)
は餅屋、きっちりプロにお願いして来ました。

人気のスタジオで、人が行ったり来たり。
今のシーズンはなかなか予約も取れないらしい。
稼ぎ時なのね。予約したのに随分待たされました。

けどまったく、暇をもてあますことはありませんでした。
カメラマンサンにしても、ヘアメイクさんにしても、プロ意識を持って仕事をしている人を見るのはとても楽しい
職人の手っていいですよね。
無駄なく、的確な動作をしていく。
ヘアメイクのお兄さんは、意味不明な言葉を振りまきながらも、何色もファンデーションを使って肌を作っていく。
やっぱり素人のメイクとは違うなあと見ほれてしまいました

職人と言えば、私のお気に入りの職人(なんだそりゃ)は西荻窪の靴職人!
駅前の、一坪くらいの寂れたお店に彼はいます。

靴のヒールが壊れるとよく直してもらうのですが、その直す手つきには見ているだけで快感を感じるような滑らかさ。

靴型に靴をはめてヒール靴裏を抜く。
靴のサイズに合わせて新しい靴裏をヒールにあてがう。
たーんたーんとまっすぐかかとに鋲を打ち込んで靴裏を固定。
かかとの微調整
「いっちょ上がり」(と言う声がどこかから聞こえる気がする。)

彼に直してもらうとヒールが大分長持ちします。
他の業者に頼むのと比べて半額くらいの価格であるにもかかわらず、です。

あの滑らかな手つきになるまで何十年も同じ仕事をしてきたであろう寡黙な彼の背中は、見ていて清清しい。

あの店構えと彼の年齢のことを考えるといつつぶれてもおかしくないあのお店。
一ファンとして、できるだけ続いていってくれることを願っています。

昔の夢

October 17 [Mon], 2005, 22:20
テレビのチカラと言う番組の、生放送中の視聴者からの電話受付のお姉さんその32(位かな。50人います)をやってきました。

スタジオ内はなぜか恐ろしいほどの冷房で、本番中に具合が悪くなって途中で降りちゃいました。

私は倒れたりする直前、視界の隅からTVの砂嵐の様なものが迫ってきて、見えるところが少なくなっていく。
そして、視界が0の状態になると…倒れてる。

今回も砂嵐がじわじわと進行してきて、このままじゃやばいなあと思ってスタッフの人に運んでもらいました。
だから途中から私は消えてます。
スタッフの方はADなりたてのようで、とっても一生懸命気遣ってくれました。
とっても申し訳なかったけれども、謝礼の3500円はしっかりもらって帰りました。

それにしても、スタジオにいる女性の少ないこと!
聞いていた通り、この業界はまだまだ男社会のよう。
朝日新聞にフジテレビの女性プロデューサーの話が載っていた。
彼女はテレビ局でも女は働けると言うことを証明して、後輩の道を作るためにも必死で働き、
ついには過酷な環境での撮影のために生理が止まったと言う。

今の彼女は責任ある地位にも着いて、とても素敵な方だと思うけれども、私がしたいこととはちょっと違う。

昔は、彼女のような人が憧れで、何でもいいから制作に関わりたかった。
高校時代、部活で番組を作っていて、
その時の一つのものをみんなで作り上げていく感覚が忘れられなかったから。
あの、刺激が発想を呼び、それをさらに突き詰めて行く喜び作品を作るときの研ぎ澄まされた感覚!

今は、作品を、今日の話で言ったら番組を作る人になりたいとは思わない。
制作の現場に立ち会っても、私ができることには限りがある。

私は体が壊れるほど仕事にのめりこむことはできないし、それを求める職場は御免だ。
たとえそれほど働いても、芽が出る気がしない。
だったら他に、もっとやりたいことがある

何かを生み出す人がいるのなら、
私はそれを生かす人になりたい。そういうことに頭と体と時間を使いたい。

種があるならそれを育てたい。

その種に惚れ抜いて、水を上げて、収穫があるならさらにそれをふやしたい。最近そう思うようになった。

そんなこんなで、私は高校のときの夢とおさらばした

狐目の女に気を付けろ!!

October 14 [Fri], 2005, 17:22
今日はあったかぽかぽかです。

こんな日は、眠くなります。
曇りの日は曇りの日で「薄暗いから〜」と眠くなるのですが…

眠いはずなのに〜…

普通眠いと、人は狸っぽくなりますよね?
目がたれて、とろーんとしてくる。

ところが今日の私の顔を見てびっくり。
目が釣りあがってる〜お狐様がついてるみたい…コーン。

私は、精神的によくない状態だと、目がだんだん釣りあがってきます。自分でも気づかないうちに。
えー、、私何かしたかしら。
季節の変わり目は注意点だけど、それにしても。

振り返ってみると…

やるべきことはあって、やりたいと思ってることもあって、やって欲しいこともあって、
けど、その全てことに待った が出されている状態。

今すぐやらなくてもいいかな、と全てを先延ばしにして、しばしの暇ぶりっ子中でした。

やんなくちゃってわかってるんだけどお。。やりたくないのお。。だってさあ。。。
みたいな、だめ子ちゃんモードでしたねえ。

この「やんなくちゃ」をやらないままにしておくことは、自分自身にとってもよろしくない。らしい。
それが、狐目に出てきたみたいです。

さあ、ここで深呼吸。
できることから一つ一つ、片付けていかなくちゃ。

ウサギ事件に疑問ぼん。

October 11 [Tue], 2005, 0:10
ウサギは匹じゃなくて羽だよな、などという心の狭い人の突込みを入れつつこの記事を読んだ。

小学校や保育園でウサギ35匹など殺される…愛知

殺されたのは鳥類とウサギなんだけど、この場合、別の生き物だから混乱しないように羽なのだろうか。
確かに、もし、この記事の見出しが「羽」で書かれていたら神経質な記者を私は想像する。

ウサギたちはまあかわいそうだとして、31羽は飼い過ぎだろう。
どんなところで飼育していたのだろう?ウサギ31羽なんて光景、見たことない。
私が小学生のときは学校で常時4羽くらい飼っていたけれども、入れ替わりが激しかった(寿命とか)。
ウサギ小屋は自分たちで掃除したし、世話は結構大変だった。

その約8倍。

子供には世話は無理じゃないか?
じゃあ大人がやってたのか?
それじゃウサギ飼う意味ないんじゃないの?
他に飼う理由があったのかしら?
それだけ数がいれば、こんな事件がなくても、飼育係がお墓を体育館の裏とかに作るのが大変だろうに。場所あったのかしら?

変なこと考えちゃった。
まあいいや、おやすみなさい。

照英結婚がはずかしい

October 10 [Mon], 2005, 0:26
照英が結婚しました。

私はこの人まったく興味ないけど、この人たちの結婚には興味があります。

この二人の出会いのきっかけは4年前の福島のテレビ局の番組。これを私は福島で見ていたのです。
渓流に幻の魚を釣りに行くような話だった気がしますが…

他人の出会いの現場を見たかんじで…なんか…はずかしい

中村獅童と竹内結子の時感じた恥ずかしさの32倍くらい恥ずかしい
照英と福島のアナウンサーというぱっとしない感じだから余計に恥ずかしい

何だろう、この恥ずかしさ
言葉じゃ説明できないから、だれか説明してください。

しかも結婚記念日が10月10日体育の日というのがいかにも照英っぽくて…恥ずかしい