住宅など2棟全焼、80代夫婦?死亡…山形(読売新聞)

April 27 [Tue], 2010, 14:12
 24日午後7時頃、山形県飯豊町黒沢の無職横沢繁次さん(86)方から出火、木造2階住宅と作業小屋の計2棟を全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。

 横沢さんと妻チヨさん(83)の行方がわからなくなっている。

 長井署などによると、横沢さんは3人暮らしで、次男の謙次さん(56)は近くで農作業をしていて無事だった。

 同署で遺体の身元確認を急ぐとともに、火事の原因を調べている。

<OBサミット>広島で開幕「核兵器なき世界」議題に(毎日新聞)
「結果的に口止め料」2・7億円報酬で富士通の野副元社長が会見(産経新聞)
雑記帳 「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
普天間移設 沖縄の意思は「県外」 県民大会に9万人(毎日新聞)
<NARUTO>1億部突破 単行本第51巻で(毎日新聞)

【新・関西笑談】さらば火の玉流(1)将棋棋士九段 有吉道夫さん(産経新聞)

April 24 [Sat], 2010, 0:52
 ■引退するときは野垂れ死に覚悟 がけっぷち勝利は神様の贈りもの。

 現役最年長の将棋棋士、有吉道夫九段(74)がプロ生活に終止符を打つことになった。名人への挑戦権を争う順位戦のC級2組で、成績下位者が対象の降級点を3回付けられたため、陥落が決定。年齢規定により引退を余儀なくされた。ところが、昨年度内に組み合わせが済んでいたNHK杯などに勝利したため、4月以降も負けるまで指せることに。投了はもう少し先だ。(聞き手 伊藤洋一)

 −−55年の棋士人生を振り返ってください

 有吉 55年もやったのか、との感慨はあります。仕事をする時間とすれば長いですね。好きな将棋が指せなくなるわけだから当然、寂しさはありますが、物事には始まりがあれば終わりもある。悔いが残らなかったのはよかったです。

 −−いい時期ばかりではなかった

 有吉 落差が激しい職業。100点か0点で、ほどほどがない。共同作業なら分担もできますが、審判すらいない孤独な仕事。それだけに、勝てば一緒に喜び、負ければ励ましてくれたファンの方に、感謝でいっぱいです。

 −−引退が決まった2月2日の順位戦の終局後、「最近は将棋に衰えを感じていた」と話されていました

 有吉 外から見たらわからないが、将棋は体力が必要。朝10時の開始時は元気でも、夕食を済ませるころにはガタッとくる。肉体的なのか精神面も関係していたのか、60歳過ぎてからポカが多くなってきました。

 −−一昨年度も追い込まれながら、最終局で勝って引退を免れています

 有吉 昇級がかかった22歳(高崎一生四段=当時)と、降格寸前の73歳では、冷静に考えれば私の勝ち目は薄い。だから前日は家内(美智子夫人)に、「明日は私の葬式してくるからな」と告げたんです。怒られましたがね。「勝負の前に縁起の悪いこと言いなさんな」と。

 −−実際は快勝

 有吉 みっともなくバタバタしたら棋譜に残る。飛ぶ鳥あとを濁さずで、冷静にやれた。記者が大勢来られる中での対局で、昇級がかかった相手が気の毒でした。

 −−今回も報道陣が詰めかけました

 有吉 引退するときは野垂れ死にも覚悟していました。全盛期に比べ衰え、C級2組から陥落し軽蔑(けいべつ)されてもおかしくないのに報道してもらえた。名誉なことです。

 −−そこで引退かと思いきや、1日で3局勝たなくてはいけないNHK杯の予選を通過。驚きました

 有吉 神様の贈りものですね。持ち時間が短い(予選は各20分が切れたら1手30秒未満)ので体力的には1日3局も指せる。でも、1つ勝ってホッとした後すぐに集中、弛緩(しかん)してまた集中−は、精神的に拷問に近い。5年ぶりの本戦出場で喜んでいたはずなのに、帰宅したら家内に、「死んだような表情」と言われたほど疲れていたようです。

 −−将棋連盟は引退日の解釈を、従来の「3月31日」から「最終対局日」に変更しました

 有吉 他の棋戦と違い、NHK杯は1回戦から放映され目立ちます。「引退棋士がなぜ年度が替わっても指してるんだ」って指摘されたら格好悪いから(変更したの)じゃないですか。

 −−棋王戦も残っています。勝ち進んで羽生善治NHK杯選手権者、久保利明棋王と対局する可能性も

 有吉 そうなったらどの新聞も1面に載せてくれるでしょう(笑)。

                   ◇

【プロフィル】有吉道夫

 ありよし・みちお 昭和10年、岡山県備前市生まれ、74歳。故大山康晴十五世名人門下。昭和30年にプロ棋士(四段)になり、47年度後期の第21期棋聖位を獲得。54年に九段。タイトル戦登場は9回。平成13年には史上6人目の公式戦1千勝を達成。19日現在、1087勝1000敗で対局数は加藤一二三九段(2333局)に次ぎ現役2位。激しく攻める棋風から「火の玉流」の異名をもつ。倉敷市大山名人記念館が開館した5年から19年まで、館長を務めた(現在は名誉館長)。

6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)
父殺害後?長男が衝突死 大阪・枚方、バス乗客ら5人けが(産経新聞)
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」(産経新聞)
<火山噴火>欧州ツアーのキャンセル続出…代理店対応苦慮(毎日新聞)
<有料老人ホーム>「頭取り」廃止へ 静岡の運営会社(毎日新聞)

毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月にも協議へ(読売新聞)

April 22 [Thu], 2010, 13:13
 三重県名張市で1961年に起きた「名張毒ぶどう酒事件」で、名古屋高裁は19日、奥西勝死刑囚(84)の再審請求について、審理の差し戻しを決めた最高裁から事件記録を受理し、同高裁刑事2部(下山保男裁判長)で差し戻し審が始まったことを明らかにした。

 同高裁は、検察、弁護側との協議を5月中にも開く意向で、既に打診していることもわかった。

高校2階、手すりと共に落ち生徒2人重軽傷(読売新聞)
<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
電車内で女子学生の体触る 税務署員を現行犯逮捕(産経新聞)
高速新料金法案に「異唱えぬ」=川内衆院国交委員長が首相に(時事通信)

大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)

April 20 [Tue], 2010, 20:41
 18日午前7時ごろ、大阪府池田市荘園、日本メノナイト・ブレザレン教団石橋キリスト教会で、1階玄関の窓ガラス1枚が割れ、近くに消火器1本が落ちているのを牧師(45)が発見、110番した。

 また同日午前6時55分ごろには、神戸市中央区中島通の教会、神戸ルーテル聖書学院で、玄関の窓ガラスが割られ、消火器1本と消火剤が散乱しているのを男性牧師(63)が見つけた。

 大阪、兵庫両府県警は何者かが消化器を投げ込んだとみて、器物損壊容疑で捜査。大阪や兵庫、京都のキリスト教会では同様の被害が相次いでおり、関連を調べる。調べでは、両教会とも牧師が帰宅した際には異常はなかったという。

【関連記事】
また教会に消火器投げ込み 神戸市中央区の教会
同僚の車のタイヤパンクさせる 容疑の男逮捕
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
交際相手殴り、車壊す大暴れ 容疑の男を逮捕 栃木
兵庫でもチューリップ受難 河川敷の500本被害
外国人地方参政権問題に一石

大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か−容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)
子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)
巨大日本庭園7月完成 トルコに築く友好の心(産経新聞)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)
熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)

学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原(医療介護CBニュース)

April 14 [Wed], 2010, 11:33
 山梨県上野原市の市立病院建て替えをめぐり、江口英雄市長と地元の任意団体「上野原医師会」(渡部一雄会長)が対立し、4月1日から市内の小中学校などで学校医が不在となっている問題で、江口市長と渡部会長は7日夜、医師会側が市長に抗議文を提出した2月22日以降初めて市内で会談した。医師会関係者によると、医師会側は渡部会長と川原哲夫前会長、市長側は江口市長と市教育委員会の大神田光司教育長が出席。江口市長は「学校医の不在は自分に責任がある」としたものの、医師会への協力要請や今後の方針の説明はなかったという。

 会談から一夜明けた8日午前、渡部会長と川原前会長は報道関係者の取材に応じ、渡部会長は「市長は弁明に終始していた。事態の問題認識が欠けている。がっかりした」と感想を語った。渡部会長は会談で市長に要求書を手渡し、学校医の委嘱を受け入れる条件として、医師会側の要望に沿った形で市民に声明を出すことや、16日に開かれる上野原医師会の定例会で会員に謝罪することなどを求めたという。
 一方、13日に予定されている中学校での集団予防接種については、医師会として協力する考えを市長に伝えた。

 江口市長はキャリアブレインなどの取材に対し、市総務課を通じて「医師会と協議中なので、コメントは差し控えたい」としている。


【関連記事】
医師会と市長の対立が泥沼化、学校医不在にー山梨・上野原
山梨・上野原市立病院の建て替えめぐり紛糾
「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明
“脱キャビネット選挙”の執行部誕生、問われるかじ取り
診療所医師の労働も過重

<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)
人気ありすぎて… 築地市場のマグロ競り見学が中止 5月9日まで(産経新聞)
<窃盗>下着盗んだ疑いで甲府市職員逮捕(毎日新聞)
<普天間移設>徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)
放射線科医の地位向上に「診療報酬増を」(医療介護CBニュース)

上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑―鳥取県警(時事通信)

April 12 [Mon], 2010, 15:51
 鳥取県の男性連続不審死事件で起訴された元スナック従業員上田美由紀容疑者(36)について、県警捜査1課は12日、中古車と農機具計約210万円相当をだまし取ったとして、詐欺容疑で、同居の男(46)=詐欺などの罪で起訴=とともに再逮捕した。同課によると、上田容疑者は否認し、男は認めているという。
 上田容疑者の逮捕は8回目。強盗殺人や窃盗罪を含め、立件された被害額は1200万円に上った。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円
刑事司法で連携強化=国境越える犯罪急増
強盗未遂容疑男が被害者演じる=軽犯罪法違反でも送検へ

名張毒ぶどう酒事件 84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
<日本航空>整備士が無届け修理 03年の整備記録ない機体(毎日新聞)
両陛下、須崎入り(時事通信)
ペット投棄の元町議、飼い主に別の骨渡す(読売新聞)
年収の3分の1以上、私大新入生費用の割合、過去最高(産経新聞)

<チリ大地震>原発5地点で津波50センチ超す…保安院(毎日新聞)

April 08 [Thu], 2010, 17:51
 南米チリで発生した大地震による津波で、国内17地点(54基)にある原子力発電所のうち5地点(15基)で50センチを超す潮位の変化があったことが、経済産業省原子力安全・保安院のまとめで分かった。気象庁は最大で50センチの津波が予想される時に津波注意報を発令している。原発の安全性に問題はなかったが、引き波で潮位が1・2メートル下降した地点もあり、耐震評価で議論を呼ぶ可能性がある。

 保安院によると、50センチ超の潮位上昇や下降が観測されたのは、東北電力東通(青森県)▽同女川(宮城県)▽東京電力福島第1(福島県)▽同福島第2(同)▽日本原電東海第2(茨城県)−−の5原発。津波の押し波で福島第1で最高99センチの潮位上昇があり、引き波では東海第2で最大1・2メートルの潮位下降が確認された。

 干満などの影響を加えると、設計時の基準水面より東海第2で最大3・77メートル上昇した一方、東通では最大1・1メートル下降した。しかし、設計にはなお2メートル以上の余裕があったため、敷地の冠水はなく、原子炉冷却水が取水できなくなる事態も起きなかった。

 保安院は今後、各原発の耐震性再評価の中で敷地周辺で起きる地震を含めた津波の影響を調べる。【山田大輔】

【関連ニュース】
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
チリ大地震:「警報ミスで妻死亡」…被災男性が政府を告訴

<学力テスト>学校別の正答率を公開 横浜市教委(毎日新聞)
社民・国民新「ホワイトビーチ案」撤回で一致(読売新聞)
えっ!板東英二が「GReeeeN」脱退!全国各地でエイプリルフール大騒ぎ(スポーツ報知)
<転落死>走行中にハッチ開き車椅子ごと車外に 津の82歳(毎日新聞)
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)

<大阪地裁>小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で(毎日新聞)

April 06 [Tue], 2010, 18:14
 奈良市で04年11月に起きた女児誘拐殺人事件で、1審・奈良地裁(06年9月)の死刑判決が確定している小林薫死刑囚(41)が起こした名誉棄損訴訟で、大阪地裁が今年1月下旬、小林死刑囚を収監先の大阪拘置所で尋問したことが分かった。機密性が高い死刑囚の尋問が明らかになるのは極めて異例。

 名誉棄損訴訟は、週刊新潮08年1月3・10日号が「もっと生きたいと言い出した少女誘拐『死刑囚』小林薫」の見出しで記事を掲載し、小林死刑囚が08年12月、新潮社などを相手取り慰謝料計300万円の支払いを求めて大阪地裁に提訴したもの。

 関係者によると、尋問は拘置所の講堂で行われ、大阪地裁の揖斐(いび)潔裁判長、原告、被告の弁護士らが立ち会った。小林死刑囚は尋問で「一転して生きる意欲を持ち出した」という週刊誌の記事に、「死をもって償う気持ちに変わりはない」と反論。さらに「記事を読んで不眠症や過食症になった」と、精神的被害を主張したという。

 また自ら控訴を取り下げた後で再審請求した理由について、「女児を浴槽につけて殺したとする奈良地裁の判決に納得できない。睡眠導入剤を飲ませたら風呂の中でおぼれた」と訴えた。被告側弁護人が「それでは罪名が『過失致死』なので死刑にはならない。主張が矛盾しているのでは」と問いただすと、小林死刑囚は「判決が誤りと認められることが大事だ」と反論し、改めてまた再審請求する考えも示したという。小林死刑囚は06年10月、弁護人による控訴を取り下げた。しかし新たに選任した弁護人が07年6月に「控訴取り下げの無効」を申し立て、小林死刑囚も08年12月に再審請求。いずれも最高裁が訴えを棄却している。【日野行介】

【関連ニュース】
性同一性障害:手術ミスで和解 説明の不備認める
おとり捜査:違法性は否定、警官偽証に賠償命令 札幌地裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
救急搬送訴訟:骨折で県事務組合に過失 さいたま地裁
韓国人強制連行:2審も事実認定「不二越」賠償棄却

東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
<児童支援施設>外部監視を強化 虐待事件で厚労委(毎日新聞)
2年連続の減少 09年度のゲーム市場規模(産経新聞)
モンゴル、日本人観光旅行者のビザ免除(読売新聞)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)

<将棋解答>第1301回 解答(毎日新聞)

April 03 [Sat], 2010, 2:38
第1問正解(B)

[先]4六角10点。

 平凡に4六角と香取りに打つのが最善手です。以下6二金上(7三角は3五角)、9一角成、7三銀、9五歩と突いて先手が優勢です。

第2問正解(B)

[先]7四馬10点。

 玉を追わず7四馬と引くのが最善手です。以下7八竜、同玉、7七香、同桂、6七と、同玉、6六銀打、6八玉と逃げて先手の勝ちです。

新年度予算が参院で可決、成立(読売新聞)
「真実の声に耳傾けず」=裁判長、立ち上がり謝罪−涙ぬぐう菅家さん・足利事件再審(時事通信)
参院長野に2人目=県連頭越しで小沢氏決定−民主(時事通信)
<島根原発>123カ所で点検漏れ 1号機の運転停止(毎日新聞)
緊急列車停止装置を外して列車を運行、JR西日本(産経新聞)

大麻所持容疑で教頭逮捕 教育長「教員にも薬物指導を」(産経新聞)

April 01 [Thu], 2010, 7:48
 大阪府立高教頭の逮捕を受け、府教委の中西正人教育長は30日、「生徒、保護者、府民の皆さんに心からおわび申し上げます」と頭を下げて謝罪し、「高校生や中学生にも薬物汚染が広がり、再三、学校現場にも指導するよう講習会も実施していたが…」と厳しい表情を浮かべた。

 府教委は、昨年、大麻取締法違反容疑で府立高校生が相次いで逮捕されたことを契機に府立高校に対し年1回、薬物乱用防止教室を開催するように指導していたという。

 府教委によると、小島容疑者が勤務する福井高校でも昨年10月、1年生を対象にした薬物乱用防止教室を開催。12月にも全校集会で生徒指導をしていた。

 小島容疑者は4月1日付の異動で、別の学校に転任する予定で、内示もされていたが、後任や生徒、保護者への対応など今後についてはまだ決まっていないという。中西教育長は「薬物について生徒の指導はもとより教員への指導も必要という現実を受け止めて対応せざるを得ない」と唇をかみしめた。

 一方、学校で取材に応じた勝部幸校長は「教頭がこのような不祥事をおこし申し訳ない」と謝罪。小島容疑者について、「まじめで誠実な人柄。まだ信じられない」とし、29日に会った際も変わった様子はなかったという。

 同校1年の女子生徒は「学校では薬物は絶対だめといわれていた。まさか身近にこんなことがあるとは」と驚いていた。

皇后さまが障害者の工芸展に(時事通信)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
首相、記者会見は「質問者も責任ある」(産経新聞)
ビッグバン 「1兆分の1秒後の数百兆度」再現(毎日新聞)
民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)