<都議会>性描写規制の条例改正案で3会派が継続審議で合意(毎日新聞)

March 25 [Thu], 2010, 21:13
 漫画やアニメなどで18歳未満として描かれている子供やキャラクターの性描写を規制する東京都青少年健全育成条例改正案について都議会の民主、共産、生活者ネットワーク・みらいの3会派は18日、継続審議とする方向で合意した。「表現の自由を損なう」として漫画家や出版業界が改正案に強く反対しており「時間をかけた審議が必要」との認識で一致した。

 改正案は19日の都議会総務委員会で採決予定だが、3会派で過半数を占めるため、可否の結論は持ち越される見通しになった。

 改正案は「ランドセルを持っている」など18歳未満であることが意図されているキャラクターを「非実在青少年」と定義。「性交や性交類似行為を肯定的に描写」し「子供の性に関する健全な判断能力の形成を阻害するおそれがあるもの」に対し、18歳未満への販売や貸し出しを自主規制するよう求めている。このうち「強姦(ごうかん)など著しく社会規範に反する行為」を描写したものは、18未満への販売や貸し出しを禁じる不健全図書等の指定対象にするとしている。

 また、児童ポルノの所持については「何人もみだりに所持しない責務を有する」との単純所持規制を盛り込んだ。罰則はない。

 改正案に対し「創作活動に行政の恣意(しい)的な介入を招く」などと著名な漫画家らが反対意見を表明。16、17の両日に都議会局に寄せられた意見メールは約4000件に上ったが、反対意見のほうが多かった。

 18日の総務委では3会派から「改正案は拙速だ」などの主張が相次いだ。自民、公明両党は「悪質な漫画を子供に見せるべきでないというのは普通の感覚だ」などと改正案を支持した。【鮎川耕史、真野森作】

【関連ニュース】
日本ペンクラブ:児童ポルノ規制の都条例改正案に反対声明
掘り出しニュース:新商品、ランドセルをかたどったケーキ
都青少年健全育成条例:改正案 漫画、ゲームなど性描写の規制強化
リビングで子どもを勉強させたい。
新商品:ランドセルをかたどったケーキ−−ホテルアソシア静岡 /静岡

「邦夫の乱」いばらの道 与謝野、舛添氏、連携を否定(産経新聞)
<郵政改革>亀井担当相が鳩山首相に具体策報告(毎日新聞)
EXILE所属プロが2億所得隠し、国税指摘(読売新聞)
社民、同意人事案に賛成=党首の閣議署名で方針転換(時事通信)
<社民党>原子力安全委員人事に反対表明 政府は見直しせず(毎日新聞)