韓国の公営企業 グローバル競争力に優れる

June 14 [Thu], 2012, 13:45
  【ソウル聯合ニュース】韓国電力公社、韓国ガス公社、仁川国際空港公社など、韓国の公営企業の生産性とサービス水準が他国よりも優れていると評価された。   民間の専門家で構成された経営評価団が、主要公企業16社の「2011年度グローバル競争力」を初めて分析。女 ジーンズその結果を企画財政部が8日に発表した。   韓国電力は送配電効率性(販売電力量/送電電力量)が96.3%で、日本、米国、ドイツなど先進国の平均(93.5%)より高かった。tシャツ シャツ電力産業投資効率性を表わす負荷率(平均電力使用量/最大電力使用量)も77.4%で、先進国の平均(64.5%)を上回った。   送配電効率性と負荷率が1%ポイント増加すると、それぞれ3840億ウォン(259億円)、2264億ウォン(152億円)の収益改善、投資費用削減の効果が期待できる。龍井茶   南東、中部、南部、西部、東西発電会社の故障停止率(停止時間/運転可能時間)は0.52%で、北米地域(4.88%)の10分の1の水準に過ぎなかった。   韓国水力原子力が運営する原子力発電所も、故障などによる発電損失率(非計画損失量/発電可能量)が0.41%で、原発を10基以上保有する国の平均(4.79%)を大幅に下回った。ジャスミン茶   ガス公社の液化天然ガス(LNG)導入単価は昨年、1トン当たり670.52ドル(約5万3000円)で、日本(765.84ドル)より安かった。   仁川空港は昨年、7391億ウォンの営業利益を上げ、資産7兆6310億ウォンに対し9.68%の総資産利益率(ROA)を記録し、世界5大空港の平均(6.47%)よりも高かった。龍井茶   釜山港湾公社は貨物取扱量が2010年627万6000TEU(20フィート標準コンテナ換算)から、昨年735万3000TEUとなり、17.1%増加。釜山を除く世界5大港の平均増加率(7.98%)を上回った。茶器   企画財政部は来年、グローバル競争力レベル評価対象の機関と項目を、35機関、54項目に拡大する方針だ。新しい項目として、国内総生産(GDP)に対する公共サービス料金が盛り込まれる。お茶 効能
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/yyclothes2012/index1_0.rdf