« 2003年12月 | Main | 2004年05月 »
ケーキその後  / 2004年04月29日(木)
 虫混入のケーキの件で、Nさんがお店に電話した。するとわざわざお詫びの品を持ってきてくれるという。
 なんか申し訳ないかなぁと思ったのだけど、よく考えたら店先で「虫が入ってたんですよ」とか言ってたら、他にお客さんがいたら感じ悪いよね。電話で正解だったかもしれない。
 お店の人が届けてくれたのは、ホールのチーズケーキではなくてショートケーキ6個だった。量が増えてる・・・ありがたいような申し訳ないような。
 こういう出来事で、トラウマになる人ってたまにいるよね。
 友達で、某ファーストフードのレタス入りのバーガーを食べたときにレタスに虫がついていたことがあって、それ以来レタスは絶対取り除くという人がいた。
 ケーキに虫が入ってたからと言って「もうケーキ食べるの怖い!」とは思わないのだけど、しばらく少しは気にしてしまいそうな気がする。

 
Posted at 22:05 / somehow / この記事のURL
ショック! / 2004年04月27日(火)
 日曜日来客のためにホールでチーズケーキを買った。6等分し、4人で食べた。
 残りの2つを今日食べようと思い、夕食後にコーヒーを入れて準備した。 
 皿にのせたケーキをNさんがフォークでつついていたので、何かと思って見ると……
 蟲が!!(……この漢字使うと、オドロオドロシイ感じだね)
 ケーキを作る段階で虫が混入していたらしく、ちょうど切り口に見えていたのをNさんが見つけたらしい。
「……」
 なんか食べる意欲をそがれてしまった。
 気になったのかNさんは、もう一つのケーキもフォークで崩しだした。
「……これなんだろう」
 彼がケーキの中から見つけたのは、羽だった。
「……」
 さすがにもう食べる気がうせてしまった。
 この前食べたケーキの中に、残骸が入ってなかったことを祈るのみ。

 
Posted at 22:04 / somehow / この記事のURL
女神転生VNOCTURNEマニアクス / 2 / 2004年04月19日(月)
 このゲームのシリーズは、主人公の名前を自分で決められるというところがあるのだけど、今回は主人公の他数名のキャラも自分で設定できた。
主人公は佳月陽華(カヅキ ハルカ)。某小説のキャラの息子の名前だったりする。
友人は片岡干城(カタオカ タテキ)と藤沢標(フジサワ ツクシ)。先生は瀬川あかね(某キャラの娘の名前だ)。
 自分の小説のキャラ、というのがなかったら、このテのゲームをするとき、名前付けに苦労するだろうな。もちろん最初から設定された名前でもいいので、名前を考えるのが面倒な人はわざわざ考えるまでもない。
 せっかく名前を考えたわりには、主人公以外のキャラは、冒頭で登場した後しばらく出てこないようだ。
 ゲーム内の世界では、ほとんどの人間は死んでしまったらしく、出会うのは悪魔と思念体(死者の魂?)だけだ。人間の姿がないのは少しさびしいので、せめて人間の姿に近い悪魔の仲間を増やしたいのだが、レベルがまだ低いのでマシなのは妖精ぐらいしかいない。天使や女神を仲間にできるのはまだまだ先だ。
 悪魔と交渉して仲間にするとき、今回は難易度が高い気がする。金をくれとかアイテムくれとか言って、もらうだけもらって逃げ出すのが多い。割りにあわない。金は稼げるが、アイテムをあげたのに逃げられると腹がたつ。まだコツをつかんでないからかなぁ……

 
Posted at 22:03 / GAME / この記事のURL
女神転生VNOCTURNEマニアクス  / 2004年04月18日(日)
 Nさんが中古品を買ってきた。これって限定品のため、今は新品では入手不可のようで、ネットでは多数出品されているが、どれも値段が高い。ネットオークションで買うと手数料だの送料だのがかかるので、ファミコンショップで買ってきたしだい。
 女神転生のシリーズは、昔の分しかしたことない。世界観はわりと好きなんだけどね。キャラ設定とか深いし。金子デザインも好き。悪魔も個性的だし。
 しかしRPGとかをはじめとするゲームに関して言えば、経験値稼ぐのは大変。お金も稼がないと回復できないし。悪魔を味方にするのも金がいる。
 世の中金ですか!! 金か!! 
 くれてやるほど金持ちじゃないので、悪魔との交渉はたまに決裂する。

 
Posted at 22:01 / GAME / この記事のURL
吉本新喜劇 / 2004年04月14日(水)
 初めてナマで観たけど、結構おもしろかった。ベテランさんも登場し、お笑いを堪能した。
 ただ思ったことは……芸人の妻にだけはなるもんじゃないな。ネタにされまくり。結婚後太ったが最後だよ。
「こいつの嫁さん結婚後に太りましてねぇ。今じゃ玄関のドアも通れないんですわ」
 みたいなネタを2組もやってた。他にも奥さんの顔について「よくあの顔で生きてるなぁ」とか。
 関西の人が他人をけなすのに、悪意じゃなくてウケで言うことが多いのはよくわかってる。姫路生まれの社長も「知り合いと会ったら『お前のとこのアホな子供は元気か』って挨拶するわ」と言ってたし。
 でもねぇ、それをプロの芸人が笑いのネタとして口にするのはどうかと。そういうネタで楽しめる人はいいのだろうけど、私は好きじゃないや。
 そういや高校の時の担任の先生が「オール阪神巨人」の巨人の方に似ていたので「巨人ちゃん」と呼ばれていたような覚えがあるのだが、今日実物の巨人を見たけれど、似ているように思えなかった。……というか、すでに担任の先生の顔が記憶から薄れているので、比較が難しい。
 お笑いといえば、最近エンタの神様お休みだなぁ……あそこに登場するパペットマペットの人形、最近UFOキャッチャーでよく見るね。かえるとうしの両方を取ったら覆面をくれるという親切さ。あの芸人さんはいつも覆面だから、素顔で街中歩いてても絶対わからないよね。どんな顔してるんだろー??

 
Posted at 22:00 / somehow / この記事のURL

 
Global Media Online INC.