« 2003年03月 | Main | 2003年05月 »
星の欠片 / 2003年04月30日(水)
「お前に星の欠片をやろう……」
 そう言って彼がくれたのは、コンペイ糖だった。
 ……というのは、某女性向ゲームの中のことでありましたが。

 先日挙式した会社の女性が、ドラジェの代わりに用意したプチギフトをみんなに配ってくれました。
 その中身が、挙式した神社の開運お守りとコンペイ糖。
 ミカン、サイダー、リンゴ、イチゴ、紫蘇、抹茶……と多種のコンペイ糖で、私が選択したのはオーソドックスな林檎。
 紫蘇をもらった先輩に一粒だけおすそ分けしてもらって食べたところ……これが美味しかった! かつてこんな上手いコンペイ糖を食べたことがあっただろうか?(いや、ない)
 紫蘇の風味とコンペイ糖の甘さが不思議にマッチしていて、『色付き砂糖の塊=コンペイ糖』という既成観念を粉々に打ち砕く衝撃! 紫蘇が苦手な人はおすすめではないけれど。
 人気は紫蘇とサイダーらしい。抹茶をもらった人にも数粒もらったが、これが紫蘇ほどの衝撃を受けなかった。やはり紫蘇は人気があるというだけある。ちなみにもらった林檎コンペイ糖はまだ開封していない。でも抹茶が衝撃を受けなかったからといって、抹茶味が美味しくなかったわけじゃない。抹茶味をもらった営業さんも「コンペイ糖なんて久しぶりに食べるけど、こんな美味しかったっけ」とばりばり食べていたし。もう少し味わいながら食べましょうよ……。
 この女性、コンペイ糖とお守りをレースペーパーで包む作業が、お相手の男性との『初の共同作業』だったそうな。個性的なプチギフトだった。なかなか素敵。

 ……余談ですが、今家に『月の石』というお菓子があります。
 なんか母が好きらしく買ってきたけれど……私は苦手だ(^_^;)

 
Posted at 21:41 / somehow / この記事のURL
ラジオで聴くまで忘れてた / 2003年04月01日(火)
 今日社長がいきなり、「○○君(営業さん・39歳)て男前やなぁ」と言い出した。
「なあ、楪さん、そう思うやろ」
 話しをふられて、私は大真面目に「外見はいいですけど、中身が……」と答えてしまった。この程度の会話はいつものことだったりするけど。
 そういや今日はエイプリルフールだった。
 本日の事務所内では「○○さんかっこいいわぁ」「今日の○○さんは絶世の美女や」という言葉が氾濫。
 でもね、それは嘘じゃなくてミエミエのお世辞では、皆さん……。
 かくいう社長は取引先の専務にも騙されていた。
 なんて平和な会社なんだ……。

 まぁ許される嘘ならついておこう、とNさんに「私結婚したら会社辞めて専業主婦するわ」と言ってみた。彼は大真面目に「仕事と家のことするのが辛いなら、それでもいいよ」と答えてくれたのだが、嘘だと知って「真面目に答えたのに」とご機嫌ナナメになってしまった。
 うちの上司Mさんなんて、起き抜けに旦那さんに「離婚しよう」と言われたらしい。新婚さんなのに、その嘘はちょっと……

 
Posted at 21:38 / somehow / この記事のURL

 
Global Media Online INC.