アルエド・ハイエドオンリーin ソウル 参加します!

February 17 [Sun], 2019, 20:58
お正月のエントリで予告しておりましたソウルの鋼オンリーがいよいよ今週末となりました。

アルエド/ハイエドオンリーイベント 「ハネムーンはアロハへ」→リンク

えーと、本の方ですが・・・・できました!
とはいえ、新作は体力的にも時間的にも無理で、でもせっかくソウルまでいくから本は出したい!ってことで、昔描いた小話からお気に入りのアルエド・ハイエドの話を2本、再録という形で出すことにしました。表紙だけ描き下ろしですが、久しぶりに絵が描けて楽しかったです。
セリフは全部ハングルです。セリフを翻訳してくださった玉根きぃさん、ありがとうございます!きぃさんのお力添えがなかったらこの本はできませんでしたヨ・・・



ちゃんと印刷所で本を作ってもらったのはすっごい久しぶりなんですが、値段も日数も昔に比べると格段に安く&早くなっていてびっくりです。これは軽率に本作りたくなるね!(原稿を作る苦労は今も昔も変わりませんが・・・)

しかし、鋼スキスキー!って言い続けてきて、とうとう海外でも薄い本を売ることになろうとは・・・人生ほんとになにがあるかわからないものですな。(鋼にハマってからこの言葉を何度使ったことか笑)
向こうのイベントってどんな感じなのか、すっごい楽しみだ・・・!
帰ってきたらレポート上げますね!

あけましておめでとうございます

January 04 [Fri], 2019, 0:38
2019年、明けました!
今年もよろしくお願いいたします。

さて、年頭でひとつお知らせが。
実は今年の2月にソウルで開催されるアルエド・ハイエドオンリーに参加することになりました。
昔から海外でも人気が高かった鋼ですが、最近は特にアジア圏(中国・韓国・台湾など)で二次創作方面での盛り上がりがすごいらしいです。ツイッターでも時々流れてきますが、また皆さん絵のうまい方がすごい多いのですよね・・・
そしてカップリングではアルエド・ハイエドが人気らしいのです。国内ではロイエドさんが圧倒的で兄弟スキーさんで二次活動されている方はほんとうに減ってしまったので、海外うらやましいなあ〜・・・と思っていたら!韓国出身の鋼スキーさんにソウルでアルエドハイエドオンリーあるよ!って教えてもらい、あれよあれよという間に行くことになってしまいました(笑)
で、最初はサークル参加する友人にくっついていって一般で行くつもりだったのですが、せっかく韓国までいくんだし・・・ってことで、私も久しぶりにマンガを描くことにしました。何年も描いてないのでやってみないとわからないけど、せっかくのイベントですしね、なんかやりたいな〜と思って。

さあ、ここに書いちゃったからもう逃げられないぞっと(笑)
完成したらこちらで報告できるようにがんばります。

シャンバラ上映会・トーク&懇親会 by シネマ/ノヴェチェント

December 16 [Sun], 2018, 11:28
表題なんてつけたらいいかわからないのでテキトーですすいません(イベントの正式名称あったか忘れた)
昨年10月にシネマ/ノベチェントさんで開催されたシャンバラのトーク付上映会に参加しましたので、大変遅ればせながらその時の思い出話をあげようかと思います。
トーク内容は非公開のため詳細は書けない上、さすがに一年以上前のことであまり覚えてないので印象に残ったところだけ書きますがおつきあいいただければと。

さて、昨年の10月にシャンバラ上映&当時のスタッフをお招きしたトーク&懇親会がシネマ/ノヴェチェントで開催されました。イベントは二回ありまして、一回目は水島監督・脚本の會川さん・音響監督の三間さん、二回目は會川さんと荒巻さんという大変豪華な顔ぶれ。私は一回目の方に参加してきました。
シャンバラ上映の後のゲストトークは2時間近くあったと思います。内容については製作当時のご苦労話や裏話がメインでしたが、10年以上たった今だから話せる!みたいなこともあり、あらためてアニメ製作の大変さをしみじみと実感いたしました。そして、もう10年以上たった作品なのに、今でもこうして当時のお話しを聞かせていただけることにとても感謝しました。
トークの後は抽選会。友人が見事サイン入りポスターをゲットしました。いいなあ(笑)それからサイン会。私は色紙にいただこうと思っていたのですが、皆さんが書籍にサインいただいているのを見て、急遽現地で販売していたシャンバラ本をゲットし表紙にサインをいただきました!うわー、初めてのサイン!一生の宝にします!

そしていよいよ懇親会。ゲストが3人いらっしゃたので参加者を3テーブルに分けて、ゲストがそのテーブルを巡回するというスタイルでした。
最初にいらしてくださったのは會川さん。めっちゃ緊張しましたのことよ(笑)私はハイデリヒを生んでくださってありがとうございます!を言うのが精いっぱいでした(あたまわるい)
たまたま同じテーブルにいた男性陣が特撮ファンということもあり(會川さんは特撮作品の脚本も手掛けられています)お話しした内容は鋼のことというようり脚本についての話の比重が高かったのですが、脚本家という仕事の内側を垣間見せていただいたのと同時に、會川さんのお仕事に対するストイックな姿勢がガンガン伝わってきて圧倒されっぱなしでした。

次に来てくださったのは水島監督。相変わらずサービス精神旺盛で、どんな質問にもがんがんとウィットに富んだお返事をくださる姿が印象的でした。
私は以前こちらのブログで書いたウーファの謎について質問したのですが、こちらについてもお返事をいただくことができました。うわー、このエントリを書いた8年後に直接監督の口からお答えいただけるとは思ってもみなかった!嬉しい!

最後にきてくださったのは音響監督の三間さん。
音響監督というお仕事の内容について恥ずかしながら良く知らなかったのですが、とにかく音に関わる作業のとりまとめを一手に引き受けるというとても重要なポジションであるということがよくわかりました。BGMの製作から作品中の使用楽曲の選定、声優のオーディションから配役決定・演技指導などなどを、監督の意向に沿うように調整しながら行わなければなりません。そのお仕事のご苦労話や朴さんや小栗さんとのお仕事エピソードなどいろいろ聞かせていただきましたが、もうほんとうに三間さん良い方で良い方で・・・!語られたエピソードの数々からもそのお人柄がにじみ出ていて、大変ほっこりさせていただきました。

懇親会も2時間ほどの開催でしたが、大変楽しい会でした・・・!
ご来場くださったゲストの皆様と、この会を企画してくださったシネマ/ノヴェチェントさんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

2018年鋼イベントあれこれ

December 09 [Sun], 2018, 18:54
ご無沙汰しております。
ろくに更新もしないまま2018年も終わろうとしております。大騒ぎした鋼実写映画からあっという間に一年たってしまいましたねぇ・・・・個人的には続編を望んでいますがいまのところ動きはないようで。でも、実写映画のおかげで始まった鋼イベントのあれこれは今年もいろいろありまして、古参ファンは感涙に絶えないですよ。だって、もう13年も前のアニメですよ!(シャンバラ換算)それが今でもイベントをやってくれて、今もご新規ファンが続々増えてるって状況、嬉しくないはずがないじゃないですか!
ちなみに覚えている限りで今年あったイベントといえば、鋼の原画展(全国巡回)、サンリオコラボ商品発売、ゲームコラボ、bons20周年展の鋼トークイベント、シネマノヴェチェントさんでのシャンバラ・ミロス上映、ねんどろシリーズの発売とか(抜けがあったらごめんなさい)あとは同人の方でオンリーイベントの開催もありましたね。
私もできる限り足を運んでおりますが、なかなかレポがあげられず残念であります。遅ればせながらですが、昨年のシネマノさんのシャンバラ上映会と今年のミロス上映会、bonsの鋼トークイベントについてかけたらいいなと思っています。
しかし、特筆したいのはノヴェチェントさんのイベント。フィルム上映専門の座席数30席ほどのほんとうに小さい映画館なのですが、週末に映画関係者をお招きしてトークイベント&懇親会付の特別上映会を企画されています。その中で昨年はシャンバラ、今年はミロスを取り上げてくださり、両方参加してまいりました。
シャンバラでは水島監督、脚本の會川さん、音響監督の三間さんのお三方が、ミロスでは村田監督、脚本の真保さんのお二人がゲストというめちゃくちゃ豪華なイベントでした。
言っていいかな?

鋼ファンになって十ン年後に、監督やスタッフさんと飲みながら鋼語りできる機会が持てるなんて、ハマッた頃には想像もできなかったよ!

いやー、人間生きてるといいことがあるもんなんですね・・・しぶとく鋼ファンやっててほんとうによかったです!
それから印象に残ったのは、最近になって鋼にハマったファンの方が、今でも公式イベントをやってくださってほんとうに嬉しい・・・としみじみおっしゃっていたことですね。わかる!その気持ちわかるよ!
私も昔すでに連載が終わったマンガにどハマリして、昔の資料を集めるために国会図書館までいったもんね・・・
鋼は今でもアツいファンが多いですし、こういう方々のためにも、こういうイベントを続けていただけたらいいなと思っております。

鋼の錬金術師 爆音上映

February 11 [Sun], 2018, 9:00
最近はやりの爆音上映ですが、先日往年の名作アニメ映画を爆音でリバイバル上映するという企画がありまして、そのラインナップにシャンバラとミロスも入っていたので見てまいりました。
いやー!この企画いいね!すごくいいね!好きな映画を再び大画面で見れるだけでも感激なのに、、音がめっちゃいいの!もうそれだけで、腐るほど何回も見た映画をまた新鮮な気持ちで見ることができました。時間があったら他の映画もみたかったよ~(涙)
で、期間中シャンバラミロスも何度か繰り返し上映してくれたのですが、私は最後の回にいってきました。中には全部見に行った猛者もいたようで・・・気持ちわかるわ~私だって時間があったら(以下略
まずシャンバラ。相変わらず兄さんは美人でアルはきゅるるんでハイデはハイデでした!(頭の悪い感想)
シャンバラは以前も音のいい映画館で見た記憶があるのですが、音がいいと後半の破壊された街でエドアルが語ってる途中で何かが飛んできて爆発するシーン(その後子どもががれきの下敷きになってる)の音が、後ろの右から左へ何かが飛んで行って左で爆発するのがはっきりわかるんですよ。今回もはっきりわかった!ドルビーサラウンドすげえええ!ってなりました。
ミロスは爆音で見たのは初めてなんですが、機関車の暴走とか建物の爆発とか崩壊とか溶岩が流れるとことかダイナミックな展開が多いので、音がすんごい迫力で体にずんずんきた!どちらかというと、シャンバラは息づかいのような繊細な音がはっきり聞こえたことに感動し、ミロスは迫力の音に感動しました。

そして、シャンバラミロスと続けて見たのも意外なことに初めてだったんですけど、両者の違いがはっきりわかってすごくおもしろかった!元が同じマンガとは思えないほどいい意味で対照的な映画だった・・
実はミロスの方がストーリーや展開が映画らしいと思うんですよね。キャラクターも実はミロスの方が好きなんです。ミロスのキャラクターってちゃんと自分のやるべきことを自覚してて、それが客観的に見て間違っていることであったとしてもそれを承知の上で、責任を取る覚悟でやってるんですよね。ミロスにいさんも、最後でジュリアの行動を認められないといいながらも褒めてる。あそこ好きなんですよ!
一方でシャンバラのキャラクターってみんなうじうじしてるじゃないですか。だからゲストヒロインもノーアよりジュリアの方が断然好き。好きなんだけど、でも萌えるのはシャンバラなんだよう~・・・(^_^;)
ということで、ベクトルは全く違いますが結局どちらの映画も好きという、いまさらな結論に達しました!(笑)

最終上映だったので知り合いの鋼好きさんがたくさん来ていて、いろいろな方にお会いできたのが嬉しかったです。そして映画鑑賞後はお約束のドイツ白ソーセージとビールの会ですよ(笑)久しぶりにシャンバラを肴に白ソーセージとドイツビールを堪能しました。楽しい~(*^。^*)

爆音上映、ぜひまたやっていただきたいです!絶対見に行くよ~!

あけましておめでとうございます&鋼実写映画感想

January 01 [Mon], 2018, 22:45
2018年明けました!
昨年はなんと2回しか更新できなかったこちらですが、それでも見に来てくださる方がいらっしゃってほんとうにありがたいです。
昨年はとにかく久しぶりのハガレンイヤーでした。原画展やハガレンカフェ、グッズ販売やオンリーイベント、シャンバラの劇場上映などなど、往年のファンにとっては嬉しいことばかり・・・そしてさらに嬉しいのは、いまでも鋼にハマりました!というご新規ファンの方が多いことです。もっと早く、連載時やアニメ放送時の時にハマりたかったとおっしゃる方もいらっしゃいますが、ハマった今が旬ですぜ!と声を大にしていいたい。それでももし当時がどんなだったか知りたいということであれば、当ブログの当時のエントリーを読んでいただいて、少しでも当時の雰囲気を感じていただければ嬉しいです。(シャンバラ公開の2005年GWから続けております故)

で、今回ここまで鋼が盛り上がったのもひとえに実写映画化のおかげでありますが、発表からかーなーりー不安でどきどきしながら待ってた実写映画・・・とにかくあまり良い話を聞かず、特に試写会の後はアンチの方の感想が出回っていてこりゃもうだめだ・・・と思いつつもファンの務めとしてびくびくしながら見に行ったわけですが。

びっくりするほど普通におもしろかったです。おもしろかったし、泣きましたよええ!

一緒に見に行った鋼好きの友人にもおおむね好評で、最初お通夜になるかと思ってたアフターも大変楽しく和やかでした。
もちろん細かいツッコミを入れればきりがないのですが、多分この映画をどのように見るかによって評価がぶっつり別れるんだろうな〜と思います。
やっぱり原作(アニメ)至上主義の方にはどうしても受け入れらないでしょう。その気持ちは良くわかる。
でも、これも鋼コンテンツのひとつとして原作アニメとは別物としてみれば、良くできていたと思います。(もともと自分が鋼ならなんでもいただいちゃう方、ということもありと思いますが)
個人的には鋼は兄弟の絆の物語と思っているので、そこさえ押さえてあれば及第点。その点、だーやまエドは原作以上に弟好きすぎてこじらせてるのでばっちこーい!でした。ずっと一緒にいてうざいといわれていたウィンリィも、私は全然気にならなかったしむしろとっても役に立っていたじゃないか!といいたい。(いまでの私の中でベストオブヒドインは一期アニメのウィンリィです)そしてアルは素晴らしく、ほんとうにそこにいるようにしか思えない。日本のCGすげえなあ〜。
他の配役も悪くなかったんじゃないかと。ラストとヒューズはまんまでしたし、おディーン大佐も原作とはだいぶ違うけどあれはあれでイケメン大佐でいいんじゃないですか?大泉洋はやっぱり大泉洋でしたが(笑)

ストーリーも第5研究所までのところをうまくまとめてありました。ニーナのところ、いままでいろいろなメディアで見てきたけど、今回の実写が一番きっつかった気がします・・・そこはやっぱり実写の威力なんだろうか。あそこの山田くんの演技もすごくよかったし。後はヒューズ殺害と兄弟げんか、最後のアルの肉体がでてくるところで泣きました・・・

4日に上映終わってしまうので今日2度目見てきました。今回はストーリーを知っているのでゆったりした気持ちで見てきましたがやっぱりおもしろかったです。
興行成績が良ければ続きもあるそうで、監督の中では3部作の構想になっていると聞きました。次があればブリックス要塞がメインとのことなので続きが見たいです。ぜひ作っていただきたいです。

こんな感じで今年もしっかりオタで正月明けました。今年もどこまで更新できるかわかりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

鋼関連イベント まとめ

September 09 [Sat], 2017, 11:28
ご無沙汰しております。
楽しい夏も終わり、もう9月ですね。まあ、夏が終わりゃあ今年も終わりなんだよ(投げやり)しかし、気が付いたら鋼実写版公開まであと3か月じゃあないですか!公開発表になった去年はまだまだ先と思ってましたが、以外とあっという間でしたね。楽しみにしているか・・・といわれると微妙ですが、基本地雷なしですし、鋼に関することだったらなんでも楽しんじゃおうスタンスなので、ちゃんと見に行きますよ!
で、嬉しいのは、実写公開に合わせて公式がいろいろ動いているところ。
いまのところ自分が聞いているイベントは以下の通り。

・鋼カフェ 
〜9/10  渋谷 アニメガカフェ                
9/11〜10/10 池袋 プリンセスカフェ 

・鋼の錬金術師展  
9/16〜10/29  東京ドームシティ ギャラリーアーモ  

・鋼の錬金術師シャンバラを征く者 上映
10/1〜10/7 横浜 シネマ・ノヴェチェント 

映画公開までまだ何かやってくれそう。
しばらく開店休業だったこちらのブログですが、久しぶりに鋼ネタがいっぱいふってきましたのでネタやレポ等ぼちぼちあげていこうと思います!
 

お久しぶりでございます

May 21 [Sun], 2017, 19:37
なんと、今年に入って初めての更新です。気が付いたらもう5月も後半。はやいですねぇ・・・・
今年前半は楽しいことと大変なことが一度にどんっときて、ジェットコースターみたいに過ぎてしまいました。でも、特になにもなくさらさらと過ぎてしまった昨年に比べたらドラマティックでよいのではないかと(前向き)
今年前半のトピックとしては、3月に所属するオケでアンサンブル大会があったので、久しぶりに耳コピで譜面を作り演奏しました。曲はセリーヌ・ディオンの「To love you more」の葉加瀬太郎バージョンとユーリ on iceの「ピアノ協奏曲アレグロ・アパッショナート」(ユリオのFS曲)これをヴァイオリン3本でやるという無茶ぶり(笑)
特にアレグロ・アパッショナートはもともとがピアノ協奏曲なので編曲が大変だったのですが、その分完成した喜びもひとしお。どーしてもこの曲をヴァイオリンで弾きたかったんだ!発表会の出来はともかく、演奏したい曲の譜面を作れたこと、またそれを公の場で演奏し、聴いてもらう機会を得たことはこの上もない喜びでした。
演奏でご一緒していただいた友人にはかなり無理を強いてしまい申し訳なかったのですが、おつきあいいただき感謝の気持ちでいっぱいです。またヴァイオリンのモチベーションが上がったので、これからもがんばりたいと思います。そして、譜面作りもまた再開したいなあ〜と。最終的にはオケ譜とか書けるようになりたい。そのうちに作った曲もネットで公開できたらいいな〜と思っています。

そして、年末から騒いでいますが、ユーリにずっぽりはまりました〜(笑)ここまでハマったのは鋼以来ですかね・・・
しかも今回はヤバいことにグッズに走ってしまったのでさらにマズいです。鋼の時にはそんなことなかったんだけど、今のアニメってグッズやイベント攻撃すさまじいですね!これはお金のない学生さんとかはほんとに大変だわ・・・
とりあえずできる範囲で楽しんでおりますが、3月に唐津に行き、GWにはモスクワにいってきたので聖地巡礼と称して写真いっぱいとってきました。そのうち写真もあげたいと思っています。

最近視聴しているアニメですが、1月〜3月はなんと全滅でした・・・・去年の10月〜12月が豊作すぎたからなあ〜(笑)4月からは進撃の巨人と有頂天家族とアリスと蔵六を見ています。
進撃はやっぱりおもしろい。あの、大げさなほど盛り上げる演出があのアニメについてはとってもぴったりで、毎回山場!な展開に行きつく暇もありません。ちょいちょいネタバレは知ってるのですが原作は読んでいないので、毎回先が読めない展開にどきどきしながら楽しんでおります。
しかし、人材不足で今回は1クールで終わりってほんとですかね?クオリティ下げてまで続けるくらいならいっそ潔くてよいと思いますが、ちょっとアニメ乱立しすぎじゃないでしょうか・・・・気長に待ちますので、いつか同じクオリティでぜひ続きをやってほしいですね。
有頂天家族は期待通りの出来。そしてアリスと蔵六は、設定はSFなんだけど、あのキャラクターと作品のほのぼのした感じがいやされる・・・

そして!鋼実写映画の公開が今年の年末に決まりましたね。一人で見る勇気はないので、鋼友達と一緒に見に行きます(そしてお通夜になった場合の精進落としも予測して映画後の飲み会もセットです笑)原画展も9月に開催なのでさっそくチケットとったよ!鋼オンリーも7月だ!久しぶりに鋼で盛り上がれるので楽しみです!

今年もお世話になりました

December 31 [Sat], 2016, 13:31
今年もあっという間に年末です。年末らしいことなにもしてないのでまったく実感わきませんが・・・
鋼以降、あまり本格的にはまったアニメって実はなかったのですが、今年は久しぶりにはまりました!しかも二本も!個人的には大変豊作な年でした。
ひとつめはジョーカーゲーム、二つ目はユーリ on iceです。ジョーカーゲームが今年のアニメだったと思うとびっくりですが(なんだかもう去年の話のよう)きれいな絵と緻密な設定、素晴らしい演出に心奪われました。テーマがスパイなので画面は暗めなんですけど、結城中佐はじめ登場人物のD機関のメンツが渋かっこいい!そして演出がとても細かくて、原作読んでから見直したらほんとによくできてるな〜と感心しました。
ユーリはとりあえず腐視点なしで見てたんですが、丁寧なスケートシーンの作画と、Wユーリ&ヴィクトルを中心にした登場人物の描写がとても良くて、最終回の後はとても幸せな気持ちになりました。アニメを見てこんな気持ちになったのは久しぶりです。
あえて2作品に共通するところを考えてみると、製作者が作品に愛情を持って、丁寧に誠実に作っているということがストレートに伝わってくるところでしょうか。昨今アニメ作品の数がすごくて、限られた予算と時間の中でいい作品を作るのはほんとうに大変だと思います。願わくば、これからもこのように良質なアニメを見ることができますように。

さて、ユーリについては人気がすごくて界隈ではいろいろ大変なことになっているようですが、私もクリスマスからこっち、ユーリまみれで大変楽しい年末となりました。
アニメは腐視点なしで楽しく見ていたのですが、23日にたまたまユーリ好きの友人に付き合ってメイトまわりしたのが運のツキ・・・すっかり物欲のトリコになってしまいました(笑)
それからというもの、25日は中野のユーリ展にすべりこみ見学(入場待ちで中野で5時間つぶしましたわい)26日はカラ鉄でヴィクトル生誕祭、29・30はコミケで薄い本あさり(ほとんど焼野原で買えなかったけど)というありさま・・・
しかし久しぶりに萌えがきてとても楽しゅうございます。
今日は19時からAbema TVで一挙放映ですね。2016年は楽しくユーリで締めくくろうと思います。


カラ鉄のヴィクトル生誕祭の祭壇(笑)ほとんどお友達の手持ちグッズですが。

来年に目を向けると、人気作品の二期が目白押しで楽しみです。
一番楽しみなのは有頂天家族。実は大好きなのです〜。そして進撃の巨人の2期。原作読んでないのでその後がきになる・・・。あとはACCAかな?
そして、来年は鋼オンリーが二回もありますね。二回も!嬉しい!大阪は断念しましたが、7月の方は絶対行く!来年はシティも夏コミも不参加が確定しているので楽しみであります。
あと、実写版の方、元旦に重大発表とかいってますがすでに不安しかない(笑)・・・まあ、でも来年鋼オンリーがあるのは実写映画のおかげもあるかと思うと無碍にはできないのですが。

今年は仕事が忙しい&体力の劇的低下により日々流されるまま終わってしまった感じなので、来年は体調に気をつけつつ「今年はこれをやりました!」といえる何かをやりとげたいと思っています。
来年はGWにロシアに行くので、ロシア語をちょっとかじりたいなと思ったのですが、それを友人に言ったら「それやっぱりユーリ!?ユーリのせい!?」ていわれました・・・・

違う!違うから!

ロシア行きはロケット絡みで去年から計画していたものなので違います!(笑)でもユーリクラスタではすでにロシア語の勉強を始めている人がいるそうで・・・やっぱり聖地巡礼のためなんですかね?でもまともにユーリの聖地巡礼したら唐津→北京→モスクワ→バルセロナ→サンクトペテルブルクとユーラシア大陸横断ツアーになるのでかなり大変そう・・・(でもやっちゃう人実際にいそう笑)

それでは少々早いですが、今年もありがとうございました。来年もまったり続けてゆきますのでよろしくお願いします。

今期アニメ感想その1〜終末のイゼッタ

December 20 [Tue], 2016, 23:49
ご無沙汰しております。ぐずぐずしてたらあっという間に年末ですね。
2016冬アニメは久しぶりに豊作でした。見ていたのはこれ。
・魔法少女育成計画
・ユーリon ice
・オカルティック9
・終末のイゼッタ
・刀剣乱舞 花丸
あと、ユーフォニウムと舟を編むは録画して積んであるので、年末年始にまとめてみる予定。

で、ざざっと感想まとめようと思います。
実は最初に一番期待していたのは終末のイゼッタでした。第2次世界大戦を模した世界に魔女という組み合わせが気になるし、予告で見た戦闘シーンもなかなか迫力がありました。キャラもかわいいし。
で、第一話は期待を裏切らない出来だったのでその後も続けて視聴いたしました。
視聴後の感想としては、うーん、内容についてはちょっと深みが足りなくて、もうちょっと掘り下げてほしかったかな・・というのが正直なところ。でも最後のまとめ方は見事でした。
自分的予測では、最終的には戦争に勝つんだろうけど(史実がそうだから)戦後イゼッタはエイルシュタットの人から恐れられ、迫害されるか追われるかするのではないかと思ってました。で、最後は死んだことにして、姫様がイゼッタを逃がして隠遁させるのではないかな〜と。
まあ、予測は半分はあたったのかな。人々に恐れられて追われて迫害されたのは実はイゼッタではなくて白き魔女ゾフィーの方でした。まあ、恨む気持ちはとってもよくわかるけど・・・
そしてエイルシュタットの人達はほんとうにいい人ばっかりでした。彼らがイゼッタを迫害したりしなくてほんとうによかった。そしてみんなが恐れる魔女の力についてもうまく回収しましたね。すべてのレイラインの力を解放してイゼッタはゾフィーとともに滅んだと思えましたが、無事に生きていたようで。魔女の力は失っても、これからは穏やかな人生を姫様と一緒に過ごせるといいですね。
あと、個人的にはV2ロケットが出てきたときはのけぞりました(あんまりびっくりして足つった)ロケット好きとしては、ロケットの推進力が魔女の力というのはもにょったなあ〜(笑)
しかしイゼッタには戦車とか飛行機とかいろいろな兵器がいっぱいでてきたので、そのあたり詳しい方々はきっととっても楽しかったんでしょうね。私はロケットしかわからないので残念でした。

あと、オカルティックナインも結構楽しく見てました。ちょっとえぐいシーンも多かったのですが、基本絵がきれいだし、ストーリーも先がどうなるのかわからないのでぐいぐいひきこまれちゃいました。先週やっとすべてネタバレしましたが、オチがすべてオカルトの鉄板ネタだった(笑)今週いよいよ最終回ですが、私は能登真美子の声が色っぽい同人作家のおねーさんがどうなるのか気になる・・・

花丸は友人が好きなのでなんとなく見てた。・・・うん、キャラがいっぱい出てきて、わちゃわちゃ楽しそうでしたね。推しキャラが動いてしゃべってるのを見れるのはきっと楽しいんだろうな〜(刀剣乱舞やってない人)

まほいくはネタバレを先見ちゃったので話は知ってたんですが、ついつい最後まで見てしまいそうです。ぶっちゃけ魔法少女が殺し合いするだけっていう(身もふたもない)それはそれで興味深いのですが、正直あんまり気持ちの良いものではないですよね。でも最終回まで見ちゃうけど。

で、今回の本命はユーリですよ。なんたってユーリ。
これについてはちょっといいたいことがあるので、また別枠で語りたいと思います。


2019年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像柚枝
» 夏ですなあ (2016年08月21日)
アイコン画像真菰
» 夏ですなあ (2016年08月20日)
アイコン画像柚枝
» 今期夏アニメ (2014年07月20日)
アイコン画像てんちょ
» 今期夏アニメ (2014年07月18日)
アイコン画像柚枝
» 今期の冬アニメほぼ全滅・・・・ (2014年01月21日)
アイコン画像てんちょ
» 今期の冬アニメほぼ全滅・・・・ (2014年01月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:柚枝
  • アイコン画像 誕生日:12月29日
  • アイコン画像 趣味:
    ・ロケット-打ち上げやってます
    ・バイオリン-オケやってます
    ・鋼-ハイエド大好きです
読者になる
いまだに鋼に萌え萌え・ハイエド大好き。 最近はハイデリヒに導かれてロケット道も邁進中。
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE