散歩

2005年03月06日(日) 23時09分
 今日は日曜ということもあってレッスンの時間がうまく取れなかった。
でも、夕方4時から仕事が始まるまで1時間余ったので、友美とユウジを連れて散歩に出かけた。

 目標は「抱っこして歩かない」「手をつなぐ」
始めは離そうとする手をしっかり握って自転車道路を歩き始めたんだけど、すぐ振り払って反対方向に歩いていってしまう。そうでなければあっちにうろちょろこっちにうろちょろ。
少し離れたところまで先に歩いて振り返り、膝まづいて両手を広げ「ユウちゃ〜ん、おいで!」とすると、ニコニコしながらトコトコ歩いてくる。すぐ傍まで来たら立ち上がって片手を差し出し「はい!」と手を握ろうとすると、くるっと反対方向へ歩いていってしまう。ずーーーっとその繰り返し。途中で散歩を中断して家の方へ戻り始めたんだけど、だんだん「抱っこしてほしい」んだろうなということがわかってくる。手を握ると「ちがう」とでも言わんばかりにそっぽを向いて反対方向に歩いていく。座り込む。靴を脱ごうとする。ぎゅーっと抱きしめると膝にのぼってくる。降ろそうとすると足を巻きつける。

 でも、ここで抱っこしたまま歩き始めると、手をつないで散歩をするという目標から遠ざかってしまう。抱っこはするけど、歩く時は自分の足で。結局最後まで手をつないで歩くというのはほとんどできなかったけど、抱っこしないでユウジは自分で歩いてこれた。
 小さな側溝を渡るとき、手を差し出したらユウジから握って飛び越えた。このまま家に入れたら、そう思ったけど駐車場でまたうろちょろ。とりあえず友美を家に入らせ、少しずつ誘導しながら家に誘っていった。もう少しで玄関に入ってくる。中で手を広げて迎え入れようとしたら、最後の最後で「また、だまそうとして!!」みたいな感じで入ってこない。「どうしてだっこしてくれないの」の抗議の気持ちが、自傷行為に変わった。玄関のすぐ外の家の壁に、後頭部をガンガン打ち付ける。いつものように無視。顔を出さない。ここで抱っこしてしまったら「自傷行為をすれば抱っこしてもらえる」と教えることになってしまう。いつもなら、しばらくすると収まるのに、今回はいつまでも泣きながらしている。思わず出て行きそうになるが、耐える。親も辛い。
 それでも、ようやく諦めたのか、ガンガンという音がしなくなり、中に入ってくる影が見えた。隠れていた私に見えるくらいユウジが中に入ってこれたとき、すぐさま抱き上げた。「ママなんかきらいだ〜〜!!」とでも言うかのように、のけぞって泣いて暴れたけど、かまわず抱きしめ「えらかった!!よく頑張った!!ユウちゃんえらいぞ〜!」と褒めちぎってギュウギュウ。お菓子をあげたら、少し機嫌が直って抱っこのまま二人でお菓子を食べた。そのうち友美も来て3人で食べた。ほんとによく頑張った。ママは嬉しかったよ

 続ければきっとわかってくれる。3人で手をつないでお散歩できる日ももうすぐだね。
  • URL:https://yaplog.jp/yuuji-aba/archive/3
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuuji-aba
読者になる
Yapme!一覧
読者になる