ラルクアンシエル

April 18 [Wed], 2012, 12:53
1991年2月頃、大阪市でtetsuyaを中心に結成される。グループ名はフランス語において「虹」を意味する l'arc〜en〜cielに由来する。当時本屋などで資料を探していたtetsuyaがこの言葉をたまたま見つけ、見た目や響き、さらには様々な色を表現する「虹」が「音楽」の表現という点で共通していると感じたため、この名前をつけたという。

当時のメンバーはtetsuya(ベース・当時は「tetsu」)、hyde(ヴォーカル・当時は「Hide」)、hiro(ギター)、pero(ドラムス)の4人で、インディーズ時代は関西を拠点に活動した。

1992年に入り、3月にはオリジナルのビデオプレゼントライブを大阪の他に東京でも行い、関東地方にも活動拠点を広げるが、6月にhiroが脱退。後釜にはtetsuyaと学生時代に親交のあったkenが加入する。

1993年1月、前年12月のライブで脱退したperoに代わってsakuraが加入。アルバム『DUNE』を発売。5月10日付のオリコンインディーズアルバムチャートでは1位を獲得し、インディーズでの人気を不動のものとする。1992年にソニー・ミュージックエンタテインメント内で新規レーベルとして設立されたばかりの「キューン・ソニーレコード」と契約を結ぶ。

1994年7月1日、ビデオシングル『眠りによせて』でメジャーデビュー。10月21日には1stシングル「Blurry Eyes」を発売、メジャーレーベルでの本格的な活動を開始した。

この時期には初のアリーナツアーを開催するなど人気は過熱しはじめ、ヒット街道を驀進するものと思われたが、1997年2月にドラマーであるsakuraが逮捕され、活動予定を全て白紙化して完全な休止体制へ突入した。

翌1998年にはyukihiroがドラマーとして正式加入。1999年7月には『ark』『ray』の2枚同時アルバム発売によるオリコンアルバムチャート2週連続1位と2位の独占などで大きな注目を浴びた結果、デビューがほぼ同時期であるGLAYとともに邦楽2大ロックバンドなどと呼称されることもあった。

2001年、シングル「Spirit dreams inside -another dream-」の発売前後から、tetsuya・yukihiro・hydeが相次いで個人活動を開始。実質的な活動休止状態に入る。

ソロの開始から2年が経った2003年、国立代々木競技場でバンド名に沿った7日間のライブ「Shibuya Seven days 2003」を開催。翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」を発売し、活動を再開させた。

復活以降はリリース活動と共に、日本国内だけでなく東アジアを中心として海外においてもライブ活動を行い、2004年にはアメリカ合衆国、2005年には大韓民国・中華人民共和国、2008年には中華民国(台湾)・香港・フランスでライブを開催している。2012年にはイギリス・シンガポール共和国・インドネシア共和国でもライブ開催を予定している。

(以上、wikiより引用)

当時は、GLAYファンとラルクファンでスパっと別れていましたね。

ちなみに僕はGLAY派ですが・w・

もちろんラルクもききますよ!

個人的にラルクのバラードはあまり好きじゃないんでアップテンポなやつのせておきますね!w





  • URL:https://yaplog.jp/yutovvv/archive/8
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆーと
読者になる
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる