ゆらゆらと。

2005年10月23日(日) 11時22分
微熱が下がらない。
のどに詰まった何かが裂けるように熱くて、夜中に目が覚める。
右手の小指がしびれている。
あとは?
うん、大丈夫。
吐くのは治まったし、ごはんも食べられる。
大丈夫。

そうやって、ひとつひとつ確認しながら、1週間を過ごした。

大丈夫。
最近体調がよかったから、ちょっと落ち込んでいるだけ。
またもとに戻っただけ。
まずは、熱に体を慣らさなくちゃ。
医大の先生も出張中だし。
月曜日は頑張って出勤しなくちゃ。

ベットの中でうずくまっても、泣かなくなった。
えらいな、私。

金曜日、ベットの上で、繰り返し観ているDVDを入れる。
「キリクと魔女」
美しい色と、深く低い母の声。
うとうとと眠り、何度も戻しながら静かに過ごす。
教えてくれた友人に、深く感謝。

土曜日の夕方、止めるのぃに無理を言って本屋さんに連れて行ってもらった。
「カメラ日和」と、ハードカバーのファンタジーを1冊。
「オオカミ族の少年」これは酒井駒子さんの表紙に惹かれて。
それから、般若心経の心訳 「生きて死ぬ知恵」。
何てとりとめのない選び方・・・。
ゆっくりと、大切に読もうと思う。

今日はお昼近くに起きて、遅い朝食を作る。
野菜たっぷりのコンソメスープと、りんごのジャムを。
多めの砂糖と、レモン、それから少しの赤ワイン。
ジャムを作るのは、なんだか、すごく幸せな気持ちになる。
焼きたてトーストに、たっぷりのせて食べる。
食べることは、素敵だ。

今日は一度も吐いていないし、調子に乗って夕方からコロッケを作る。
いただいた新じゃががたくさんだし。
ところが、卵がないと、のぃに買いに行ってもらってすぐに、
パン粉が足りないことに気付く。
ごめんなさい。
ゆとに買いに行ってもらって、無事に大量のコロッケを作った。
作りすぎたので、タネのまま半分冷凍に。
ひなたは「ちょうどよい量」の料理が作れない。
カレーはいつも、魔女のスープように大きくかき回す始末。
まぁ、次回の楽しみに。
揚げたてあつあつのコロッケはおいしかった。

さぁ、元気を出していこう。

ため息。

2005年10月16日(日) 23時01分











下がり始めた熱が、再び上昇している。 
7度6分の表示に、ため息がもれる。
ふぅ。
耳鳴りも大きいしなぁ・・・。

まぁ、何でもすぐにうまくいくわけないわよね。 
明日はもう少し下がっていますように。 




     新しいツリーは、いい感じ。
     大きくて、本物の樹に見える。
     これから、2ヶ月かけて少しずつ飾ろう。
     まずは赤いりんごを探しに行かなくちゃ。

夕焼け

2005年10月15日(土) 23時41分
 
 

 日帰り温泉に行きました。
 何ヶ月ぶりの温泉でしょう。
 露天風呂でほっこりしすぎて、
 のぼせるのもご愛敬。




 

 ええ。久しぶりの温泉ですもの。
 許されるわよね。
 ・・・・ごきゅり。
 ぷはぁー、う、うみゃいー。


 
 
 ええ、よっぱけてますよ、あたくし。うぃー。
 とかいいながら、帰りに買ってしまいました。
 大きなX’masツリー。
 “展示品・傷ありにつき、一万円引き”とはいえ、
 ちょっと高いし、お家にもあるのに、この時期に・・・・ぐるぐるぐるぐる。
 涙目で迷うひなたに、悪魔のような天使のようなのぃのひと言。
 「欲しいなら買えば?」
 「俺は興味ないし、いらないと思うけど・・・。」(←これは聞こえていない。)
 
 買いましたとも。
 幹は本物の樹を使っています。
 ディスプレイ用なので、箱もありません。
 でもいいの。
 嬉しいの。
 どんな飾り付けにしようかな。



 

 
 幸せな帰り道。
 高速道路を飛ばして、小春の待つ家へ。
 雨が降り出しましたが、美しい夕焼け。

日々。

2005年10月13日(木) 23時13分
ずいぶんと長い間、ほったらかしの日々のあわ。
すっかり錆びついてしまいました。
少し思い出しながら、最近の報告を・・・。

9月22日から25日まで 京都旅行へ。
少し遅い夏休みです。
お天気にも恵まれ、心ゆくまで京都のかけらをカメラの中に切り取りながら、
心から楽しんで歩き続けた4日間。
軋む歯車のようなゆととの関係も、ぴったりくっついていたために、
少しずつなめらかに動き出したような気がします。
いい旅でした。本当に。
次の京都は、もう少し歳を重ねてから夫と二人で行きたいわ。

一年中で一番好きな秋の気配を感じながら、
体が本来の機能を取り戻すかのように、眠れるようになりました。
何ヶ月も続いていた微熱も少しずつ下がってきて、心が解放されています。
お薬が効いているのか、めまいも頭痛も減ってきたので、
先週から頑張って、地下鉄で通勤しています。
冷や汗や吐き気はあるものの、何とか途中で降りなくてすんでいるのが嬉しい。

気持ちもかなり前向きな日々が続いていて、
抱え込んで苦しむことが少なくなりました。
思い切って、職場の困った人とと戦ったりもしたのです。
決して目をそらさずに。自分を見失わないように。すごい、私!
おかげでかなり、状況は好転しています。
ふぅ。本当に頑張ったよ。

気持ちのよい風が吹いている間は、恐れずに前に進もうと思う。
後悔はしない。だけど見失わないように。
ひとりではないということも、決して忘れないように。






profile
ひなた
のぃ、ゆと、小春と    ぼんやり暮らしています。
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutonoha
読者になる
Yapme!一覧
読者になる