柔らかな棘

2005年03月14日(月) 23時21分
 

 その柔らかな棘の中で
 守っているものは 
 
 何?

三日月

2004年12月15日(水) 22時58分
綺麗な黄色い三日月がでていました。
ひなたの好きな、小さくて細くて、
冷たい色のではなかったけれど、
冬空に大きな三日月は、少しほっとします。
久しぶりに空を見上げた気がします。
やっぱり余裕がなかったのかな。

いろいろな事に対して、戦ってみようと決めて、
頑張っていたつもりのだけれど、
私の口から放たれる棘で、私を救ってくれた
大切な人達まで傷つけているように思えてきて、
口を閉じて、よく考える事が必要だと感じました。

ちくちくと心が痛いのは、きっとそのせいなのです。
自分からでた棘は、必ず自分に戻るのだから。

言葉を選んで、話す事を忘れていたような気がします。
溢れる負の感情を、ただ押しつけられて、
まわりはどんなに重い気持ちになった事でしょう。

これは私の戦いで、自分で決めて、
自分で線を引かなくてはならないのです。
自らの足で、しっかりと地面に立たなくてはいけないのです。
一人では不安で、優しい人達に寄りかかりすぎていました。

ごめんなさい。

反省と同時に、
気持ちが少し落ち着いてきました。
もう少し、強い自分を取り戻そうと思います。
明日から、また1歩ずつ前に進もうと思います。

つらい事ばかりではないはずだわ。
きっと。

樹氷

2004年12月10日(金) 0時06分
苦しくて、剥がれ落ちるこの心に
日々注がれる言の葉。
嬉しくて涙がこぼれる。

ひなたは、なんて多くの
あたたかな手に支えられているのだろう。

私から溢れる棘で傷がつかないはずはない。
それでも強く、抱きとめてくれる
優しい人達に 深く深く 頭を垂れる。

本当はいつも、ひとりではなかった。
大切なものは、きっとすでにこの手の中にある。

樹々に雪の花が咲く 
この冬の始まりを、胸に深く刻みこもう。

戦い

2004年12月03日(金) 23時08分
たくさんの事を飲み込んで、壊れてしまったのだと思う。

微熱・めまい・耳鳴り・頭痛・のどの異物感・吐き気・胃痛・・・
原因がはっきりとしないまま、何年も苦しい。
不正出血やじんましんまで増えてしまった。

通う病院によって、病名がかわり、薬がかわり、
検査を繰り返し、疲れ果て違う病院を探す。
つらい症状も続く事により日常となる。

神様にお願いもしたけれど、
叶う事はひとつもなかった。
原因は私の中にあるのだろうか。
私は何の罪を犯したのだろう。

落下

2004年11月28日(日) 23時30分
金曜日の夜に、
夫の一言で、ひどく傷ついて
深く深く落ちていった。

彼は以前にも増して残酷で、
さらに痛い言葉を吐き捨て、
私を残して寝室に閉じこもったのだ。

温度のある心を聞いたと思ったのは、
間違いだったのだろうか?

愛について

2004年11月21日(日) 23時13分
初めて夫が私の言葉を心で聞いた。

心の中で線を引いたのは少し前。
この人と、深く繋がるのは、もう不可能だと思ったから。
もちろん、夫はかけらも気づいていなかった。

日々の生活は、穏やかに過ぎていった。
それでも時々私は苦しくて、目をそらした。
どこまで続けられるのか、先は見えなかった。
profile
ひなた
のぃ、ゆと、小春と    ぼんやり暮らしています。
2005年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutonoha
読者になる
Yapme!一覧
読者になる