『桐島、部活やめるってよ』 2012年8月12日 TOHOシネマズ市川

August 12 [Sun], 2012, 23:12
桐島、部活やめるってよ』 を鑑賞してきました。

試写会は満席で入れず、鑑賞券を後日送ってくれたので
無事に家族で見てきました。
でも、子供らがうるさい事・・・周りの人スイマセンでした

【ストーリー】
 とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。


先に原作を読みました。かなり評判が良かったので気になったもんで
ただ、原作は何名かの話が出てくるだけで、桐島との絡みは一切なし
で、映画はどういうものなのか・・・
金曜日が何度も繰り返されますが、それぞれの金曜日、それぞれの視点、それぞれの出来ごとが
描かれます。それは、なんかとても斬新かつ目新しく感じました
それぞれにより、桐島との関わりは異なるし、映画に没頭しつつ、彼女が欲しいもの、
桐島と仲が良いと思っていたが、相談されなかった人、桐島の彼女、バレー部の同僚などなど
いろんな人間の金曜日から火曜日までが描かれる。
そんなある意味羨ましい高校生活を送っていない、私にとっては実は話には共感できなかった。
でも、映画を撮るカメラを通して語ったことや、映画の中で出てきた映像はその人の
本心や気持ちを如実に表すものだと思う。

神木隆之介は初めて見た気がするけど、中々良い演技しますね。

客入りは夜だったせいか少なかったけど、もう少し入って欲しいよね


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン



  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/967
Trackback
Trackback URL


タイトルの桐島君自体はきちんと出てこない作品です。
学校内における上、下の階層なんかはリアルだったなあ。友達関係の中でもあるゴタゴタとかさ。不自由な閉鎖空間の中で生きてきた学生だった人なら、なんとなくわかるはず。
構内風景や会話も現実味がある。映画部のタイトルで笑いが起こるのも、実際そこにいたらおそらく私も笑うだろうと思うし。そんなリアリティのある学内風景の中での、ザッピング形式の登場人物たちのちょっとした日常の変化を描いた群像劇的な世界観を基盤とした映画なのかな。桐島の彼女、友達、みんなが部活を辞めたことを知らなかった。
単純に桐島が部活を辞めただけの映画なんですけど、登場人物の感情や葛藤とかが上手く織り交ぜられていた作品でした。
知ってる有名映画のタイトルがポンポン出てくるところは、なんかにやけちゃったんだけれど(笑)吹奏楽部の演奏と共に屋上の「こいつらみんな食い殺せ!」のシーンはなぜだか感動してしまったよ。ファインダー越しに映画部監督・前田が妄想するゾンビ世界が素晴らしい出来だった。これ邦画の中ではトップクラスの出来のゾンビシーンだったのではなかろうか。こういうのが、みた...
いやいやえん  April 25 [Thu], 2013, 9:23
 先日は、本場のアカデミー賞で作品賞を受賞した「アルゴ」を紹介しました。流石といえる作品でした。では、日本のアカデミー賞はどうなのでしょうか。本日紹介する作品は、第36
全員、他人事じゃない。

?感想?

もうね、作品に対して難癖付け様が無くて完敗っすわ。
だけど1つだけ声を大にして言える事がある。
それは

ファインダー越しに前田が妄想するゾンビの世界が神々しくて泣けた

って事だ。

まさか青春群像劇内で描かれたゾンビに感動し...
銀幕大帝α  February 17 [Sun], 2013, 2:42



 完全にノーマークというかスルーしていた作品なんですが、映画のツイッター仲間が絶賛。と言うわけで見に行ってきました。と言うわけで桐島、部活やめるってよの記事です。
よしなしごと  October 22 [Mon], 2012, 23:18
○吉田大八[監督]『桐島、部活やめるってよ』(2012年)を観た。 先日ラジオで
映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。

バレー部 キャプテン 桐島が部活をやめたことによる
それぞれの波紋、様子が描かれる

うーん!
なんともリアルな・・・

高校、学校というなの社会
高校の中が彼ら彼女らの全てであり世界

その中にあるヒエラルキー

...
笑う社会人の生活  September 15 [Sat], 2012, 20:12
 遅ればせながら『桐島、部活やめるってよ』を新宿バルト9で見ました。

(1)物語の舞台は現代の高校(山がすぐそばにある地方の高校でしょう)、登場するのはほとんどが高校2年生ながら、まずまずの作品に仕上がっています。
 とりわけ、
イ)映画のタイトルにもなってい...
映画的・絵画的・音楽的  September 13 [Thu], 2012, 4:35
桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9

最初に。
もう遅いかもしれませんがこれから見にこうと思っていて
原作も読んでいないならなんの情報も仕入れずに観に行く
ことをおすすめします。


とある田舎...
単館系  August 31 [Fri], 2012, 23:12



原作者・朝井リョウさんが大学在学中に小説すばる新人賞を受賞したってことで
この本は読んでみたいって思ってたんですよ。
文庫になったら。
でも、春頃、文庫を見つけたんですけど、もう映画化の話...
よくばりアンテナ  August 31 [Fri], 2012, 12:18
 サミュエル・ベケットが『ゴドーを待ちながら』を発表したのは1952年のことだ。この著名な戯曲は、それから半世紀以上たった今でも世界のどこかで上演され続けている。
 『ゴドーを待ちながら』が表題にゴ...
映画のブログ  August 19 [Sun], 2012, 2:36
大後寿々花が可愛くなってたなぁ。
だらだら無気力ブログ!  August 19 [Sun], 2012, 1:39
桐島、部活やめるってよ
★★★☆☆(★3つ)



すっごい、すっごい見たかったんです。
ありがとうございます!!!

試写会場が満席であふれかえってて、クレームの嵐でした。
今まで満席の時もあったけど、ここまでクレームが多かったのは初めて。

内容は・・・

とりあえず、桐島君は出てこないんだね。
神木君が桐島君だと思ってたら、全然違った・・・

小さな波紋。学校の格差社会は、社会の縮図だね。
ま〜 よく分からなかったというのが正直なところです・・・。...
食はすべての源なり。  August 12 [Sun], 2012, 23:27
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
blogram投票ボタン
最新コメント