『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 2012年1月9日 ニッショーホール

January 09 [Mon], 2012, 17:58
ALWAYS 三丁目の夕日'64』 を試写会で鑑賞です。

この映画シリーズは初見でしたが、とても良かった

【ストーリー】
 昭和39年、日本中が高度経済成長と東京オリンピックに沸く中、東京・夕日町三丁目はいつものように住民たちが和気あいあいと暮らしていた。小説家の茶川(吉岡秀隆)は間もなく新しい家族を迎えようとしており、鈴木オートの則文(堤真一)も事業を軌道に乗せ、三丁目中が活気にあふれていた。しかし、そんな中転機を迎える人もいて……。


予定調和なストーリーであるが、見事に泣かされてしまいました
小雪はリアルの世界と同じで子供を産みました
そして、頑固おやじの鈴木オートの主人(則文)は面白くて良かったですね
違和感ありつつもそのまま演じきった茶川(これは芥川の変形?)の吉岡秀隆も面白かったし、
昭和のあの時代に似合わない超別嬪の星野六子(堀北真希)も可愛くて良かったですね。
なんか見事にはまった感ありで、泣いて帰ってきました
それぞれの生活や日常がそのまま映画になっている感じで、
観終わったとも暖かい気分で帰れます。
新年早々泣いて笑える映画でした
去年の『僕と妻の1778の物語』といい東宝の
年明け映画はなかなかいい作品が続いていますね。


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン







  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/841
Trackback
Trackback URL
気になってツタヤで借りてきた、三丁目の夕日64.
ちょっと不安になりながら見ましたが・・・よかったんじゃないかと思います。
第1作目でやってきた古行淳之介と星野六子の旅立ちの物語なんだけど・・・。
...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常  November 03 [Sat], 2012, 22:32
11年/日本/142分/ドラマ/劇場公開(2012/01/21)
?監督?
山崎貴
過去監督作:『friends もののけ島のナキ』
?脚本?
山崎貴
?主題歌?
BUMP OF CHICKEN『グッドラック』
?VFX?
山崎貴

?出演?
*吉岡秀隆『ゴールデンスランバー』…茶川竜之介
*堤真一『SPA...
銀幕大帝α  July 27 [Fri], 2012, 21:49



 3D映画は不評だけど、その中でもずば抜けて3Dよりも2Dの方がいいという声が高かったALWAYS 三丁目の夕日'64。まぁ、そんな評判を聞くまでもなくやっぱり2Dでいいよね?ってことで2Dで鑑賞。どうやら映画館の中には3Dを早々に切り上げて2Dだけで上映している映画館もあったそうですね。
よしなしごと  May 18 [Fri], 2012, 3:29
12-14.ALWAYS三丁目の夕日'64■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:142分■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・VFX:山崎貴◆吉岡秀隆(茶川竜之介)◆小雪(茶川ヒロミ)◆須賀健太(古行淳之介)◆大森南朋(富岡)◆堤真一...
kintyre's Diary 新館  April 25 [Wed], 2012, 15:31
前作の特集はこちら。 シネコンのもぎりのところで「○○さーん!」と声をかけられる
事務職員へのこの1冊  February 18 [Sat], 2012, 12:47
久々の映画館。
最近多忙でずっと行けなかったしね。
朝一ロードショーに行ってきました。
勿論、2Dです(笑)


前作から4年振りですかね?確か。
帰ってきた『夕日町』の人々。
これも邦画の中では好きな作品のひとつです。


高度成長期時代の風景を見るのも好き。
...
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」★★★★☆
吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、
三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、
マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、
森山未來、大森南朋、高畑淳子出演

山崎貴 監督、
142分、2012年1月21日公開
日本,東宝/© 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会
(原題:ALWAYS 三丁目の夕日 )





<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


『ALWAYS 三丁目の夕日』夢や希望を皆が語った時代 ← 過去記事へジャンプ

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』意味無くどこまでも走りたい気分 ← 過去記事へジャンプ


1作目が32.3億円、2作目が45.6億円の興行収入
この作品も初登場から3週連続首位の好成績を記録中


「登場人物たちが空を見上げるラスト、
焼け野原だった土地に東京タワーがそびえ
オリンピックを終えて
何もかもが目に見える成長を続け
視線を少し上げて生きている、
それでも全てがハッピーという訳じゃない
2005年の第一作から7年
子供の成長に親目線で涙腺が刺激された」


この...
soramove  February 07 [Tue], 2012, 21:15
映画が元気のミナモト!
てるおとたくおの
ぶっちゃけシネトーク
●今日のてるたくのちょい気になることシネ言
「映画1000円デーに限って雨の日が多い」




シネトーク99
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』





監督・脚本:山崎貴 脚本:古沢良太
ブルーレイ&シネマ一直線  February 07 [Tue], 2012, 0:25

ALWAYSシリーズの、第3作。

監督は山崎貴

出演は吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、
小雪、堀北真希、もたいまさこ、
三浦友和等いつものメンバーに
今回は新たに森山未來、大森南朋等が参加。

前作から5年後、
東京オリンピック開催に沸く昭和39年、
東京夕日町三丁...
花ごよみ  January 30 [Mon], 2012, 21:31


□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 三丁目の夕日&rsquo;64」□監督・脚本・VFX 山崎貴 □脚本 古沢良太□原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、       薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、マギー...
京の昼寝?♪  January 29 [Sun], 2012, 8:11

【=3 -0-】 1作目は「昭和を描く」がテーマで義理人情を全面に出した作品で、昭和の景色や風物の描き方には感動したけどただ泣き所が弱かった。
前作は強いて言えば「家族」がテーマだっただろうが、ただしいろんなエピソードをてんこ盛りに放り込んだせいで、一つ一つ...
労組書記長社労士のブログ  January 25 [Wed], 2012, 10:53


2005年の第一作、2007年の二作に続く、第三作。
当ブログではどちらもそのタイミングで感想をアップしている(2005-12-31 2007-11-04 )

<後輩曰く、「がん泣きしました」
<その後輩にしろ、私にしろ、昭和33年、という年は全くわかりようもない時代である。
<な...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  January 24 [Tue], 2012, 3:35
本日、劇場にて鑑賞 2Dで観ました。



解説
『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続く、昭和の
東京を舞台にしたヒューマン・ドラマの第3弾。
昭和39年の東京の一角で、東京オリンピックや新幹線開通に沸く住民たち
の姿を映し出す。
三丁目の住民た
A Day In The Life  January 22 [Sun], 2012, 21:59
ALWAYS 三丁目の夕日’64監督:山崎貫出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、森山未来、大森南朋、蛭子能収・・・いままでの中で、一番笑った!泣いた!!
ハリウッド映画 LOVE  January 22 [Sun], 2012, 12:52
 まず『ALWAYS 三丁目の夕日'64』という題名が注目に値する。
 同じように題名に年数が使われた映画には、1974年から1975年にかけて公開された『エアポート'75』や1999年末公開の『ゴジラ2000 ミレニアム...
映画のブログ  January 22 [Sun], 2012, 12:29
『ALWAYS 三丁目の夕日’64』(公式サイト)を ちょうど冬休で帰省していた娘と試写会で拝見しました。   【きっと
ほし★とママのめたぼうな日々♪  January 20 [Fri], 2012, 18:36
2005年に公開され大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』、そしてその2年後に公開された『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3弾。今回は昭和39年、東京オリンピック開催の年の夕日町の住民を描く。出演は堤真一、吉岡秀隆、堀北真希、小雪、薬師丸ひろ子らレギュラー陣に加え、森山未來、大森南朋といった新メンバーも加わった。監督・脚本・VFXは引き続き山崎貴が務める。
LOVE Cinemas 調布  January 15 [Sun], 2012, 22:56
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
kintyreさん

こんばんは!

私はシリーズ初見でしたが、とても面白くて愛情たっぷりで
良かったと思います!

そして、昭和を思い出しました(笑)
懐かしい思い出が蘇る映画っていいですよね。
April 25 [Wed], 2012, 22:53
kintyre
こんにちは、ALWAYSシリーズの中で個人的にはこれがベストだったような。
登場人物のキャラも丁寧に描かれているし、脇役の存在も光っていました。
鈴木家も茶川家も血の繋がりの無い六子と淳之介に対して、愛情たっぷりに接していました。
April 25 [Wed], 2012, 17:35
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
blogram投票ボタン
最新コメント