2011年10月26日 『ハードロマンチッカー』 TOHOシネマズ六本木

October 26 [Wed], 2011, 22:36
今日は、『ハードロマンチッカー』 を東京国際映画祭(TIFF)で鑑賞です。

おいらには刺激が足りなかったぜ

上映前に、松田翔太、永山絢斗、渡部篤郎、遠藤要、グ・スーヨン監督の舞台挨拶がありました。
そこでは、ハードロマチッカーは格好悪いだの、渡部篤郎は唯一のまともな役だといってましたが
まともな役では無かったですね。ちょっと異常な刑事でした
英語の通訳が入るので、時間がかかるしテンポが悪いんですよね。
国際映画祭ってのも善し悪しですね。
英語だけにしたらいいんじゃない とも思うが、私には理解できない・・・


【ストーリー】
 下関に生まれ、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザ・庄司(真木蔵人)に危険な物を無理やり渡されたり、刑事の藤田(渡部篤郎)に絡まれたりするフリーターのグー(松田翔太)。ある日、後輩の辰(永山絢斗)とマサル(柄本時生)が敵対関係にある高校生の家に殴りこみ、それを聞いたグーは、事件の真相を求めて奔走するが……。


予告を観る限り、もっと痛いのを想像していたんだが・・・
実際、観てみると実はたいしたことなかったよ
免疫ができたのかな

今回の座席が前過ぎたのもあるが、
 1)スクリーン全体を俯瞰できないので辛かった
 2)音声が聞き取りにくい(私の耳が悪い
 3)登場人物が意外に多く、そして何のために出たのか不明なのが多すぎ
 4)結局、ストーリーが分からんのだよ

渡辺大は発見できなかったし

何の伏線にもなってない気もする、
金子ノブアキや中村獅童や芦名星など、どうなっているんだ

もう1回観直したい気もするが、悩むな

女性にはきつい描写が多いかもしれませんが、耐えられないほどでは
無いので・・・
しかし、あそこで、やる必要があったんだろうか・・・
あれがなければロマチッカーと言ってもいいんだけど、
やっちゃったらロマンチッカーじゃないよね

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン






  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/805
Trackback
Trackback URL
 昨夜の侍ジャパン、オランダに良い勝ち方をしました。野手では阿部の2発と長野の活躍、投手陣ではマー君と今村の好投。これで、上げ潮を状態でアメリカに乗り込めます。それで
ハードロマンチッカー
★★★☆☆(★3つ)



「暴力」という選択しか知らない若者はソノ果てにナニをみるのか?


ぱっちぎ?
暴力、ドラッグ、セックス・・・。
何がしたいのか、何を求めているのか、何のために生きるのか?なんて問うこと自体が無意味!

私の感想は一言。

お前ら、全員死ね!!!...
食はすべての源なり。  December 16 [Fri], 2011, 0:26
 「偶然にも最悪な少年」のグ・スーヨン原作の小説を、著者自らメガホンを取り映画化。

 結論から書くと、小生はこの映画が嫌いだ。
 主演の松田翔太くんをはじめ、役者陣の芝居は悪くなく、物語も決してつまらないわけではない。が、登場人物の誰一人として感情移入でき
 試写会の客入りは1階席が7〜8割くらい、2階席は3〜4割くらいと非常に客入りが悪い。
   
 映画の話
 下関に生まれ、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザ・庄司(真木蔵人)に危険な物を無理やり渡されたり、刑事の藤田(渡部篤郎)に絡まれたりするフリーターのグー(松田翔太)。ある日、後輩の辰(永山絢斗)とマサル(柄本時生)が敵対関係にある高校生の家に殴りこみ、それを聞いたグーは、事件の真相を求めて奔走するが……。
新・辛口映画館  December 01 [Thu], 2011, 0:31
「プルコギ THE 焼肉 MOVIE」のグ・スーヨン監督が自らの原作を映画化。山口県下関を舞台に、閉塞感に苛まれ、強がりのみで刹那的な暴力に生きる若者たちの姿を描く。出演は「ケ ...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  November 30 [Wed], 2011, 19:38
劇場にて鑑賞



解説
高校を中退したフリーター青年グーが、暴力とセックスがはびこる世界で
たくましく生きていく姿を描く衝撃作。
『偶然にも最悪な少年』のグ・スーヨンが、自身の著書を映画化。
主人公のグーを、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』などの松田翔太が
A Day In The Life  November 28 [Mon], 2011, 23:16
“ハードなバイオレンスのが行き着く先はモヤモヤした閉塞感” 誰ともつるまず自分の価値観だけで生きようとしているグーは、どんなに暴力をふるっても、彼のモヤモヤとしたやり場のない怒りが晴れることはないように思います。目の前で女の子がレイプされようと、自分を目の敵に思っている連中に囲まれようと、興味がなければ手を出すこともなく、いたってクールに振る舞うところは、グーのかっこ良さだと感じます。 そして、彼の行動が暴力の連鎖を生み出していき、敵に囲まれてしまう様子は、どこまで行っても出口の見えない彼の心が持つ...
映画とライトノベルな日常自販機  November 28 [Mon], 2011, 14:37
グ・スーヨン監督の故郷である下関を舞台に、フリーター青年のグーが暴力とセックスにまみれた世界に生きてゆく姿を描いたバイオレンス映画だ。主演は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の松田翔太。共演に永山絢斗、柄本時生、渡部篤郎、中村獅童といった若手とベテランの演技派が揃う。思わず顔を背けたくなるほど壮絶なバイオレンスシーンの裏にある青春ドラマに注目したい。
LOVE Cinemas 調布  November 27 [Sun], 2011, 23:47
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
通りすがりのR2-D2さん

こんにちは

コメント有難うございます。
『サウダーヂ』ですか・・・機会があれば観てみようと思います。
『ヒーローショー』は観ましたが、あれば痛くて
きつかった記憶があります。
痛い映画は硬直して観ているので、終わったあと疲労困憊です(笑)
December 20 [Tue], 2011, 14:06
通りすがりのR2-D2
評判はどんなものかと検索していたらここにたどり着きました。
思わしくないですか…

ではアンチ・カタルシス映画でお勧めしたいものがあります(ハードロマンチッカーもアンチ・カタルシスものでしょう?)

ズバリ、未見ながら『サウダーヂ』
本作は「第33回ナント三大陸映画祭」でグランプリを受賞しています。
未見なのは忙しいのと在住地区での公開が少し先だからです。

そして未見なのにお勧めするのは、『サウダーヂ』は絶対にDVD化されないからです!!!
(理由は自主製作映画であること&製作者側が劇場公開にこだわっているため)。

人を選ぶ映画だと思いますが、『冷たい熱帯魚』が大丈夫ならばお勧めできるかと。

この映画、噂や予告編、ストーリなどをちらちら聞くと、「これはすごそうだ…」とものすごく期待しています。
今の、日本で作られるべき、かつ見られるべき映画かと。
多くの映画好きの人々の2011年No.1になりそうな作品です。
DVD化されないため、未見にも関わらず方々で勝手に宣伝しています(苦笑)

東京近辺にお住まいのようなので、現在オーディトリウム渋谷で公開中です。

仕事がひと段落したら、同テーマの井筒監督の『ヒーローショー』もDVDで見ようと思います。

参考ながら僕が映画評論で信頼している、Hip-HopアーティストRhymester宇多丸さんのラジオ番組内の『サウダーヂ』評と『ヒーローショー』評をリンクしときます。
『サウダーヂ』
http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20111105_hustler.mp3
『ヒーローショー』
http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20100626_hustler_1.mp3
December 20 [Tue], 2011, 3:11
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
blogram投票ボタン