『焼肉ドラゴン』 2018年4月9日 ニッショーホール

April 09 [Mon], 2018, 23:22
『焼肉ドラゴン』 を試写会で鑑賞しました。

上映前に真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋、鄭義信監督が登壇しました。
相変わらずの大泉洋の独壇場であったが井上真央が孤軍奮闘していた。

【ストーリー】
 日本万国博覧会が開催された高度経済成長期の1970年、関西地方で焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む龍吉(キム・サンホ)と妻・英順(イ・ジョンウン)は、娘3人と息子と共に暮らしていた。戦争で故郷と左腕を奪われながらも、前向きで人情味あふれる龍吉の周りには常に人が集まってくる。


この映画は、というか舞台が先の作品である。
舞台は初日に内容が素晴らしく口コミで一気にチケットが売れてしまうほどの人気で
再再演された舞台とのこと。(スイマセン。全く知りませんでした)
舞台も映画も監督は同じなため、内容は踏襲されていると思う。
(おいらの生まれた年が、、、)昭和の生きてきた時代が描かれる。
確かにあの当時(私が小学生、中学生のころはその先)は、
在日も少なく、バカでもチ〇ンでも・・・なんて言葉もあった。
チマチョゴリを着ている学生は危険だ・・・とか、そんなことを平気で言ってた時代である。
さらには、朝鮮人は鼻に割りばしを突っ込み殴るとか、、、うわさも流れた。
そんな時代背景であるので、在日の人も大変な時を過ごしたと思う。
その上に帰る土地もないとなれば覚悟は相当なものであろう。
現在でこそ在日も多く、国籍も多岐にわたる。
40年で時代はだいぶ変わるな・・・と改めて感じた。



 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/2019
Trackback
Trackback URL

▲構成的にはサザエさんに近いが、一家団欒が熱い。あと、血の関係がちょっと複雑なので遺産分配にもめたりしそう(遺産がないから大丈夫そうであるが)。

五つ星評価で【★★★★真木よう子と井上真央?】  
高度経済成長期の韓国人一家、ぶつかりあって生きていく。
在日韓国版『寺内貫太郎一家』と言う感じ。
だけど小林亜星と西城秀樹の取っ組み合いはない。
ケンカは主に痴話喧嘩なのである。...
焼肉ドラゴン@ニッショーホール
あーうぃ だにぇっと  June 13 [Wed], 2018, 12:24
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ちょっと昔の昭和の話とは思いもしませんでした・・・
懐かしい気もするけど、ドヤ街っぽいところは
子供のころ近寄りませんでした 笑
June 14 [Thu], 2018, 12:45
2か月遅れでようやく観ました。
大泉洋が焼肉食いながらギャグをかます映画だとばかり思っていたのでぶっ飛びました(笑)
June 13 [Wed], 2018, 12:27
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
blogram投票ボタン
最新トラックバック