『イスマエルの亡霊たち』 2017年10月28日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

October 28 [Sat], 2017, 21:21
イスマエルの亡霊たち』 を鑑賞しました。

今年の東京国際映画祭での1本目の作品です。

【ストーリー】
 A・デプレシャン監督の新作は、期せずして奇妙な三角関係に陥った映画監督の日常と、彼の創造する映画とがモザイク状に組み合わさった愛のドラマである。若き外交官のイヴァンは世界中を飛び回るが、その意味を理解していない。イヴァンの物語を映画にするイスマエルは、自分の人生の意味を理解していない。死んだと思っていた妻が20年ぶりに帰ってきたのだから。イスマエルは動揺し、執筆する脚本も混乱していくが、それでも物語の断片をひとつにしようともがく…。
デプレシャン監督はひとつひとつのシークエンスに力を込め、その繋がりよりも全体の強度に重きを置き、いくつかの死の形を通じて強く生を肯定する。マチュー・アマルリック、シャルロット・ゲンズブール、マリオン・コティヤールら人気俳優の共演もさることながら、虚実のコラージュから紡がれる命の実感を堪能したい。カンヌ映画祭のオープニング作品(カンヌでは114分の短縮バージョンが上映されたが、TIFFでは134分の「ディレクターズ版」を上映)。
(TIFFサイトより引用)

この映画は劇場公開決まってないのかな。。。
マチュー・アマルリック、シャルロット・ゲンズブール、マリオン・コティヤールと俳優も豪華なので
期待している人多いでしょう。
映画の初めは展開が早すぎて全然分からない感じがあったが、次第にそのことも解消されていく。
最初はヤバイと思ったけど、段々見入ってしまい、最後にはまだ見たいという感じである。
それほどストーリーが面白い。
これは何も事前知識なしに観た方が良い。
アルノー・デプレシャン監督の挨拶とQ&Aもあり内容の理解は深まった。
監督は海辺で2人の女性が会話するシーンがあるのであるが、
そこから話を発展させたということである。
それだけどこの話ができてしまうのも才能なんだろう。
なかなか面白い作品である。


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/1953
Trackback
Trackback URL
イスマエルの亡霊たち@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
あーうぃ だにぇっと  October 29 [Sun], 2017, 9:27
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
blogram投票ボタン