『俺たち文化系プロレスDDT』 2016年11月21日 日本外国特派員協会

November 21 [Mon], 2016, 23:28
俺たち文化系プロレスDDT』 を試写会で鑑賞しました。

日本外国特派員協会という極めて特殊な環境で鑑賞しました。
プロレスラーでインタビュー受けたのは力道山、アントニオ猪木だけだとのことでしたが
3名目の貴重な人物はスーパー・ササダンゴ・マシン(マッスル坂井)でした。 笑

【ストーリー】
 2015年、文化系プロレスと称されるDDTプロレスリングの男色ディーノとマッスル坂井が準備した、DDT所属の大家健・HARASHIMA組と新日本プロレスリングの棚橋弘至・小松洋平組の試合が行われた。それぞれ異なる目的をもってリングに上がる文化系プロレスラーたち。彼らの抱える問題は解決するのか……。


今日の試写会の前にスーパー・ササダンゴ・マシンのプレゼンがあり
坂井精機株式会社の説明...もとい...DDTの説明ががあり、そこで新日本プロレスとの
確執が話された。映画の前に聞く話としては面白くて、映画に入りやすい。

そこで上映となるわけだが、DDTで1番人気のHARASHIMA(とその仲間たち)は
対戦相手に棚橋弘至を指名した。(他団体で実現は極めて難しい)
それでも実現し棚橋弘至とHARASHIMAは闘うことになった。
もちろん新日本のエースの棚橋が勝つのであるが、勝った後のコメントが遺恨を残す。
その遺恨を残したまま再選と相成る。
再選はタッグ戦で上記のストーリーの通りである。
その話が中心で新日本と和解できるのか?
がポイントである。
なかなか面白い内容であった。
そしてマッスル坂井のプレゼントと応対の上手さが際立っていた。
もちろん松江哲明監督の応対も的確であった。
映画も2015年1年のドキュメンタリーとせず、新日本との話にスコープしたのは正解だと思う。

万人受けはしないが、上映時にはマッスル坂井のプレゼンがある回を選んで見に行くと
とても分かりやすいと思うので、騙されたと思って映画館へ行ってください。

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン




  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/1795
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
blogram投票ボタン
最新コメント