『独裁者と小さな孫』 2015年11月24日 アキバシアター

November 24 [Tue], 2015, 21:52
独裁者と小さな孫』 を試写会で鑑賞しました。

前もって知識を仕入れず観たのですが、これは面白い。
というか傑作かもw

【ストーリー】
 年老いた独裁者(ミシャ・ゴミアシュヴィリ)による支配が続いていた国で、大規模なクーデターが勃発。幼い孫(ダチ・オルウェラシュヴィリ)と一緒に逃亡した独裁者だったが、政権維持を理由に無実の人々を手に掛けてきたことから激しく憎まれており、変装することを余儀なくされる。孫にも自分が誰であるかを決して口に出さぬよう厳しく注意し、追手などを警戒しながら海を目指す。さまざまな人間と出来事に出会う中、彼らは思いも寄らぬ光景を見ることになる。


いわゆる社会主義(共産国家)の崩壊からを描いてるのであるが、
これこそ、天国から地獄で、ギャグのような展開からシリアスな話まであり
ある意味楽しめた作品であった。
孫が無邪気で可愛い。
が、それがまたなんともいえない。
勇気ある行動とは一体何なのか
独裁者とはあるいみあのような人なのであろうが、
そこからの変わりようもリアルであり面白い。
逃亡しながら自分のしてきたことを考えている心情も良く
最後の持っていき方も良かった。
久しぶりに良い映画を観た感じである。
人のふり見て我がふり直せと...

 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン


  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/1638
Trackback
Trackback URL
ベネチア国際映画祭やシカゴ国際映画祭など、各国の映画祭で称賛された人間ドラマ。とある国の独裁者として君臨するもクーデターによって追われる身となった老いた男が、幼い孫を連れて逃亡した果てにたどる運命を描く。メガホンを取るのは、『キシュ島の物語』『カンダハ...
パピとママ映画のblog  February 25 [Thu], 2016, 14:15
あなたならどうする 公式サイト http://dokusaisha.jp12月12日公開 監督: モフセン・マフマルバフ  「カンダハール」 「アフガン・アルファベット」 独裁政権による支配が続いてい
風に吹かれて  November 26 [Thu], 2015, 16:05
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
blogram投票ボタン
最新トラックバック
アイコン画像映画「空母いぶき」感想 (2019年05月24日)
アイコン画像劇場鑑賞「空母いぶき」 (2019年05月24日)
アイコン画像小さな恋のうた  (2019年05月21日)
アイコン画像「未来のミライ」 (2019年05月21日)
アイコン画像「万引き家族」 (2019年05月16日)
アイコン画像シャザム! (2019年05月14日)
アイコン画像空母いぶき (2019年05月14日)
最新コメント