『レイルウェイ -運命の旅路-』 2014年3月27日 角川シネマ有楽町

March 27 [Thu], 2014, 21:30
レイルウェイ -運命の旅路-』 を試写会で鑑賞しました。

上映後にティーチインがあり、パトリシア・ローマクス(原作者の妻)、
 ジョナサン・テプリツキー監督、アンディ・パターソン、鳥越俊太郎登壇して話があった。
途中で退出してしまったが、最後まで聞きたかった。
愛を持って描かれたというのは納得である。

【ストーリー】
 第2次世界大戦中に日本軍の捕虜となったエリック(コリン・ファース)は、タイとビルマ間を走る泰緬鉄道建設のための強制労働に就かされる。彼は過酷な戦争体験に苦しみながらも、妻パトリシア(ニコール・キッドマン)と一緒に穏やかな日々を送ろうとしていた。そんなある日、エリックは当時施設にいた日本人通訳の永瀬(真田広之)が生存していると知る。


全然ストーリーを知らずに観たんですが、戦争の話だとはタイトルからは想像できなかった。
この映画は観た人が惹きつけられる、そんな内容になっています。
戦争で捕虜なり、拷問を受けながらも生きながらえることができた主人公の話ではあるが
戦争をテーマにした話でもあり、戦後の人々の苦悩の話でもあり、愛と友情の話でもある。

前半は同じ日本人として観るのが辛い部分もありますが、それは事実として受け止めつつも
その後の永瀬の生き方も立派だった。

戦争では人それぞれがなんらかの障害を抱えることになるのは
至極当然であり、その後の人生は苦悩に満ちた人生を歩むことになると思うと
戦争は百害あって一理なしなんだろうと思う。

素晴らしい内容の映画であったので、是非、多くの人に観ていただきたいと思う。


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン




  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/1320
Trackback
Trackback URL
コリン・ファース、二コール・キッドマン、真田広之らの共演で、第2次世界大戦時、日本軍の捕虜となり、鉄道建設に狩り出された英国兵士と日本人通訳らの実話を映画化したヒューマンドラマ。
鉄道好きで平凡な人生を送るはずだった英国軍兵士のエリックは、シンガポール陥...
パピとママ映画のblog  June 26 [Thu], 2014, 21:31
14-37.レイルウェイ運命の旅路■原題:The Railway Man■製作年、国:2013年、オーストラリア・イギリス■上映時間:116分■料金:1,800円■観賞日:4月26日、新宿ピカデリー(新宿)□監督:ジナサン・テプリツキー◆コリン・ファース◆ニコール・キッドマン◆真田...
kintyre's Diary 新館  June 01 [Sun], 2014, 22:07
昨年末の安倍総理の靖国参拝を受け、今年の初めに駐英中国大使と駐英日本大使が相次いで
デイリー・テレグラフ紙に寄稿した論説でエリック・ローマックスと永瀬隆両氏の存在、
本作が4月に公開されることを知り、その流れで往年の「戦場にかける橋」を見ました。
   詳...
映画の話でコーヒーブレイク  May 19 [Mon], 2014, 0:58

原題 The Railway Man
製作年度 2013年
製作国・地域 オーストラリア/イギリス
上映時間 116分
原作 エリック・ローマクス
監督 ジョナサン・テプリツキー
出演 コリン・ファース/ニコール・キッドマン/ジェレミー・アーヴァイン/ステラン・スカルスガルド/石田淡朗/真田...
to Heart  May 13 [Tue], 2014, 1:35
 映画が素晴らしいだけでなく、映画が存在することが素晴らしい――そんな作品がある。
 映画を完成させ、世界に発信していくことの意義――その崇高さに圧倒される作品がある。
 『レイルウェイ 運命の旅路』がまさにそれだ。

 「愛を持って作られた作品なので、愛を持って受け止めていただけたらうれしいです。」
 劇中でニコール・キッドマンが演じたヒロイン、パトリシア・ローマクスさんご本人が...
映画のブログ  May 07 [Wed], 2014, 20:00
 『レイルウェイ 運命の旅路』を渋谷のシネパレスで見ました。

(1)真田広之が出演する洋画というので映画館に行ってきました。

 本作(注1)は、第二次世界大戦中に建設されたタイとミャンマーとを結ぶ「泰麺鉄道」を巡る実話に基づいた作品です。

 時代は1983年。...
映画的・絵画的・音楽的  May 07 [Wed], 2014, 6:34
遺恨の彼方に 公式サイト http://www.railway-tabi.jp 実話に基づいた映画 原作: レイルウェイ 運命の旅路 (エリック・ローマクス著/角川文庫) 1980年、鉄道好きな初老の
風に吹かれて  May 06 [Tue], 2014, 15:01
何の予備知識も無い状態での鑑賞ながらも、なかなかに見応えのある内容だった。
だらだら無気力ブログ!  April 19 [Sat], 2014, 19:46
ノンフィクション大賞に輝いた元英国人将校エリック・ローマネスクの壮絶な戦争体験を描いた自叙伝の映画化。
戦争体験とかけ離れた現代の恋愛が美しく描かれ、当時の記憶とのギャップがより一層際立っている。
真田広之が出ているとは知らずにいたので、その重要な役どころにびっくり☆
ノルウェー暮らし・イン・原宿  April 17 [Thu], 2014, 13:09
レイルウェイ 運命の旅路@角川シネマ有楽町
あーうぃ だにぇっと  April 05 [Sat], 2014, 13:41
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
blogram投票ボタン
最新コメント